ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《龍装者 ジスタジオ》考察―グランセクトにぴったり合うコンセプト【デュエルマスターズ】

今後、2ブロックのCSに出るかどうか色々悩んでいるポフルです。

……全国大会店舗予選に出ようと思っている身としては、何度か出て感触をつかんでおきたいところですが……。

 

 出るにせよ出ないにせよ、今後もカードの考察は続けて行きたいと思っているのでその辺はご安心を。

今回は《龍装者 ジスタジオ》の考察です。

アニメ最新話にて公開されていますね。

 

 

 

 

カード情報

 


龍装者 ジスタジオ

自然文明 ドラゴンギルド/グランセクト

コスト8 パワー15000

■ガードマン

■T・ブレイカー

■自分のパワー12000以上のクリーチャーは、バトルに負けた時以外、バトルゾーンを離れない。


 

 

考察

パワー12000以上のクリーチャーに強力な耐性を与えるクリーチャーですね。さりげなく持っているガードマンと高いパワーも魅力的です。

 

バトルに負けた時以外バトルゾーンを離れないという点は、そもそもバトルに負ける事が少ないパワー12000以上のクリーチャーとの相性がかなり良く、この子が立っているだけで封印とパワー12000以上のクリーチャーによる強制バトル以外の除去カードが紙と化すと言っても良いでしょう。

反面、この効果は強制的に適用されるので、「チェイングラスパー」等の「自分のパワー12000以上のクリーチャーを一時的にどかす事によるコンボデッキ」との相性は良くありません。基本的にはビートダウンによる勝利を狙うデッキやゲイル・ヴェスパーのような「複雑なコンボ無しでクリーチャーを並べれば勝てるデッキ」での採用が主になるでしょう。また、自分のパワー12000以上のクリーチャーを戻す事による革命チェンジも制限されてしまうので、どんなデッキにもというわけにはいかないかもしれません。

とはいえ革命チェンジと相性がとことん悪いわけでもなく、《異端流しオニカマス》等の置換効果でない踏み倒しメタへの対策になります。

 

パワー12000以上のクリーチャーとのほとんどと相性が良く、《古代楽園モアイランド》等のシステムクリーチャーの補助からビートダウンのお供はもちろんの事、自然に多いデメリットクリーチャーの大半とも相性が良いですね。例を挙げるなら、

  • 《くまくまわり》や《ナ・ハナキ・リー》等のマナに戻る可能性があるクリーチャー
  • デメリットクリーチャーではないですが、相手のみに全体除去を飛ばすようになる《オニオンリング》や《パンプパンプ・パンツァー》
  • 手札から出してもマナに戻らなくなる《ルツパーフェ・パンツァー》
  • 他のクリーチャーとの併用ができるようになる《龍装者 ジュランジュ》
  • 9マナまで溜めずとも自壊しない《緑神龍ドラピ》

等、挙げていくとキリが無さそうです。

 

また、パワー21000とバトルによる除去も絶望的な《スペリオル・シルキード》は唯一の弱点である封印すらはねのける為、ビートダウンでの決着の際に攻撃可能なシルキードを残してシールドを全てブレイクしてしまえばほぼ確実な勝利をもぎ取る事も出来ますね。

 

 

自然文明ばかり挙げてきましたが、他の文明との相性も中々です。

大型クリーチャーが多くなりやすい光文明の天門系デッキではジスタジオの効果で大型ブロッカーが超耐性を得る事になります。

水文明には《完全不明》という強力な大型がいますし、火文明では禁断関連に超耐性を与えて強制敗北を無視し……と、様々な組み合わせが考えられますね。

 

 

パワー12000に満たない自身のクリーチャーをパンプアップしてあげるのもいいですね。一番分かりやすいのは《禍武斗の轟印》でしょう。

 


ハザード・オウ禍武斗

自然文明 グランセクト

コスト9 パワー14000

■マッハファイター

■T・ブレイカー


禍武斗の轟印

自然文明 コスト7 呪文

■このターン、自分のクリーチャーすべてのパワーを+12000し、「T・ブレイカー」を与える。


 

www.dmasters-pohu.com

 

 

ややネタ寄りにはなりますが《チョモランマッチョ》との相性も中々です。

パワー2000以上のクリーチャーが急にムキムキになってバーサーカー状態になるそのビジュアルで一部プレイヤーの腹筋が鍛えられる事もあり得ますね。

 


チョモランマッチョ

無色 ジョーカーズ

コスト8 パワー18000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分のジョーカーズクリーチャーの上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEOクリーチャーとして扱う)

■Q・ブレイカー

■自分は呪文を唱えられない。

■自分の他のクリーチャーは、パワーを+10000され、シールドをさらに2つブレイクし、可能であれば毎ターン、クリーチャーを攻撃する。


 

www.dmasters-pohu.com

 

考えれば考える程魅力が増えていく、VRに相応しい汎用性を誇るクリーチャーだと言えそうですね。

 

まとめ

パワー12000以上のクリーチャーによるごり押し……というグランセクトの基本戦術を大幅にサポートする超有能クリーチャーです。

主にビートダウンをサポートしてくれるので、パワー12000以上のクリーチャーを大量に使ったデッキを持っている方は是非。

 

 

以上。ひとまず今の2ブロック用デッキに慣れる事にします。ポフルでした。