ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《サイバー・ブレイン》考察―これこそもう殿堂解除していいんじゃない?【デュエルマスターズ】

この記事を書いている時の話ですが、現在PC環境の無い地。ポフルです。

 

さて、今回ですが、ちょこっと思う事があったので《サイバー・ブレイン》についての考察をしつつ、殿堂解除っがあり得るのかどうかを少し考察してみようかしらと思います。

 

 

 

 

 

カード情報

 


サイバー・ブレイン

水文明 コスト4 呪文

■S・トリガー

■カードを3枚まで引く。


 

考察

デュエマ最初期に誕生していた超有能ドロースペルですね。

 

冷静に考えればそのスペックは異常なものです。

  • 即座に妨害できるわけでは無いものの、トリガーによってノーコスト3枚ドローができる。
  • 3枚「まで」なのでライブラリアウトの心配がある際は2枚だけという選択肢も可能。

驚くのはこれが最初期のアンコモンカードであるという点でしょう。コストパフォーマンスがおかしいとされる最初期のドローソースの中でもかなりのインパクトがあるカードではないでしょうか。……あ、《アクアン》はもう別格で良いです。

 

当然、現在はプレミアム殿堂になっています。この呪文を彷彿とさせる《王立アカデミー・ホウエイル》の登場時にはかなり盛り上がりましたね。

 

 

最近のデュエマ事情を反映してみる

最近のデュエマは、3キルだとか4ターンくらいで制圧完了だとか、とにかくゲームスピードが速まったものになっています。

であれば、このカードの殿堂解除も視野に入れて良いのではないかとも思われそうです。事実、上に挙げた《王立アカデミー・ホウエイル》は登場時こそ騒がれたものの、広く採用されているという報告は受けていません。

 

……とはいえ、本当に殿堂解除して良いものかどうかとなると、懸念事項が2つあります。

 

アナカラーシャコガイル等、長期戦を視野に入れたデッキは一定数存在する。

いくら環境が高速化しているとはいえ、相手の行動をことごとく妨害して無理矢理長期戦に持ち込むようなデッキはいくつか存在しています。

そのうちの1つ…というより、今回説明として挙げやすいものが「アナカラーシャコガイル」と呼ばれるデッキです。佐助の超人+バイケン等のシノビや《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》等で序盤の相手の動きを止め、終盤にシャコガイルフィニッシュを狙うデッキになりますね。気になる方は、外部リンクの欄に載っている他の方が運営されているサイトで調べてみるのをオススメいたします。

 

……と、このような長期戦を視野に入れたデッキには大抵水のカードが採用されています。さらに、《クリスタル・メモリー》が入っている事も多いです。

 

クリスタル・メモリーを挙げた時点で私が書きたい事を予知してくださった方もいらっしゃるかとは思いますが、私の懸念事項としては、《クリスタル・メモリー》を撃つ余裕があるなら《サイバー・ブレイン》撃つ余裕もあって然りってやつでは無いでしょうかと思うわけです。

 

やや極論にはなりますが、《クリスタル・メモリー》でサーチしたいカードがデッキの中に一定数入っている時、同コストで《サイバー・ブレイン》を唱えてサーチしたいカード+残り2枚のカードを持って来れる方が良い筈です。

「次のターンをしのぎ切るためにシノビが欲しい」と思っている際に、《クリスタル・メモリー》で1枚確保するよりも《サイバー・ブレイン》を唱えてシノビが2体来てくれた方が嬉しい気がしませんか?

 

もう少し踏み込むと、仮にシノビが《怒流牙サイゾウミスト》1枚しか来なかったとしても、クリスタル・メモリーでサーチするよりもブレインで引き込んだ方が、サイゾウミストを出して増やしたシールドがもう一枚のシノビである確率が高まるんです。

 

さらにさらに、フィールドに《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》が存在している際に《サイバー・ブレイン》がトリガーする事で、ベガスのスイッチで撃つための呪文を手札に持ってくる+次の自分のターンへの布石を持ってくる事ができるわけです。

 

……これらほとんどが《王立アカデミー・ホウエイル》にも言える事ですが、S・トリガーがついている事が最大のポイントです。《ガールズ・ジャーニー》にも言える事ではあるのですが、そちらは色の問題やコストの違いが挙げられます。

これらの事を、時にシールドから突然出てきてやってのける事や、コスト4で特にマナの色の制限無しでやってのける事が一番の懸念事項なのです。

「トリガーでサイバー・ブレインさえトリガーすれば勝てる」と言われそうな気もしてきます。

 

これらは全て理想論ですし、アナカラーシャコガイルを使用した事が無いので机上の空論ではありますが、それでも「いやそんな事は100%ないでしょ」と言い切る事も難しいのではないでしょうか。

 

そもそもコスト論が適正では無い

「コスト論」という言葉について詳しくはググってほしい所ですが、簡単に説明してしまえば「無条件で3枚までのドローできるS・トリガー」という性能は、コスト4の呪文でやって良い事では無いという事です。

基本的に、ドロー能力に関しては1ドローにつき1.5コスト大きくなり、S・トリガーがつく場合はさらに1コスト大きくなります。つまりこのカードについては本来5.5コストが適正のコストです。この時ドローする数が固定で強制であれば5コスト、任意であれば6コストとしてデザインされるでしょう。

アカデミーホウエイルはS・トリガーがつかない分1コスト下がって4.5コスト。ドローは固定で強制なので4コストとされているので、案外適切なコスト設定となっている事がわかりますね。

 

ついでの懸念。汎用性の高さによる弊害。

「どんなデッキでもとりあえず入れとこうぜ」と言われるようなカードになってしまわないかがやや心配な所です。

 

ドローというのはどんなデッキでも腐る事の無い優秀な能力です。それを時にタダで、時に制圧時のダメ押しのために使われる心配があります。

 

特に最近では、G・ゼロや侵略、革命チェンジ等、コストを支払わずに使用できるカードが増えているので、それらを大量に確保してマナとか関係なしに引いたカード全てをとりあえずぶちまけてしまおうみたいな、某カードゲームにおける壺関連みたいな使い方をされないかが心配でなりません。

 

 

じゃあ結局殿堂解除されないの?

個人的な結論を先に出してしまうと、「殿堂入りへの降格はあり得なくはないけれど、いきなり解除は流石にどうかと思う」くらいの結論ですね。殿堂解除の可能性は限りなく低いのではないでしょうか。

 

コスト4という仕様上、長期戦を視野に入れないデッキとの闘いではトリガー以外で撃ちにくいという点は解消しにくいです。だからと言って一気に解除してしまえば今までに挙げたような不安があります。

 

コスト踏み倒しカードが増えている現状、強力なドローソースを不用意に増やしてしまう事は運ゲーの要素を強め過ぎてしまう恐れがあります。

そもそもコスト論的に適切でないこのカードを、いくらインフレしているとはいえ一気に解放してしまうのはどうかとは思います。

 

なんにしても私の意見は最初に述べた通りです。降格くらいはあり得るかもしれないですが、可能性は限りなく低いのではないかなと思いますね。

 

 ……と、ここまでが「単体性能のみ」を見た時の話です。

 

「ブレイン」という名前

先日こちらのカードを考察しました。

 

 

www.dmasters-pohu.com

 

「ブレインという名前に秘密がある」みたいな発言をデッドマン氏がしていたという話をしたと思います。

このカードにも「ブレイン」の名がついているんですよね……。

 

もし本当に「ブレイン」という名前のサポートカードが登場するとして、コスト論的におかしいこのカードを、それもただの殿堂入りではなくプレミアム殿堂のこのカードを容易に解除してしまうのはいかがか……と思いますね。

 

まとめ

最近の環境ではたしかに「良いでしょ」と思われるかもしれませんが、いざ解除された時の事を考えると、殿堂解除は無いと思いますね。

 

この件、もし「俺には《サイバー・ブレイン》が解除される確信がありますよ」という方は是非コメントまで。

 

 

以上。《ガールズ・ジャーニー》好き。ポフルでした。