ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《策士のイザナイ ゾロスター》考察―カードプールの増加による強化が著しい【デュエルマスターズ】

実は今大阪にいます。ポフルです。

 

単純に遊びに来ているだけなのですが、まぁそんな話は置いておきましょう。何かデュエマ関連であれば記事にするくらいです。

 

というわけで今回は《策士のイザナイ ゾロスター》の考察をしていこうかと思います。

本当はシンクロサイクルの考察の後で更新したかったんですけれど、タイミングを逃してしまいました。

 

 

 

 

 

カード情報

 


策士のイザナイ ゾロスター

光/闇文明 オラクル

コスト5 パワー2000

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■自分のターンの終わりに、自分のタップされているクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、次のうちいずれかひとつを選ぶ。

 →自分の山札を見る。その中から、コスト7以下の無色クリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

 →コスト7以下の無色クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもい。


 

考察

ターンの終わりに自軍のタップしているクリーチャーを犠牲にして無色クリーチャーを踏み倒すクリーチャーですね。エピソード3のスタートデッキはこの子を主体としたデッキになっていた……筈です。

タップしているクリーチャー限定な点がやや使いにくいですが、その分強力なコスト7無色クリーチャーを出せるという事を考えればデッキを考える価値はあると言えそうです。実際過去にはこれを使った構築も考えられていた……筈です。

 

「大型無色を早期に出す」という特徴から《戦慄のプレリュード》との差別化は考えておきたい所……というわけでもないのですが、プレリュードと比較する事でこの子の強みを考えやすくなるので、今回はプレリュードと比較してゾロスターの考察を進めます。

 

《戦慄のプレリュード》との比較

あちらは特に下準備無しでコスト7のクリーチャーを5マナで出す事ができるので、単純に考えるならプレリュードの方が使いやすいと言えます。こちらは「自分のクリーチャーを破壊できる」「デッキからのリクルートができる」という点に注目すべきでしょう。

 

自身のクリーチャーを破壊できる点

単純に考えれば、pig持ちクリーチャーの能力を能動的に発動できるという事です。

 

pig持ちクリーチャーを使って更なる恩恵を受ける事の他にも、cip持ちクリーチャーを破壊し、蘇生カードを挟む事でもう一度cip持ちクリーチャーの能力を発動するというような、コンボ向きの動きを期待したいところです。

とはいえ、ゾロスターで出す事の出来る無色クリーチャーで出た時に墓地のクリーチャーを蘇生できるようなクリーチャーはおらず、《聖霊左神ジャスティス》で蘇生呪文を捲るくらいですので、cipの使い回しを考えるよりもpig持ちと組み合わせる方向で考えた方が良いのかもしれませんね。(とはいえジャスティスと蘇生呪文の組み合わせ自体は強力なので、一考の余地はありそうですね)

 

相性の良いpig持ちは様々で一枚一枚解説するとキリが無いので、私が個人的に気になっているもののみ箇条書きでちらっと書いていきます。

 

  • ラビリンス能力がゾロスターの破壊対象の条件とマッチする《宙の誘い 大霧》
  • 相手の手札を2枚持っていく《恐劇人形ワラニン》
  • アンタップしているクリーチャーを道連れにする《暗黒鎧 ヘルミッション》

 

破壊するクリーチャーはタップされていなければならず、基本的には相手のシールドを殴る必要が出てきます。この辺りの弱点を今までは《魅了妖精チャミリア》等のタップトリガー持ちで解消していました。

 

今では《緑知銀 フェイウォン》等の効果で自身をタップするクリーチャーや、《シンクロ・シールド》や《シンクロ・デスサイズ》のようなタダで自身のクリーチャーをタップできる能力を持ったカードも増えてきているので、ゾロスターというデッキ自体がかなり使いやすくなっていると言えるでしょう。特にシンクロサイクルは中々の相性で、シールドはどうしても始動が遅くなりがちなゾロスターデッキを防御という形でカバーし、デスサイズは一部踏み倒しメタへの解答へとなってくれます。

 

デッキから出す事ができる点

肝心の踏み倒すクリーチャーですが、新章にてジョーカーズという無色クリーチャーが増えた事により、踏み倒し先のバリエーションはかなり増えています。

新章以降に登場したクリーチャーで相性の良いものとしては以下の通りです。

  • 相手の召喚以外でのクリーチャー踏み倒しを禁止する《洗脳センノー》
  • 限定的なものの、オニカマス対策兼トリガー枠としても良好な《ハクション・マスク》
  • 相手の呪文を制限する《ゴールデン・ザ・ジョニー》
  • マナを増やして次ターンからの動きをサポートするか、軽量を踏み倒しできる《神聖櫃 シューゲイズ》
  • 自身をデッキボトムに置けば文明無制限でコスト5以下のクリーチャーの踏み倒しへと変換でき、時に相手の除去にも使える《最終兵ッキ―》
  • 万能なピンポイントメタ《あたりポンの助》
  • 相手のクリーチャーを1体タップしたままにする《フットンダ/ネルネ・ネルネルネ》
  • ビートダウン対策にもなる除去効果持ち《ドツキ万次郎》
  • 不安定なものの、数少ない複数除去能力を持つ《マキシマム・ザ・ジョニー》

 

今までの無色カードだけでも、確定除去にデッキボトムへのピーピングハンデス、呪文の踏み倒しにアンタッチャブルブロッカー等今でも活躍させてあげたいクリーチャーがわんさかです。

これらのカードをデッキから選んで出す事ができるというその応用性は、上手く効果を起動させる事さえできればかなり心強いカードとして扱う事ができるでしょう。

 

 

プレリュードとの違いをまとめると、

  • pig持ちの有効活用
  • 幅広い無色クリーチャーを、その場面に応じて使い分ける事が可能

という事になります。

デッキの核として使う事によって、中々面白いコンボが生まれそうな予感がありますね。

個人的には、《恐劇人形ワラニン》と《告別のカノン 弥勒》を使ってマッドネスを弥勒でボトムに送って安産確認した後2枚のハンデスを行うという動きができるとカッコいいなと思いますね。

やられた方はカッコいいとか思わないでしょうけれど。

 

もしくは、《宙の誘い 大霧》を破壊してゾロスターで《逆転王女プリン》等のエイリアンを出し、大霧の効果で《聖隷王ガガ・アルカディアス》を重ねてみるとかですね。……さすがにロマンですが。

 

 

まとめ

出てきた当初よりもできる事は増えています。効果自体も工夫次第で様々な事ができる、なかなか玄人好みのクリーチャーだと言えそうです。

 

コスト7以下の無色ジョーカーズは増えていく筈ですし、メタリカ関連のクリーチャーをタップして能力を発動する能力のようなカードも増えていく事が予想されるので、今後も何かしらの強化が期待できそうなクリーチャーだとも言えそうです。

 

以上。この子使いこなせばそりゃあカッコいいだろうなぁと思うポフルでした。