ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《憤怒スル破面ノ裁キ》考察―地味だからこそむしろ強いカード。【デュエル・マスターズ】

 

 

という事で大阪報告でした。ポフルです。

マナにカード置く度に頭を抱える相手さんの姿が印象的。対戦ありがとうございました。あと、非公認じゃなくて公認のデュエマフェスでした。すいません。

デッキ解説はしません。

 

今回は、そんな大阪旅行中に情報解禁された《憤怒スル破面ノ裁キ》の考察です。

 

 

 

カード情報

 


憤怒スル破面ノ裁キ

光文明 コスト2 裁きの紋章 呪文

■カードを1枚引く。

■この呪文を唱えた時、墓地に置くかわりに自分のシールド1つの上に、表向きにして置く。(そのシールドの束は1つと数える)


 

考察

新たな裁きの紋章です。

長い名前とは裏腹に、能力はキャントリップと自身の貼り付けのみと地味アンド地味です。とはいえ、紋章の貼り付けを手札消費無しの2コストで行える点はかなり嬉しいところですね。

 

2ターン目に張り付けができる紋章という点が何よりも重要です。

今までのサッヴァークデッキは3~4ターン目に《戦慄のプレリュード》から《サッヴァークDG》を出し、効果で《断罪スル雷面の裁キ》を放ち、必ず相手のクリーチャーを処理しなければ、光のドラゴンを最短で出す事は不可能でした。

 

 


サッヴァークDG

無色 マスター・DG/メタリカ

コスト6 パワー5000

■このクリーチャーが出た時、山札の上から3枚を表向きにする。その中から、メタリカ、ドラゴン、呪文をすべて手札に加え、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。

■自分のターンの終わりに、自分の手札から裁きの紋章を1枚コストを支払わずに唱えてもよい。

■自分のターンの終わりに、すべてのシールドゾーンにある表向きのカードの合計が3枚以上なら、このクリーチャーを破壊してもよい。そうしたら、光のドラゴンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。



断罪スル雷面ノ裁キ

光文明 コスト7 呪文

裁きの紋章

■相手のクリーチャーを2体まで選ぶ。選んだクリーチャー1体につき、相手のシールドを1つ選ぶ。相手はそのクリーチャーを表向きのまま、選ばれたシールドの上に置く。

■この呪文を自分の手札から唱えた後、墓地に置くかわりに自分のシールド1つの上に表向きにして置く。(そのシールドは1つのシールドとして置く)


 

 

それを、2ターン目にこの呪文を挟み、3ターン目に《剣参ノ裁キ》(というより、3コスト以下の紋章)を挟み、4ターン目に《戦慄のプレリュード》からの《サッヴァークDG》、効果で紋章を放てば、相手のクリーチャーを1体も要求する事なく一気に光のドラゴンに繋げる事が可能になります。しかもキャントリップのおかげで手札消費は0です。変に相手のクリーチャーをタップする能力が付くよりはこちらの方が嬉しいですね。

5色コントロールやループ系のデッキのように、「マナが充分に溜まるorコンボパーツが溜まるまではクリーチャーの展開をしないようなデッキ」を相手にする際はこの動きがかなり心強くなってきます。相手の準備が済む前に、《サッヴァークDG》の能力で《煌龍 サッヴァーク》と《光神龍 スペル・デル・フィン》を並べる事ができれば勝利は目前と言って良いでしょう。今までコントロール系のデッキに対しては遅さが目立つデッキだった白零サッヴァークが、この先反撃の狼煙をあげる事になりそうです。

 


煌龍 サッヴァーク

光文明 マスター・ドラゴン/メタリカ

コスト7 パワー11000

■ドラゴン・W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする。各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目を、裏向きのまま新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置くか、表向きにして自分のシールド1つの上に置く)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のカードを1枚選び、表向きにして持ち主のシールド1つの上に置く。

■自分のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにいずれかのシールドゾーンにある表向きのカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。



光神龍 スペル・デル・フィン

光文明 アポロニア・ドラゴン

コスト9 パワー6000+

■相手は、手札を表向きにしてプレイする。

■このクリーチャーのパワーは、相手の手札にある呪文1枚につき+2000される。

■相手は呪文を唱える事ができない。

■W・ブレイカー


 

《煌龍 サッヴァーク》が出た後も、2コストという低コストで耐性のためのシールドカードを追加しつつ、デッキを掘り進める事ができる……と、中盤以降もしっかり活躍できそうです。特に状況を選ばない効果なのでビートダウン相手に腐る事もありません。地味故に癖の無い汎用性の高さがウリのカードとなるでしょう。

ただし、ドローが強制なのでライブラリアウトには注意しましょう。

 

 

また、《超運命アミダナスカ》の効果起動のためのカードとしても使えるかもしれません。

シールド総数は増えない上にアミダナスカの能力で踏み倒す旨みが皆無という点は気になるところですが、覚えておいて損はないでしょう。《ハッピーとラッキーの一撃》とは単色かそうでないかで差別化が可能になります。

 

 

まとめ

あまりに地味なので書くことも少なくなってしまいましたが、だからと言って弱いわけでもなく、むしろサッヴァークデッキの戦術の幅を広げる事に繋がるカードだと言えるでしょう。

 

以上。大阪の事については気が向いたら別ブログで。ポフルでした。