ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ツクっちょ》考察―かわいいらしい実用的カード【デュエル・マスターズ】

彼女のミルクボーイを強化してあげたい。ポフルです。

 

今回は、アニメの次回予告にて情報が解禁されました《ツクっちょ》を考察していきましょう。

 

同じく次回予告にて、新たなマスターカードの存在が確認されていますが、これに関してはテキストが不確定過ぎるのでまた次の機会ですね。

 

 

 

カード情報

 


ツクっちょ

自然文明 グランセクト

コスト1 パワー3000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。


 

 

考察

コスト1のクリーチャーですね。

相手プレイヤーを攻撃できない代わりにマッハファイターを持っています。

ブロッカーもガードマンも持っていないため、基本的にはマッハファイターによる小型クリーチャーの除去及び対ビートダウンにおける殴り返し要員としての使い方となるでしょう。

ただし後者に関しては、侵略や革命チェンジ等によって高パワーのクリーチャーが主体となるデッキが多い現状を考えるとまともに機能しない事の方が多いかと思われますね。

 

1コストのマッハファイターというのがかなり嬉しく、一番隊やオニカマスに対して速度に不安のあったコスト3の《ワ・タンポーポ・タンク》以上に「相手に仕事をさせないぞ」というようなデザインになっていますね。

また、《フェアリー・ライフ》などのマナブーストカードを使用した後に増えた1マナで仕事ができる可能性があるという点も、自然文明にとっては嬉しい点ですね。

 

おそらくマッハファイターによる小型システムクリーチャーの除去だけでも中々の強さを発揮してくれそうではありますが、相手が攻撃曲げやブロッカーを使うデッキの場合、中盤以降に腐りがちです。この辺りはマッハファイター全体の弱点ではあるのですが、この子の場合は特に3000という低いパワーと打点にならない点が更に足を引っ張ります。その辺りの欠点が気になるようであれば、多少重くても他のマッハファイターに任せてみるのか、いっそ火文明の火力を使った方が良いかもしれません。

 

この子のポテンシャルを100%発揮するのであれば、進化元にする事や侵略及び革命チェンジ元にする事等、クリーチャーである事、及び火力ではなくマッハファイターである事を活かした運用が求められるでしょう。

以下に一例を挙げます。

 

進化元として

例えば、私が以前から2ブロック限定構築で使用している「シータグラスパー」ですが、こちらに入れておく事によって、序盤はジョーカーズのヤッタレマン対策を任せつつ、後半には《グレート・グラスパー》の最軽量進化元として扱う事ができます。

重いクリーチャーの進化元にする場合はこの子の場持ちが心配になるかもしれませんが、相手プレイヤーに攻撃できないこの子に対してわざわざ単体除去やアンタップキラーを飛ばしてくるのかどうかは疑問です。ビートジョッキー相手にG・W・Dのドロー補助の手助けをいてしまう程度でしょうか。

 

進化元にしてしまえば攻撃制限もなくなるので、ビートダウンでこの子を搭載する際には考慮に入れてもいいかもしれませんね。

 

侵略、革命チェンジ元として

相手が1コストのクリーチャーを召喚するようなデッキであれば、最短1ターン目から侵略及び革命チェンジが可能なカードになります。

そうでなくても、2ターン目にクリーチャーを出すデッキは増えてきているので、その子達を利用すれば2ターン目には侵略や革命チェンジが可能になりますね。

 

成長ドギバスに関しては赤入りのスピードアタッカーが2コストのクリーチャーに存在しているので、どちらかと言えば緑単ベアフガンあたりのデッキに嬉しいかもしれません。

ドヤ顔でヤッタレマンを出してきた相手に合わせて《ツクっちょ》を出してベアッサーに侵略させてやりましょう。次のターンにセンノーを出された時には……まぁ何かしら考えましょう。

 

侵略や革命チェンジは、マッハファイターの射程を引き上げつつこの子の攻撃制限を無効にするという点でも相性が良いですね。

 

その他カードのコストとして

例えば《シンクロ・マニューバ》や《ヨギー・ベジタリバー》のコストとして発動する事が考えられますね。後者は扱いにくさがありますが、前者は更に相手のクリーチャーを除去する事に繋がりますね。

 

コストとは少し違うかもしれませんが、《メビウス・チャージャー》や《スピッツ・チェリッシュ》等、自身のクリーチャーをマナに送る能力との併用も考えられますね。使用済みのこの子を使って更にマナ加速が可能になります。

 

その他、《Dの牢閣メメント守神宮》で使用済みのこの子にブロッカーを与えたり、《ハイエイタス・デパーチャ》のスーパーボーナスでマナ加速を狙ってみたり、変わったところでは《D2Y ヨーサーク》のパンプアップのために扱うのも面白いかもしれませんね。

 

以上のような事は大体の火力持ちクリーチャーやマッハファイターにも同じことが言えるのですが、この子に関しては1コストの軽さというのおかげで他カードとのコンボが考えやすいという利点がありますね。

 

まとめ

1コストで打点にならないクリーチャーではありますが、マッハファイターによるメタ性能と、他の火力カードと比べた時には自身が1コストクリーチャーである事が嬉しい一枚です。

 

この子のためにデッキを組む……というよりは、今までの色々なデッキで上記のようなシナジーを探せるように模索していきたいところです。

 

以上。……ミルクボーイワンチャンスある……?ポフルでした。