ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《マキシマム・ザ・ジョニー》再考察―ツインパクトの登場によってどう変わる【デュエル・マスターズ】

流石にそろそろロマンデッキでも良いから新しいデッキを作りたい。ポフルです。

違うデッキを使いたい欲がすごい。

 

さて、今回はそんな私の欲求を少しでも満たす手伝いになるよう、だいぶ前に考察した《マキシマム・ザ・ジョニー》をもう一度考察していきたいと思います。

 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

 

 

カード情報おさらい

 


マキシマム・ザ・ジョニー

無色 ジョーカーズ

コスト7 パワー10000

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を表向きにする。相手はそれらのカードと同じコストを持つ自身のクリーチャーをすべて、好きな順序で山札の下に置く。その後、自分は、表向きにしたカードを好きな順序で山札の下に置く。


 

 

考察

前回の考察はこちらより。

www.dmasters-pohu.com

 

スピードアタッカーにW・ブレイカー持ち。一番の目玉はデッキトップ2枚を捲り、捲ったそれらのカードと同じコストを持つ相手クリーチャーをすべて除去する事ができるという、ジョーカーズにとっては……どころか無色カード全体を見てもなかなか珍しい複数除去持ちクリーチャーと言えますね。

 

今までのこの子は、「ジョーカーズミラーにおいて使う事ができればワンチャンスあるかどうか」位の印象でした。と言うよりむしろ、こちらよりもさらに扱いやすい複数除去を持ちつつ、さらにコスト軽減とドロー能力まで持ち合わせた《ジョット・ガン・ジョラゴン joe》の登場によってさらに肩身が狭くなっています。

 


ジョット・ガン・ジョラゴン joe

無色 ジョーカーズ・ドラゴン

コスト9 パワー12000

■バトルゾーンに自分のジョーカーズが6体以上あれば、このクリーチャーのコストは1になる。

■スピードアタッカー

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を表向きにして手札に加える。それらのコストの合計以下になるように、バトルゾーンにある相手のカードを好きな枚数選ぶ。相手はそれを好きな順番で自身の山札の一番下に置く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

使われない理由としては他にも、

  • 「2枚捲って捲ったカードのコストと同じコストを持つ」という不安定な能力
  • 7コストという重さ
  • 複数除去は《ジョリー・ザ・ジョニー》のマスター・W・ブレイカーでも十分
  • その《ジョリー・ザ・ジョニー》ですら現状使われる事が少ない

と、様々です。

特にその能力の不安定さが、この子が使われない最大の理由と言っていいでしょう。

 

では何故、今回この子を再度取り上げたのかと言えば、ツインパクトカードの存在です。

 

この子の効果でツインパクトカードが捲れた時。

この子の効果でツインパクトカードが捲れた時の裁定としては、

「《マキシマム・ザ・ジョニー》を使った側のプレイヤーが、クリーチャー面と呪文面のどちらかのコストを選択し、その選択したコストを持つカードとして効果を処理する」

というものです。

つまり、《ガンバG/ガガン・ガン・ガガン》が捲れた際には「コスト6のカードとして扱って相手のコスト6のクリーチャーを除去するか、コスト2のカードとして扱って相手のコスト2のクリーチャーを除去するかを選ぶ事ができる」

という事になりますね。

 

ツインパクトカードが捲れる事によって、この子の最大の弱点であった「能力の不安定さ」を一気に解消する事に繋がるわけですね。

 

弱点を解消するとどうなる?

仮にこの子のデッキ構築が上手く出来たとして、相手のデッキに合わせて狙ったコスト帯のクリーチャーをしっかり捲る事ができるようになった場合のメリットは中々大きいです。そもそも対処しずらく再利用し辛い「デッキボトムへのバウンス」を複数体のクリーチャーに対して行うクリーチャーですので、

  • 無月の門への除去候補カードになる
  • ジョーカーズの厄介な展開能力をどうにかできる
  • メタリカの《赤攻銀マルハヴァン》がどうにかなる(最近の小型を並べて制圧するメタリカは《気高き魂 不動》を採用し辛いサザン・ルネサンスや時の法皇を入れたデッキが圧倒的シェアを誇っているので、このカードにとっては好都合です)
  • 《キラードン》《勝利のアパッチ・ウララー》等厄介な破壊時効果持ちを安全に処理できる。

と、かなり心強い味方となってくれるでしょう。

 

 

デッキ構築において

現状ジョーカーズのツインパクトカードは上記の《ガンバG/ガガン・ガン・ガガン》と《カツラデランス/「アフロ行きま~す!!」》のみです。どちらもジョーカーズを対象とした能力がある以上、他のデッキでの出張は難しいでしょうか。

 

 

ジョーカーズのツインパクトカードがそこまで多くない2018/06/05現在では、変にジョーカーズに拘るよりも他のデッキでツインパクトカードをマシマシにしていくのが良いのかもしれませんね。

ただし、今後ジョーカーズのツインパクトが増えた場合には、上記の《カツラデランス/「アフロ行きま~す!」》のクリーチャー面がそこそこ良いシナジーを発揮してくれるので、今後のカードプール次第と言ったところでしょう。呪文面も、《ガンバG/ガガン・ガン・ガガン》の呪文面とシナジーしています。

ツインパクトジョーカーズ……いい響きです。

 

 

ジョーカーズ以外での個人的オススメとしては、

 

 等等、挙げていくとキリが無いですね。

 

性質上、クリーチャーコントロール及びビートダウンに一気に優位に立つ事ができそうです。

スピードアタッカーも持ち合わせているので、この子で場を開けた後は相手が体勢を立て直す前に一気に駆け抜けてしまいたいところです。

 

まとめ

ツインパクトカードの登場によって再注目されたカードは色々とあるとは思いますが、この子もその内の一枚になるのではないでしょうか。

 

個人的にはこの子使って「ジョーカーズに強いジョーカーズ」なんてことをしてみたいなとは思っています。

そのころにはニヤリーゲットが規制かかってるとは思いますけれどね!!!

 

 

 以上、……本当にゾロスター作ろうかしらん。ポフルでした。