ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《アイアン・マンハッタン》考察―考察忘れてた分幅広く考察したい【デュエル・マスターズ】

この子の考察を忘れていた。ポフルです。

 

今回は登場以来ジョラゴン軸のジョーカーズで引っ張りだこの《アイアン・マンハッタン》を考察します。

 

……この子の初登場回にて、某クラフトゲームパロディとなったことと、思っていた以上に小さいフォルムだった事に驚いた方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

カード情報

 


アイアン・マンハッタン

火文明 ジョーカーズ

コスト9 パワー8000

■J・O・E 2

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のシールドを2つ選ぶ。このクリーチャーは、相手のそれ以外のシールドをすべてブレイクする。その後、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、次のターン、相手は2体以上クリーチャーをバトルゾーンに出せない。


 

 

考察

9コストと高いコストを持っていますが、J・O・E 2によって7コストという実用範囲内にまでコスト軽減ができるクリーチャーです。

その能力は強烈で、出た時に相手のシールドを2枚残してそれ以外をブレイクする《音速 ソニックブーム》のような能力を持ち、さらに手札を捨てる事によって相手に強力なクリーチャーの展開規制を与える事ができます。

9コストにしてはパワー8000とかなり低いですが、それを補って余りあるカードパワーを秘めていると言っていいでしょう。

 

この子自身がスピードアタッカーとW・ブレイカーを持っているので、相手のシールドが何枚存在しようが自身の能力と攻撃によってシールドを0にする事は容易です。

火文明らしく、相手プレイヤーを一気に追い詰める能力になっていますね。

 

この手の能力は相手のS・トリガーに弱いという弱点を持っているのですが、それを補うのがもう一つの効果「相手は2体以上クリーチャーをバトルゾーンに出せない」ですね。

S・トリガーを直接封じる能力ではありませんが、この能力によって次のターンの相手の行動を強烈に制限できるので、たとえS・トリガーを踏んでしまったとしても次の相手のターンに一気に逆転されて負ける事は稀と言っていいでしょう。《ジョット・ガン・ジョラゴンjoe》等で相手の場のクリーチャーを処理できていれば更に相手の行動を縛る事ができますね。

この効果さえ発動すれば、相手はドギラゴン剣のファイナル革命は封じられますしジョーカーズを出しまくって《ジョジョジョ・マキシマム》の条件を整える事も困難になるでしょう。むしろシールドブレイクはおまけで、この展開規制こそがこの子の本命の効果にすら見えてきますね。

 

 

この子の活躍の場は主にジョラゴン軸ジョーカーズです。ジョラゴン軸ジョーカーズはこの子と《ガヨウ神》の存在が大きいですね。

ジョット・ガン・ジョラゴンとは最高のシナジーを誇っており、ジョラゴンの効果で捨てる事によって相手のシールドを2枚にしつつ、展開制限効果発動のためのディスカードをジョラゴンビッグ1の弾丸にできます。これでオーケーあたりをディスカードしてアンタップしてあげればワンショットキルの達成です。

仮にトリガーを踏んだとしても、自身の能力で次の相手ターンの行動を制限できるので、1ターン生き残る事は容易ですね。

 

ガンバトラー軸は基本的に《ジョジョジョ・マキシマム》でのフィニッシュを狙うため、マキシマムの恩恵を受けにくいこの子の採用は見送られる事が多いです。

 

その他、メラビート軸でも採用の余地はあるでしょう。むしろ《超Z級 ゲキシンオー》よりも優先して採用してもいいかもしれません。

 

《メラビート・ザ・ジョニー》との相性は最高の一言で、マスター・W・メラビートで出せる事は当然の事、メラビートの全体破壊効果と、マンハッタンの展開規制効果がしっかりとシナジーしているので、ジョット・ガン・ジョラゴン以上に相手を仕留めそこなった時のリスクが少ないです。

 


メラビート・ザ・ジョニー

火文明 ジョーカーズ

コスト7 パワー10000

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■マスター・W・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。そのターンの終わりに、それらを好きな順序で自分の山札の一番下に置き、その後、こうして下に置いたクリーチャー1体につきカードを1枚引く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のジョーカーズが5体以上あれば、相手のクリーチャーをすべて破壊する。


 

 

さらに、マンハッタンの能力で相手のトリガーが無い場合は、《王盟合体サンダイオー》のシールド焼却効果でスーパーS・トリガーの発動すら許しません。

 

 


王盟合体 サンダイオー

火文明 ジョーカーズ

コスト10 パワー9000

■J・O・E 3

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーの攻撃先は変更できない。

■このクリーチャーがシールドをブレイクする時、バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが10枚以上あれば、相手はかわりにそのシールドを墓地に置く。


 

 

ゲキシンオーでのブレイクはスーパーボーナスの危険性があり、サンダイオーでは打点が物足りない……という問題点を抱えていたメラビート軸の救世主ともいえる存在だと言えそうです。ただし、ニヤリー・ゲットが使いにくいこのデッキでジョーカーズ5体+メラビートとマンハッタンともう一体のJOE持ち、更にディスカード分の手札を確保と、要求されるカード数は多めなので、デッキ構築の難易度は高いかもしれませんね。

……《ジョット・ガン・ジョラゴン》、もう少し言えば《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》が強すぎて火文明ジョーカーズの注目度は薄いのですが、もう少し注目してあげても良いんじゃないかなって。……安定性が低い?そうですね……。

 

その他、ジョーカーズにしては珍しく自身の効果の発動に他のジョーカーズを要求しないので、火文明の入るビートダウンデッキであれば7コスト溜める事ができるデッキであればどんなデッキでも使う余地があります。

 重さの事を考えると速攻デッキに入れるのは敬遠してしまいますが、それでも7コストで相手の動きを封じながらシールドを全て割る事ができるこの能力は魅力的と言えるでしょう。

 

まとめ

ジョット・ガン・ジョラゴンを使ったデッキでの活躍が主であることは間違いないのですが、効果自体の強さから様々なデッキで活躍できそうな可能性を秘めていますね。

 

個人的には、火文明のジョーカーズをサポートするようなカードが欲しい所です。

 

 

以上。……既に色々知られているカードは考察しにくい。ポフルでした。