ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《マツぽっくん》考察―中々深いパワーカード【デュエル・マスターズ】

 ミルクボーイへのトラウマは消えない。ポフルです。

 いや別にそんなたいそうな物でも……あるか

 

さて、今回は一昨日のアニメにてミノまるが使った《マツぽっくん》の考察ですね。

 

 

 

カード情報

 


マツぽっくん

自然文明 グランセクト

コスト4 パワー13000

■このクリーチャーは召喚できない。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

■相手がクリーチャーを選ぶ時、自分のコスト2以下のクリーチャーは選べない。(ただし、そのクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)


 

 

考察

コスト4にしてパワー13000のT・ブレイカー、さらにコスト2以下のクリーチャーにアンタッチャブルを与え、さらに出た時にマナブーストを行うとやりたい放題のクリーチャーになりますね。

その代わりのデメリットとして、一切の召喚ができないというクリーチャーになっています。他のカードの効果で踏み倒す事が前提になっていますね。サイズが大きくなった《連鎖庇護類 ジュラピ》が大きくなったものと捉えるのが良いでしょうか。大きくなりすぎやろというツッコミは置いといて。

 

コスト4という事で、真っ先に思いつく降臨方法は《ヘブンズ・フォース》でしょう。

 


ヘブンズ・フォース

光文明 コスト2 呪文

■S・トリガー

■コストの合計が4以下になるように、好きな数の進化でないクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出す。


 

 

手札消費が激しくなる代わりに、2コストで13000のT・ブレイカークリーチャーを出しながらマナ加速ができる……と、何言ってんだこいつついに頭おかsげふんげふん。

パワー12000以上のクリーチャーを踏み倒す能力が多いグランセクトの力も借りる事ができますね。ただし、グランセクトの能力で踏み倒すクリーチャーはこの子よりも高コストのファッティを踏み倒した方が良い事がほとんどです。できれば低コストのカードで早期に踏み倒してしまえるデッキで活用したいところです。

さらにできれば、後半のアンタッチャブル付与までしっかり扱えるようなデッキで扱いたいところでしょう。

アンタッチャブル効果の恩恵を受ける事が可能なクリーチャーは、よっぽどのデメリットでもない限り《ヘブンズ・フォース》の恩恵を受ける事ができるので、マツぽっくんを出すのに《ヘブンズ・フォース》を採用する事は正解の一つと考えて良さそうです。

 

アンタッチャブル付与能力に関しては、《最強虫 ナゾまる》との相性が良好です。

 


最強虫 ナゾまる

自然文明 グランセクト

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

■ミノまじかる:自分のターンのはじめに、このクリーチャーをタップしてマナゾーンに置いてもよい。そうしたら、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ、進化でないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンから選び、バトルゾーンに出す。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

ナゾまるでこのクリーチャーを出し、その後マナに行ったナゾまるをマナゾーンから召喚する事によって、ナゾまるにアンタッチャブルを与えて踏み倒しの補助としながら展開する事が可能になりますね。

ナゾまるがマナに行く+マツぽっくんの効果でのブーストでマナが1枚増える事もうれしい所ですね。おそらくデザイナーズコンボとなっているのでしょう。

 

自然のコスト2以下のクリーチャーへのアンタッチャブルという事で、ミルクボーイとの相性が良い事も特筆すべき点でしょう。コスト1のクリーチャーでのビートダウンが得意なミルクボーイにおいて、そのミルクボーイ達にアンタッチャブルを付与できる点はかなり嬉しい所です。

マツぽっくんの降臨方法である《ヘブンズ・フォース》はコスト1のミルクボーイとの相性は良好ですし、降臨が難しい場合には《密林の提督 ハックル・キリンソーヤ》の進化元にしてしまう等、柔軟な活躍が期待できます。

《Dの揺籠 メリーボーイラウンド》でミルクボーイへの攻撃を防ぎ、マツぽっくんでアンタッチャブル化……赤ちゃんによる要塞が完成しますね。

さらに、《D2B バブール》の効果で打点を増やしてあげればスーパー・S・トリガーの発動を回避しやすいQ・ブレイカーとなる等、中々面白そうな感じですね。早速彼女に伝えよう。

 

単純に、今まで《デスマッチ・ビートル》と《ヘブンズ・フォース》を同時に採用できていたようなデッキに《マツぽっくん》を刺すという選択肢も良いですね。

踏み倒しを行うデッキであれば《デスマッチ・ビートル》の除去にそれなりのリソースをつぎ込む必要が出てくるので、除去に手間取っている間に《マツぽっくん》ビートダウンでゲームエンドに向かってしまえますね。

 

ただし、アンタッチャブルへの過信は禁物です。コスト2以下という事は現在ジョーカーズメタとしてコントロールやビッグマナでの採用が増えている《温泉 湯あたり地獄》の対象内です。幸いな事に《マツぽっくん》自身が湯あたりしないクリーチャーなので、それが採用されていそうな相手には《マツぽっくん》の打点も有効活用して一気に勝負を決めに行きたいですね。

 

また、通常の召喚が不可能な関係から他のクリーチャー以上に踏み倒しメタが天敵になります。自身のコストの低さとマナブースト効果の関係上、オリオティスや《オリオティス・ジャッジ》等のマナゾーンの枚数を数えて不正を判断するタイプのメタには強いですが、オニカマスやエンターテイナー等の単純に踏み倒しを制限するタイプには弱いです。

オニカマス等の自分のターンでの踏み倒しを規制するタイプの場合はトリガーで《ヘブンズ・フォース》や《蒼龍の大地》を捲れば問題ないのですが、エンターテイナーのような無差別なタイプは天敵になりますね。ただし、《デスマッチ・ビートル》に対しては相打ちを取れるので、《マツぽっくん》を隠れ蓑にして本命の降臨を狙うという使い方も出来なくはないです。

なんにせよ、この子を使う場合には踏み倒しメタの存在をしっかり意識する必要がありますね。

 

まとめ

召喚できないだけあって扱いは難しい筈ですが、《ヘブンズ・フォース》との相性の良さは目を見張るものがあります。

 

また、マスターカードである《最強虫 ナゾまる》との相性も良く、中々面白いクリーチャーだと言えそうです。

 

 

以上、また彼女のミルクボーイが暴れるのか……ポフルでした。