ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《超宮兵 マノミ》考察―呪文主体のムートピアの光【デュエル・マスターズ】

ムートピアが盛り上がってきそうでなんだか嬉しいポフルです。

 

さて、今回はそんなムートピアの新カード《超宮兵 マノミ》を考察しましょう。

双極編第2弾のカードですね。

 

 

 

カード情報

 


超宮兵 マノミ

水文明 ムートピア

コスト5 パワー4000

■G・ゼロ:このターン、自分が呪文を3枚以上唱えていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。


 

 

考察

1ターンの間に呪文を3回唱えて入ればタダで召喚でき、出た時に2枚ドローするムートピアですね。

同じようなG・ゼロの条件を持つ《超宮殿 コーラリアン》と比べて、呪文を唱える枚数が1枚減りました。

 


超宮殿 コーラリアン

水文明 ムートピア

コスト8 パワー8000

■G・ゼロ:このターン、自分が呪文を4枚以上唱えていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻してもよい。

■相手のターン中、このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに手札に戻す。


 

www.dmasters-pohu.com

 

呪文を3回というのは、コーラリアンと比べると多少ハードルは下がったものの、それ専用にデッキを構築しなければ難しいことに変わりありませんね。

コーラリアンと同じように、コスト軽減や踏み倒し効果持ちの呪文、ゴクガロイザー等を使う事でうまく条件を達成したいところです。その辺りは上のコーラリアンの記事も参考にしてほしい所ですね。

 

条件を達成した際のリターンは思っている以上に凄まじいものです。

2枚のドローというのはシンプルで強力。単純に次のターンのための布石になりますし、この効果でマノミを引き込めばさらに2ドローです。《龍装艦スペルエビート》との相性は言わずもがな。

 

《貝獣アンモ》や《突撃ゴッチン・ヘッド》で効果を使い回すのも良しです。前者ならスペルエビートでさらにデッキを掘りつつ呪文回収を、後者であれば4回呪文を唱えたことになるのでコーラリアンも出すことが可能になりますね。

 

また、ムートピアを5体並べているなら《I am》での回収も視野に入るでしょう。

 

 


I am

水文明 ムートピア/スペシャルズ

コスト9 パワー15000+

NEOクリーチャー

■バトルゾーンに自分のムートピアが5体以上あれば、このクリーチャーのコストを支払わずに召喚してもよい。そうしたら、自分の進化でないクリーチャーをすべて手札に戻す。

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■T・ブレイカー

■これがNEO進化クリーチャーなら、パワーを+10000し、「ワールド・ブレイカー」を与える。(「ワールド・ブレイカー」を持つクリーチャーはシールドを全てブレイクする)


 

 

自身を非進化状態で場にだす事によって、《I am》と《超宮兵 マノミ》含むすべてのクリーチャーをバウンスできるので、ノーコストでマノミを再利用する事が可能です。

さらに、マノミやコーラリアン等の似たG・ゼロ持ちのクリーチャーや《神出鬼没ピットデル》を踏み倒してノーコストかつ手札総数を減らさずにムートピアを5体並べる事ができれば、また《I am》でバウンスができる……と、無限ループの完成です。山札のカードをすべてドローできますね。

《水上第九院シャコガイル》や《偽りの名 iFormulaX》は《I am》の踏み倒し時にバウンスされてしまうので、やや不向き。構築はかなり難しくなりそうですが、最初に唱える3枚の呪文の内1枚を《無双と勝利の伝説》にしてしまえば、マナコストの心配は無くなりそうです。もしくは《セイレーン・コンチェルト》を唱えてコストを実質0にしてしまうかですね。呪文を3枚唱えた上でそれらを召喚、または踏み倒す手段があるならば問題ありません。兎にも角にもここからどうやって勝ちへとつなげるのかはデッキ構築者の腕が問われるところでしょう。

クロスファイア2ndを出してとともに決めに行くなり、予めキキ&カイカイに《神の裏技ゴッド・ウォール》を適用させておいて場を離れなくした状態で上記コンボを繰り出して相手の手札を問答無用ですり潰すなり、転生スイッチでエクストラウィンクリーチャーへとスイッチするなり。

……良く考えれば、キキまたはカイカイが場にいる時に《ゴッド・シグナル》→《プロジェクト・ゴッド》で呪文2枚唱えるわけですし、《神の裏技ゴッド・ウォール》はG・

ゼロですし、上記コンボ関係無しにキキ&カイカイデッキにマノミ入れるのはありな気がしてきますね。

 

 

コンボのことを考えずとも、軽量呪文の連発でコントロールするデッキであれば、スペルエビートをタダで起動するトリガーにしつつコントロールするために消費した手札を補充……と、堅実かつ強力な動きも期待できます。

おそらくこれからのムートピアデッキはこういった動きを想定してくるのでしょう。楽しみですね。

 

コスト5でパワー4000の2ドローと、普通に出してもそこそこのコストパフォーマンスという点も魅力の一つですね。……コスト5で4枚ドローして1枚捨てるガヨウ神?知らん。

少々もったいない気もしますが、この子を出す為に無駄に呪文を3回唱えるよりは、手出しした方が良い状況という場面も出てくる筈なので、その見極めはしっかりとする必要がはありそうです。

 

まとめ

G・ゼロ能力とドロー能力、そして水文明としての特徴がシナジーした、優良ムートピアと言えるのではないでしょうか。

ムートピアデッキに限らず、今後様々なデッキで使われる事になるかもしれませんね。

 

 

以上。ムートピア流行れ。ポフルでした。