ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《堕魔 グリナイブ》考察―切れたナイフは有能かつ優しい【デュエル・マスターズ】

今日、17:00より、ライブ配信のテストを行う予定です。ポフルです。

内容としては、主に画質とか音とか、そもそもちゃんと配信できるのかとかを確認し、余裕があればフェスパックの内容についてあれこれと話そうかなと思っています。 もしお時間に都合が合えば、見ていただければと思います。

 

 さて、ひとまず今回の考察は《堕魔 グリナイブ》になります。

 ……画像見た感じでは某ベテランリアクション芸人の通り名を思い出すところですが、この子はどんな効果なのでしょうか。

双極編第2弾のカードになりますね。

 

 

 

 

カード情報

 


堕魔 グリナイブ

闇文明 マフィ・ギャング/魔道具

コスト3 パワー1000

■ウルトラ・セイバー:マフィ・ギャング(自分のマフィ・ギャングがバトルゾーンを離れる時、かわりにこのクリーチャーを破壊してもよい)


 

 

考察

とうとう、デ・スザークを守る事ができる魔導具が出てきてしまったなぁと色々心配です。ウルトラ・セイバー持ちです。コスト3のパワー1000と除去には弱めなのですが、マナ送りやシールド送り、デッキボトムへのバウンスを極力回避したいデ・スザークにとって、それら除去の身代わりとなってくれるこの効果はうれしいですね。

 

本来なら1回きりの能力なのですが、そもそも魔道具は墓地回収や蘇生が得意なので、何度もその効果を使う事も可能ですね。

同じ魔道具だけでも《堕魔 ヴォーミラ》や《堕魔 ヴァイシング》、《堕魔 ヴォガイガ》でセイバーを使用したこの子を再利用できます。マフィ・ギャングクリーチャーに広げると、蘇生やサルベージの選択肢は更に広がります。《凶鬼03号 ガシャゴズラ》で蘇生できるコスト設定なのは流石に冗談かと思ってしまいますね。

 


堕魔 ヴォーミラ

闇文明 マフィ・ギャング/魔導具

コスト4 パワー4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置いてもよい。

■自分のターンに一度、魔導具クリーチャーを1体、自分の墓地から召喚してもよい。


 

 

クリーチャーを展開しなければ勝てないデッキで、単体除去を連発する事ができないデッキの場合、最悪グリナイフとヴォーミラ、そして《卍 デ・スザーク 卍》のみで完封してしまう恐れすらある、とても恐ろしいサポートになりますね。《おしゃかなクン》や《侵攻の守護者ガチャピンチ》あたりと比べるとデュエル・マスターズにおける種族の違いの重要さが良くわかります。

おそらく他の魔道具の数を減らしてでも優先して入れたい魔道具になってくるでしょう。

 

《卍月 ガ・リュザーク 卍》との相性は最高の一言です。

ガ・リュザークを突破するために必要なマナコストを多く要求しつつ、使ったマナはガ・リュザークの再降臨によって縛る……と、正直この先のデュエマどうすればいいんだろう感がすごいです。

 


卍月 ガ・リュザーク 卍

闇文明 マスター・ドルスザク/マフィ・ギャング

コスト9 パワー11000

■無月の門・絶:各ターンの終わりに、自分の魔道具をバトルゾーンまたは墓地から合計6つ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら6枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■相手のターンのはじめに、相手は自身のマナゾーンのカードを3枚までしかアンタップできない。


卍・獄・殺

闇文明 コスト9 呪文

■クリーチャーをすべて破壊する。

■すべての墓地にあるカードが合計13枚以上であり、この呪文が自分のシールドゾーンにあれば、この呪文は「S・トリガー」を得る。


 

www.dmasters-pohu.com

 

 

主に魔道具を使うデッキでの採用が主になるのですが、通常のマフィ・ギャングでも採用の余地はありそうです。

破壊以外の除去を回避したいマフィ・ギャングは《阿修羅ムカデ》や《グスタフ・アルブサール》等数多く、それらを守った後には《凶鬼03号 ガシャズラ》や《凶鬼27号ジャリ》で再利用するなり、《凶鬼33号 ブスート》の効果で対象に取ったクリーチャーを破壊から守って分身させるなり、防御からコンボまで様々な用途に利用可能です。単純な効果ながら、スーサイド戦術が得意でかつ墓地利用方法が豊富なマフィ・ギャングの利点を伸ばしつつ、欠点を補うという使い方ができるでしょう。

普通のマフィ・ギャングデッキに《堕魔 ドゥポイズ》や《堕魔 ドゥグラス》のような汎用性の高い魔道具を刺しておいて、《卍 デ・ルパンサー 卍/葬爪》のような汎用性が高めの門持ちを入れておくという構築も良いでしょうね。

 

自身がマナ送りやシールド送りをされそうな時でもウルトラ・セイバーを適用する事は可能なので、この子自身が墓地以外のゾーンに送られる心配も皆無です。安心して役割の遂行ができますね。

 

万能感あふれるカードではありますが、軽量除去を連発できるデッキの場合は過信は禁物です。例えば最近のビートジョッキーなら《"乱振"舞神G・W・D》+ビックバン覇道の7コストで突破されます。《一番隊 チュチュリス》や《ダチッコ・チュリス》を処理し忘れているともう少し要求コストが下がってきます。

ジョーカーズに対して盤面処理と手札破壊を怠っていた場合は《ジョット・ガン・ジョラゴンjoe》や《ハクションマスク》で突破される事もあります。ついでに《あたりポンの助》も怖い所ですね。

中盤以降は、盤面や手札を破壊し尽くした上で出すなり、例え突破されたとしてもヴォーミラ等で用意に盤面を再構築できるような状態で使う等一工夫は必要になってくるでしょう。当たり前ですが過信は禁物という事ですね。

 

まとめ

総じて、単純な能力とは裏腹にとてつもない可能性を秘めたクリーチャーだと言えますね。

 

闇文明の特性としっかり噛み合った効果で、この先マフィ・ギャングでデッキを組む新たな理由になってくれる事は間違いなさそうです。

 

 

以上。色々準備で忙しいですが、頑張ります。ポフルでした。