ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ドンパッチおじさん》考察―世知辛い世の中の事情【デュエル・マスターズ】

次のフェスパックの詳細が発表されましたね。ポフルです。

 

今回は再録カードが多く存在しており、フェスパックの中身よりも「2ブロックで新たに解禁されるカード」という事を重視する方も多いのではないでしょうか。

 

その辺りの事については今後また考察するものとして、今回は《ドンパッチおじさん》を考察しましょう。

フェスパックのあたり枠ですね。

 

カード画像や他カードの詳細については以下より

デュエマフェスパック|デュエル・マスターズ

 

 

 

カード情報

 


ドンパッチおじさん

火文明 ジョーカーズ

コスト4 パワー8000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚捨てる。


 

考察

バトルゾーンに出た時に、自分の手札を1枚捨てるデメリットを持つクリーチャーですね。

その代わりに非進化でコスト4でパワー8000のW・ブレイカーと破格のスペックとなっていますね。3~4ターン目にこのパワーが出る事は中々の脅威です。ヤッタレマンや一撃奪取等でうまく早期に出したいところですかね。

 

とはいえ、現環境で使われるかと聞かれると微妙な所です。

ジョーカーズならばこの子に頼らずとも簡単に打点を形成する事ができ、ジョーカーズ以外でも、同じ4コストで手札を増やすメリットに変換できる《ラウド"NYZ"ノイジー》の方が扱いやすいという結論に至りがちです。速攻デッキだらけの環境では《ドンパッチおじさん》の方が使いやすくなるでしょうか。

パワー8000は魅力ですが、カードプールが増えた現環境では太刀打ちできない事も多いです。一応、サザンルネサンス軸メタリカのブロッカーに対応できる点はうれしい所ですね。

 

どうしても使うのであれば、ディスカードをメリットへと変換してくれる《ジョット・ガン・ジョラゴン》との併用が必要となるでしょう。

 

ジョラゴン存在時であれば、ドンパッチおじさんの能力は「手札のジョーカーズの出た時効果を発動する」という効果に変換できます。この時《ペーパイロット》を捨ててあげる事で、自身にスピードアタッカーを与えて一気に攻撃する事ができますね。

コスト4にしてスピードアタッカーというのは中々の脅威でしょう。このコンボの最大の欠点としては、ジョラゴンでそのまま殴りかかった方が早いという点でしょうね。

 

因みにジョラゴン存在時にこの子を手札から捨ててもほとんど意味がない点には注意です。墓地を1枚余分に肥やすのみで、ジョーカーズ的においしい所はほとんどないです。パーリ騎士等、墓地のカードをマナに置く効果の手助けにはなりますが、ジョラゴン存在下でそれ以上のマナブーストが必要かと言われると微妙な所でしょうか。

今後、「ターン中ジョラゴンビッグ1の能力を3回以上使っていたなら」的な能力でも出ない限りは意味ないですね。

 

 

後は、《夜露死苦 キャロル》や《D2M マグラカヅラ》を使うデッキでのサブウェポンとしての運用でしょうか。ガンガンマンモスワンショットでは、前述のサザンのように、現環境で序盤に出てくるブロッカー達のパワーラインを単体で超えているという点で評価できそうです。

 

 

まとめ

ここまで書いてひとまず言える事は、現環境において準バニラは肩身が狭いという事でしょうか。

火文明のコスト4で速攻向きのクリーチャーというのは他にも存在しているので、ディスカードをうまく扱う事ができるか否かにかかっている事は間違いないでしょう。

 

以上。……2ブロックの構築難しい。ポフルでした。