ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》考察―「ハンド」サポートの闇文明【デュエル・マスターズ】

デュエマ公式はそろそろ怒られても良いのではないでしょうか。ポフルです。

いや、ちゃんとどこかしらから許可は取ってそうですが。

 

 さて、今回は真木さんのツイッターで紹介された《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》の考察です。

情報自体はコロコロコミックで公開されていましたので知っている方も多いかと思います。

 

 

カード考察

 


マッド・デーモン閣下

闇文明 マフィ・ギャング/デーモン・コマンド

コスト5 パワー5000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、あるいは自分が名前に《ハンド》とある呪文を唱えた時、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。


デーモン・ハンド

闇文明 コスト6 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを1体破壊する。


 

考察

以前にホーリー・スパークのツインパクトの考察をしていましたが、今回はデーモン・ハンドになりますね。

 

クリーチャーとして

出た時、またはハンド呪文を唱えた時にクリーチャー限定の墓地回収を行う効果を持ちますね。

唱えるハンド呪文に文明指定はないので《サイバー・ハンド》や《イフリート・ハンド》も対象内に入ります……が、このクリーチャーを採用するのであれば闇文明を使うデッキという事になるので、除去手段とコストの違いで差別化ができる前者はともかく、後者に関しては特に関係ないと見て良さそうです。

基本的には闇文明のハンド呪文を想定したサポートになりますね。

 

ハンド呪文は基本的に確定除去を持ったS・トリガー呪文であり、特別なコンボやトリガー前提でなくても強力な呪文です。それをさらにサポートできるとあればかなり喜ばしいところですね。墓地回収によってハンド呪文を唱えた時の手札消費を0にしてくれる点はかなり嬉しいです。

 

最軽量のハンド呪文はコスト3の《阿弥陀ハンド》ですね。

シールドを墓地に送るデメリットは痛いですが、墓地に送ったカードがクリーチャーであれば即座に回収できる点を考えれば黒い《ジャジー・トランパー》のように扱う事ができるでしょうか。

 

普通に召喚したとしても、墓地にクリーチャーさえいればキャントリップのようなクリーチャーとして扱う事ができる有能クリーチャーです。

 

そしてさりげなくデーモン・コマンド持ちです。後述しますがS・トリガー比率を増やしつつデーモン・コマンド比率を増やす事ができる点は、種族デッキにとってうれしいのではないでしょうか。

てかデーモンコマンドばっかりずるい

 

呪文

シンプルに確定除去です。

第一弾にて登場以降、闇の定番トリガーとして不動の位置を獲得し続けてきたこの呪文を知らないという方はいないのではないでしょうか。

 

《凶殺皇 デス・ハンズ》や《冥王の牙》が登場した時には流石に採用率も減っていったものの、今回ツインパクトとなったおかげでまた採用率が増えるのではないでしょうか。

 

確定除去については特に説明の必要などないです。シンプルに強いカードです。

敢えて言うなら、昔以上に手打ちするタイミングが難しいくらいでしょうか。

 

ツインパクトカードとして

《デーモン・ハンド》のツインパクトというだけでかなりの有用性です。

クリーチャー面の効果も呪文面に綺麗につながるコスト帯にプラスして墓地回収という強力な能力を持っており、汎用性はかなり高いと言って良いでしょう。

 

特にこのカード2枚を使ったコンボはすさまじく、《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》のクリーチャーが場にいる時にもう一枚の同名カードを呪文として唱える事により、唱え終わったこのカードを即座に再利用する事が可能です。

コントロールデッキの除去トリガー枠としてこの子を複数採用するだけでこのギミックを使う事ができ、墓地さえ肥えていれば、このギミックを使うのかそれとも別のクリーチャーを回収して別の動きを狙うのかという小回りの利く動きが可能ですね。

特に《悪魔神バロム・クエイク》を扱うデッキであればこの性質がかなり活きてくるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

ずいぶんあっさりとした考察になってしまいましたが、サポートの多い種族であり、ただでさえ強力な呪文である「ハンド」呪文のサポートであり、さらにトリガー枠としての役割もあり、そして同名カードでシナジーを形成している……と、かなり完成されたツインパクトカードだと言えますね。

万能トリガーである呪文面の事を考えればどんなデッキでも入れる事ができそうですが、特にビッグマナ系のコントロールデッキにて採用する事で、様々な動きが期待できるようになるのではないでしょうか。

 

 

以上。……もしかして「ブレイン」サポートってそういう……と、少し考えてしまうポフルでした。

……呪文回収だとしたら面白そうな。