ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《スパーク×スパーク》考察―色々噛み合わせが悪いかもしれない……【デュエル・マスターズ】

スパーク系呪文の猛プッシュはうれしい所。ポフルです。

ウィズダムフェウス使ってたから多少はね?

 

さて、今回はそんな新規スパーク呪文である《スパーク×スパーク》の考察です。

 

 

カード情報

 


スパーク×スパーク

光文明 コスト7 呪文

■スーパー・S・トリガー

■バトルゾーンにある、コスト6の進化でないカードを1枚選び、裏向きにして持ち主のシールドゾーンに新しいシールドとして置く。

 S-この呪文を自分の手札から唱えた後、この呪文を墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。


 

考察

今回のパックで出てきた「○○×○○」という名称で統一されたサイクルですね。

このサイクルの特徴としては

  • 同パックにて収録された名称サポートに対応する。
  • スーパー・S・トリガーであり、ボーナス時の能力が共通している。

の2点になります。

 

《スパーク×スパーク》は、スーパー・S・トリガーとなった代わりにコストが7大きくなった《スーパー・エターナル・スパーク》と言ったところですね。

 


スーパー・エターナル・スパーク

光文明 コスト5 呪文

■S・トリガー

■バトルゾーンにあるコスト6以下の進化ではないカードを1枚選び、裏向きにして持ち主のシールドゾーンに新しいシールドとして加える。


 

ボーナス達成時には2体のクリーチャーを止める事ができるようになるのですが、いかんせん不安定な条件です。

ただ複数のクリーチャーを止めたいだけであれば《スーパー・スパーク》等の定番が存在しているので、よほど除去能力が欲しい場合にしか採用できそうにありません。その場合でも軽さで優る《スーパー・エターナル・スパーク》の方が使いやすいと言えるでしょう。

 

一応、ボーナス時に1枚で2体のクリーチャーを止める事ができるという点は評価点ではあるので、《龍聖霊 ヴィズダムフェウス》あたりで唱えたいところです……が、ヴィズダムフェウスで唱える事ができるというのは《スーパー・エターナル・スパーク》も同じ事です。また、《スーパー・エターナル・スパーク》のコスト5という数値は、ヴィズダムフェウスと相性の良い《時の法皇ミラダンテⅫ》で唱える事ができる数値です。

 

《スーパー・エターナル・スパーク》に勝る点としては、ボーナスの存在しかありません。今回のサイクルは「この呪文のボーナス獲得時に、名称サポートクリーチャーの能力を2回トリガーする」という意図でデザインされた物だと思うのですが、スパークの担当である《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》との相性は絶望的です。フリーズ能力の重ねがけをしたところで意味はなく、他のサイクルと同じような使い方はほぼ不可能と見て良いでしょう。

 

とはいえ、他の「呪文を唱えた時」をトリガーとするシステムとの相性は中々です。

呪文を唱えると相手のクリーチャー1体をタップする《奇石 ウラナー》と《龍装の調べ 初不》を並べれば、初不の効果でフリーズできるクリーチャーが増えます。……素直にホーリー・スパークのようなカードを積めば良いという意見もあるとは思いますけれど。《歩く賄賂 コバンザ》でドローを狙う等、この先呪文を唱えた時に能力がトリガーするようなカードが増えれば、この呪文も脚光を浴びそうです。

それまでは基本的に《スーパー・エターナル・スパーク》の方が採用されやすいと言えそうですね。

 

まとめ

 サイクル中、1位2位を争う不遇な存在なのではないかと思うところです。

 うまくボーナスを発動させればもしかしたらというところはあるので、その辺りで得たスパとの差別化を図りたいところです。

 

 

以上、またウィズダム使うデッキ考えようかしらん。ポフルでした。