ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ブレイン×ブレイン》考察―2ブロック待望の軽量バウンス呪文【デュエル・マスターズ】

新しいデッキを作成中。ポフルです。今回考察するカードとは違うのですが。

 

今回は《ブレイン×ブレイン》を考察します。

 

 

 

カード情報

 


ブレイン×ブレイン

水文明 コスト3 呪文

■スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文にS能力を与える)

■相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。

 S-この呪文を自分の手札から唱えた後、この呪文を墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。


 

考察

コストが1上がってスーパー・S・トリガーとなり、バウンス対象が相手のみとなった《スパイラル・ゲート》と言ったところですね。

 

このカードは先日《遣宮使ネオンクス/ネオ・ブレイン》のデッキを解説した際に少し触れましたね。

 


遣宮使ネオンクス

水文明 ムートピア/サイバー・コマンド

コスト8 パワー9000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、あるいは名前に《ブレイン》とある呪文を唱えた時、自分の山札の上から1枚目を墓地に置く。それが呪文なら、コストを支払わずに唱えてもよい。


ネオ・ブレイン

水文明 コスト4 呪文

■S・トリガー

■カードを2枚引く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

ネオンクスとの相性

ブレインと名の付くトリガー呪文で、防御札としても扱う事ができる……と、ネオンクスで連鎖を狙うデッキにとっては中々嬉しい呪文となっていますね。ドロー能力が多かったブレイン呪文の中では数少ない除去呪文です。

 

上の記事で書いた通り、スーパーボーナスによってネオンクスの能力を2回起動できる点はかなり嬉しく、特化したデッキであればこのカードのボーナス1回で勝ててしまう恐れすらある能力です。

その恐ろしさを知っているプレイヤーからすればネオンクスが存在しているだけでシールドへの攻撃がしにくくなる……と、間接的に攻撃を封じる手段にもなりますね。

また、コンボパーツの一部でありながら《あたりポンの助》あたりの一部対策クリーチャーをバウンスする役割としても使用可能です。さすがに呪文封じは他のカードを用意する必要がありますが。

 

名称サポートサイクルとの相性は、他文明と比べると一見わかりにくく、しかし強力な物だと言えそうです。

 

単体性能として

2枚目以降の《スパイラル・ゲート》としての役割は《謎帥の艦隊》や《Rev.スパイラル》と争う事になりそうですね。

謎帥は自分のクリーチャーもバウンスできる他、多色カードを大量に搭載しているデッキであればそれ以上のバウンスも可能になります。多色カードが多い場合や自分のクリーチャーをバウンスする事に意味を見出せるデッキであれば謎帥の方が優先されるでしょう。そうでない場合は、デッキ構成を特化させなくても運次第で2体のクリーチャーをバウンスできるこちらの方が優先できそうです。

 

《Rev.スパイラル》は、バウンスに関しては同じです。もう一つの効果の適用条件がスーパーボーナスと比べれば緩く、カードパワーを発揮しやすいという面でRev.の方が上に思えますが、革命2を適用しやすいビートダウン相手の場合はドローロックよりもむしろ《ブレイン×ブレイン》の追加バウンスの方が有効に働く場面が多い……と中々悩みどころです。

どちらを選ぶかはその人次第環境次第と言ったところでしょうか。

もしくは単純に墳墓避けしてしまうのも手かもしれませんね。

 

ただし、水単色かつマナを伸ばしやすいデッキであれば《英雄秘伝スパイラル・ハリケーン》の方が優先されやすいです。

 

2ブロック構築において、S・トリガー持ちの軽量バウンスカードは癖のあるものが多かったので、このカードの登場は朗報と言えそうですね。

一応1コスト上には《蓄積された魔力の渦》が存在しているので、どちらを優先するのか、それともどちらとも入れてしまうのか等考える必要はありそうです。

 

中々癖のある○○×○○サイクル呪文の中でも頭一つ抜けた汎用性を持っていると言えるカードですね。

 

まとめ

単体でも十分なカードパワーを持っていると言える、優秀なバウンス呪文です。

ブレイン呪文である点を活かせれば更に色々な事が可能な事もあり、色々な可能性を秘めたカードだと言えそうですね。

 

 

以上。色々欲しいカードが増えて行くポフルでした。