ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ハンド×ハンド》考察―【デュエル・マスターズ】

闇文明は彼女の特権か。ポフルです。

……というか、最近彼女とデュエマしてないな……。ベイビー達に倒されてしまうのか、マフィでボコられるのか

 

本日は《ハンド×ハンド》の考察です。

 

 

 

 

カード情報

 


ハンド×ハンド

闇文明 コスト5 呪文

■スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文にS能力を与える)

■相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを–5000する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

 S-この呪文を自分の手札から唱えた後、この呪文を墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。


 

考察

パワー低下を行うスーパー・S・トリガー呪文です。

そしてボーナスで他サイクルと同じ能力を放つ事が可能です。

 

パワー低下の数値は-5000。トリガーカードとしては《集器医ランプ》と《生死の天秤》が同じコストで同じ数値のパワー低下ですね。そう考えた場合、手打ち及び普通にトリガー時には、クリーチャーであるランプ、及び墓地回収とどちらかを選ぶことができる《生死の天秤》の方が優秀と言えますね。

 

やはり他のサイクルと同じくハンド呪文である事を活かしたいですね。

《マッド・デーモン閣下》の能力はクリーチャーのサルベージなので、閣下が降臨されている状態では、《生死の天秤》の両方の効果を使っているような感覚になれそうですね。サルベージできる枚数は1枚だけですが。

 


マッド・デーモン閣下

闇文明 マフィ・ギャング/デーモン・コマンド

コスト5 パワー5000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、あるいは自分が名前に《ハンド》とある呪文を唱えた時、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。


デーモン・ハンド

闇文明 コスト6 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを1体破壊する。


 

 

ただし、同コストには《凶鬼92号 デンカ/世紀末ハンド》が存在していることを忘れてはいけませんね。

 


凶鬼92号 デンカ

闇文明 マフィ・ギャング

コスト3 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身の手札を1枚選び、捨てる。


世紀末ハンド

闇文明 コスト5 呪文

■S・トリガー

相手のアンタップしているクリーチャーを1体選び、破壊する。


 

パワー低下と確定除去の利点と欠点はあるものの、基本的には除去範囲が広いあちらの方が使いやすい上にツインパクトカードなので閣下のサルベージ能力に対応できます。ツインパクト特有の汎用性の高さも優っている点として挙げられますね。

また、閣下のコストが5なので、次のターンに6マナの《デーモン・ハンド》を唱えれば良いという事になりがちな点も留意しておきたいところです。

 

スーパーボーナスが発動すればパワー-5000を2回適用できる他、閣下の能力で2枚のクリーチャーを回収できます。

閣下の能力でシノビを回収する事によって最大4体のクリーチャーの攻撃を止める事ができる点は評価点と言えるでしょう。ただし、相手もそれがわかっている状態で攻撃する事はほぼ無いと思われるので過信は禁物ですね。

 

単純に-5000を2回撃つ事の強さ……というより便利さについては、《撃髄医スパイナー》が証明してくれています。2体のクリーチャーを止めて良し、1体のクリーチャーに集中させて-10000しても良しです。

……とはいえ、1体のクリーチャーを除去する目的のカードとして見た場合、低下量がもう一声欲しかった気もします。スーパーボーナス適用時でもパワー低下によって倒したい《煌龍 サッヴァーク》に届かないのは残念ですね。サッヴァークによって守られている《サッヴァークDG》や《DG~ヒトノ造リシモノ~》を溶かす事ができる点は評価できますが。

 

-6000であれば中型クリーチャーまで対処できる上にスーパーボーナス時に12000まで届くようになっていました。……が、そこはコスト的に仕方のない事だったのでしょう。

 

 

正直な所をあげれば、トリガー目的では《冥王の牙》や《戒王の封》等の闇の強力なスーパー・S・トリガーや、《凶鬼92号 デンカ/世紀末ハンド》あたりの他のハンド呪文を押しのけてまで採用されるかどうかと聞かれると微妙な所です。今後、ハンドサポートで「複数回の使用が勝利に直結する」または「デッキの大半をハンド呪文にする事でそのスペックを最大限に発揮できる」というタイプのサポートが出ない限り、採用は難しそうですね。

 

どちらかと言えば、ハンド呪文の中では唯一のパワー低下という事で、何らかのコストを支払う事による置換効果(エスケープや上記のサッヴァーク等)で守られているシステムクリーチャーを溶かす役割で採用し、スーパーボーナスで守りに貢献できればラッキーくらいの考えで採用するのが良いですかね。

 

 

まとめ

ハンドの新規呪文でしたが、さすがにライバルが多く、扱いにくい印象です。

パワー低下という能力から、環境をうまく読んで使うのが良いのではないかと思いますね。

 

以上。……新たに試作中のサバキストでマフィもベイビーも裁きたい。ポフルでした。