ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ビックリーノ》考察―ビックリコンボを考えたくなるふしぎっこ【デュエル・マスターズ】

なんとなく、双極編第2弾は、プレイヤーのデッキ構築力が試されるカードが多いなと思い始めたポフルです。

ある意味、発売日と同時に配信したのは失敗だった気がしますね……。

 

さて、今回はそんな双極編第2弾の中でも特にコンボ向きっぽい見た目の《ビックリーノ》の考察です。

 

 

 

カード情報

 


ビックリーノ

闇文明 マフィ・ギャング/スペシャルズ

コスト5 パワー5000

■このクリーチャーが攻撃する時、相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。

■相手が「S・トリガー」を持つカードを使った時、このクリーチャーを破壊する。

■自分のターンの終わりに、相手のクリーチャーがバトルゾーンに1体もなければ、このクリーチャーを自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

考察

中々ユニークなイラストに、ユニークな能力が満載のおもしろいクリーチャーですね。

このビックリしている表現は、なんというか某猫とネズミの喧嘩アニメでありがちな表現と言いますか。

 

「S・トリガー」という「ビックリする要素のあるカード」を使われるとビックリして墓地に引っ込み、場が静かになる(相手の場にクリーチャーがいなくなる)と、そっと場に戻ってくる……みたいなデザインなのでしょう。面白いです。

 

自分の墓地からバトルゾーンに帰ってくる能力というのは、マフィ・ギャングのスーサイド戦術と噛み合ったものにはなっています。ただし、よりスーサイド戦術と噛み合い、しかも軽い《魔薬医ヘモグロ》よりも優先はできないでしょう。コストが重いです。

その気になれば1ターン目にも場に出す事ができる点をうまく活かすべきでしょうね。

 

この子を1ターン目に出す方法としては以下の通りです。

  • 《堕魔 ザンバリー》で手札から墓地に落とす。
  • 1コストクリーチャーを出して《暗黒鎧 ダースシスK》を出して手札かデッキから墓地に落とす。
  • 《ジョラゴン・リロード》で手札から墓地に落とす。
  • 《ブラッディ・クロス》でデッキから墓地に落とす。
  • 《怨念怪人ギャスカ》で手札から墓地に根こそぎ落とす。
  • 《ラッキーダーツ》で墓地に叩き込むための呪文を引き当てる。
  • 手札の青黒クリーチャーを捨てて《神出鬼没ピットデル》を出し、《死神術師デスマーチ》(もしくはピットデルをホタッテに進化)を出し、そのまま攻撃で《【問3】ジーン↑》または《【問2】ノロン》へと革命チェンジ。ビックリーノを墓地に送る。

 

案外色々ありますね!!!!

2ターン目になれば《ダーク・ライフ》やら《エマージェンシー・タイフーン》やらと色々な物が出てきます。ただし、相手がクリーチャーを出した時点でコンボが壊滅するのでなるべく1ターン目での降臨を視野に入れたいところです。

 

出した後のこの子ですが、相手が《フェアリー・ライフ》や《エマージェンシー・タイフーン》、《勇愛の天秤》を使うだけで自壊してしまいます。

いくら自己再生能力があると言ってもこの不安定さはどうにかしたいところですね。

そしてこの子自身はパワー5000で殴る時にハンデス……と悪くはないのですが、この不安定さに見合うかと聞かれると微妙な所です。

 

早期に出す事ができるコスト5のクリーチャーとして、侵略や革命チェンジ元として扱うのが良いでしょうか。

特に《革命類侵略目パラスキング》は相性が良さそうです。

 


革命類侵略目 パラスキング

自然文明 ジュラシック・コマンド・ドラゴン/革命軍/侵略者

コスト8 パワー14000

■進化―自分のクリーチャー1体の上に置く。

■侵略―コスト5以上のクリーチャー

■T・ブレイカー

■バトルゾーンにあるカードを、すべての文明のカードとして扱う。

■革命2—自分のシールドが2つ以下なら、自分のクリーチャーの召喚コストを5少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。


 

 

1ターン目に《ビックリーノ》を出した場合を前提としますが、ビックリーノが生き残る事ができれば《エヴォリューション・エッグ》でパラスキングを手札に加えてそのまま流れるように侵略できますね。

既にパラスキングが手札にある場合は《無頼封魔アニマベルギス》を出す事によって2ターン目にQ・ブレイクが成立します。

ビックリーノのデメリットを侵略によって回避しつつ、一気に攻め立てる。

中々面白い感じです。

侵略が2ターン目になるので、先行なら相手がオニカマスを握っていようがミクセル握ってようが問題ないという悪夢です。ジャンケンゲーが加速する。

 

他にも侵略や革命チェンジで面白そうなクリーチャーは存在していますが、一番わかりやすく強力なのはこのコンボでしょう。黒緑速攻の新たなバリエーションとしていかがでしょうか。

 

また、この動きの中で手札をたくさん消費している筈なので《"轟轟轟"ブランド》との相性も良好ですね。"轟轟轟"もパラスキングの侵略元にはなるので、そこまで相性が悪いわけでもなさそうです。轟轟轟の1ドローでパラスキングが引ければですが

 

黒緑(場合によっては赤をタッチするかも)での速攻デッキ。《ビックリーノ》の名前通り面白い速攻デッキになるのではないでしょうか。

 

まとめ

 他に類を見ないようなユニークなクリーチャーです。ある意味ではSRに相応しい子だと言えるのではないでしょうか。

手に入れた際には、そのユニークな効果で様々なコンボを考えていきたいですね。

 

以上、色々と面白い組み合わせを考えるのは好きなので、今回のパックみたいなやつは増えて欲しい。ポフルでした。