ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《煌メク聖戦 絶十》考察―メタリカの新たな可能性【デュエル・マスターズ】

 

と、ちょっと色々思った事をつぶやくポフルです。

 

今回はそんなメタリカより《煌メク聖戦 絶十》を考察していきますね。

 

 

 

カード情報

 


煌メク聖戦 絶十

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト5 パワー4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を、自分のシールド1つの上に表向きにして置く。(そのシールドの束は1つと数える)

■自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、このターン、次に使う光のカードのコストを、最大3少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

■サバキZ(裁きの紋章が自分のシールドゾーンから手札に加えられた時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚する)


 

 

考察

出た時に、自分のデッキトップ1枚を表向きでシールドに置く能力、シールドゾーンにカードが置かれた時に、次に使う光のカードのコストを3少なくする能力、そしてこの先のメタリカ(もう少し言うとサバキスト)が独自に持つ事になる事が予想されるキーワード能力「サバキZ」を保有していますね。

 

サバキZについて

この能力は基本的に「S・バック―裁きの紋章」と考えて良いです。

あちらとの違いとしては、複数枚のシールドがブレイクされた時にサバキZ持ちのクリーチャーと裁きの紋章が同時に手札に加わった時に、手札に加わったサバキZの能力を起動できるという点ですね。

 

受け身な能力ではありますが、裁きの紋章でありシールド回収能力を持つ《巡ル運命ノ裁キ》との併用で能動的な発動も可能です。

 


巡ル運命ノ裁キ

光文明 コスト3 裁きの紋章 呪文

■相手のクリーチャーを1体選び、タップする。

■次の自分のターンのはじめに、カードを1枚自分のシールドゾーンから手札に加えてもよい。(このようにして手札に加えたシールドカードのS・トリガーを使ってもよい)

■この呪文を自分の手札から唱えた時、墓地に置くかわりに自分のシールドの上に表向きにして置く。(そのシールドの束は1つと数える)


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

全体的に見て

上記《巡ル運命ノ裁キ》との相性は最高の一言です。

3ターン目に運命ノ裁キを唱え、4ターン目の初めに自身を回収、回収した運命ノ裁キを捨ててサバキZを起動して絶十を召喚、そしてデッキトップをシールドに置く能力を適用すれば、4ターン目に7コストの光のカードをプレイする事が可能になりますね。

 

メタリカとして、そしてシールドゾーンの表側のカードを増やす関係から《煌龍サッヴァーク》は出す筆頭になりますね。

サッヴァークを出す事を考えると思い浮かぶのは《サッヴァークDG》ですね。

 

あちらは対ビートダウンにおいて最速での降臨をしやすいのですが、こちらはどちらかと言えば対コントロール系の方が出しやすくなりますかね。ビートダウン相手でも一応出しやすいです。

 ……というか、ビートダウンに対しては《ドラゴンズ・サイン》での降臨が狙える事を考えると、この先単純にサッヴァークの降臨を狙うだけであればはこちらが優先されそうな気がしてきますね。

 

その他相性の良いカードとしては、

  • 実質1コスト軽減となる上に1ドローまで付く《憤怒スル破面ノ裁キ》
  • 2枚のカードをシールドに置くために最大6コスト軽減になる《命翼ノ裁キ》と《サッヴァーク ~正義ノ裁キ~》
  • 次に光のカードを使うのであれば実質タダ撃ちになるサーチカード《剣参ノ裁キ》と、破壊耐性を与える《不滅ノ裁キ》
  • 直接的なシナジーこそ無いものの、《巡ル運命ノ裁キ》と相性が良い上に汎用性が高い《隻眼ノ裁キ》
  • 膨大なコスト軽減を狙う事ができる《ヴァリアブル・ポーカー》

あたりが挙げられますね。

基本的に、低コストでシールドゾーンにカードを置くことができる上にサバキZの対象となる裁きの紋章との相性は抜群です。この辺りもサッヴァークとの相性が窺えますね。

 

他にもシールドにカードを置く能力全般と相性が良いので、色々と試してみたいところですね。

 

当ブログが推したい《超運命アミダナスカ》とは良い感じです。

 


超運命 アミダナスカ

光文明 メタリカ/スペシャルズ

コスト6 パワー7500

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。

■自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、自分の山札から1枚目を見る。それが自分のシールドの数以下のコストを持つ光の呪文またはメタリカなら、コストを支払わずに使ってもよい。


 

 

www.dmasters-pohu.com

www.dmasters-pohu.com

 

シールド追加でコスト軽減をしつつ、踏み倒しまでできると相性が良いようにも思えます。しかし厄介なことに、アミダナスカの踏み倒し能力は「使う」なので、絶十の「次に使う光のカードのコスト」にカウントされてしまい、コスト軽減が不発となってしまいます。アミダナスカ自体裁きの紋章との相性がそれほど良くない点も合わさり、かゆい所に手が届かない感が強いです。

とはいえ相性が壊滅的かと言われればそうでもなく、コスト軽減を使いたいなら踏み倒しを見送れば良いだけの話であり、さらに言えば無色のメタリカを踏み倒す場合にはコスト軽減のストックを溜めたままにできるので、アミダナスカと併用する場合はその辺りに注意して組む必要が出てきそうですね。そもそもアミダナスカと《巡ル運命ノ裁キ》のデザイナーズコンボが強力な面もあり、併用も悪くは無いです。

 

上は、とある点に気づかなかった私の意見。

 

絶十のコスト軽減効果は「シールドゾーンにカードが置かれた時」というトリガー効果ですので、先にアミダナスカの踏み倒し効果を解決する事によって、踏み倒しとコスト軽減を併用する事ができます。絶十の効果でアミダナスカの効果を誘発する事も可能な上、どちらも《巡ル運命ノ裁キ》との相性が良い等、シナジーしている事がわかりますね。

 

防御札としても、最低限ギリギリの役割は果たしてくれます。

シールドの総数は増えないので、相手の打点要求値を増やす事はできませんが、絶十の出た時効果でS・トリガーを捲る事ができれば儲けものです。スーパー・S・トリガーを採用している場合、シールドの総数を増やす事が無い点もうれしい点ですね。

 

上手く守れてかつシールドが残った際や、《ドラゴンズ・サイン》や《ノヴァルティ・アメイズ》のボーナスでサッヴァークやオヴ・シディア等の大型を出す事ができた場合には、絶十のコスト軽減をうまく起点にして逆転を狙っていきたいですね。

 

総じて、デッキのコンセプトとして扱う事ができる上に防御札としての役割も併せ持つ、中々ユーティリティなクリーチャーだと言えるでしょう。

今後の裁きの紋章にも期待しましょう。

 

注意しておきたい点として、煌龍のドラゴン・W・ブレイカーでのコスト軽減はできない点が挙げられます。

……些細な問題な気もしますが。

また、この子を2体並べればシールドにカードを置くたびに6コスト軽減が行えるというインチキ効果へと早変わりします。《煌龍サッヴァーク》がいない状態では《"乱振"舞神 G・W・D》に一方的に打ち取られてしまうのでその辺りは考える必要がありますが、余裕があれば並べていきたいところです。

 

また、アミダナスカの所でちらっと挙げた通り、コスト軽減効果がストックされている時に光以外のカードを使った場合にコスト軽減のストックは消えない事を考えると、《エメラル》や《無法警報PSY》等、他文明のシールド追加やシールド交換との相性が良いですね。

 

そして、コスト軽減はすべての光のカードが対象になっています。バルカディアNEXだろうと《逆襲の支配者 ニュー・ディアボロス》だろうと《インビンシブル・オーラ》だろうと軽減が可能になるので、このカードを使う際には覚えておきたいところですね。

 

まとめ

新たなデッキタイプの可能性を見せてくれるかのような、面白いクリーチャーです。

サバキZや紋章の強化はこの先も続いていく事が予想される事もあり、将来性もあるクリーチャーなので、メタリカやサッヴァークが好きな方は注目して置いてほしいクリーチャーですね。

私もこの子を使うデッキを模索中です。(というかデッキ自体は完成していて、現在調整段階です)

また大会で優勝したり、CSでこのデッキを握る事があればその時に。

 

以上。マフィ・ギャング使ってみたいポフルでした。