ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ナ・チュラルゴ・デンジャー》考察―トラップサポートは優良【デュエル・マスターズ】

 

 


ナ・チュラルゴ・デンジャー

自然文明 グランセクト/ジャイアント

コスト7 パワー12000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《トラップ》とある呪文を唱えた時、自然のコスト6以下のクリーチャーを1体、自分の手札またはマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。

■T・ブレイカー


ナチュラル・トラップ

自然文明 コスト6 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを1体、持ち主のマナゾーンに置く。


 

考察

トラップサポートのツインパクトですね。

配信の時には割と語ってたかもしれないです。

 

クリーチャー面

コスト7のパワー12000のマッハファイター。さらに出た時に自然のコスト6以下を出す……と、中々良いスペックのクリーチャーですね。さらにトラップ呪文を使った際にもクリーチャーの踏み倒しが可能です。

 

コスト7以下でパワー12000のマッハファイターとしては癖のない能力で、今までのグランセクトデッキにもすんなり入りそうです。

バードリアントのデッキでも、バードリアントからこの子を出し、各種コッツナを出してさらに展開……という動きが可能になっています。

 

また、最近の踏み倒しカードによくある傾向ですが、進化クリーチャーも踏み倒せるようになっています。

踏み倒す候補が多いのは嬉しいところですね。

 

同じような踏み倒し能力を持つ《リ・ハナッキ・パンツァー》と比べた場合、コストの低さに範囲の広さ、バトルを介することなく踏み倒しができる点や、後述のツインパクトである点辺りで優っています。

……この先リハナッキが使われることはなさそうですね。デザインが好きなだけに少し残念です。

 

そしてさりげなくジャイアントです。

《西南の超人》から綺麗につながるコストというのは中々魅力的です。踏み倒しに関しては、コスト7以上の優秀なファッティを踏み倒せない点が気になりますが、最近では軽量〜中量にも良いものが増えてきた現状を考えればなかなか心強いのではないでしょうか。⦅鯛焼の超人⦆を出してマナを回復し、ドルゲーザを出すという攻撃的な動きも可能ですね。《仁王の超人》を出して大型ジャイアントの登場に備えるという動きも可能です。ジャイアントデッキにはうれしいクリーチャーではないでしょうか。

 

トラップ呪文も、中々良い物が揃っています。

特に《フェアリー・トラップ》は、大型クリーチャーを多く採用するデッキにおいてマナブーストと除去を兼ねる事ができる汎用性を持ち合わせています。3コストと軽量である点や、トリガー持ちという点も見逃せません。

《リーフストーム・トラップ》も、序盤は自分のクリーチャーを使ったマナブーストと捉えたり、クリーチャーをほとんど使わないデッキでは単に2コスト少ないナチュラル・トラップと捉えたり、《ナ・チュラルゴ・デンジャー》が場に出た中盤以降はコスト6以下のクリーチャーの出た時効果を再利用するためのカードとしても採用できそうです。

 

総じて、自身の能力がかなり強力という点、そしてトラップ呪文の充実度からサイクル中でも強力なスペックを秘めているという印象ですね。

 

呪文面

シンプルなマナ送りです。

闇や火を入れないデッキにとっては貴重な除去札で、使いやすい能力です。

とはいえ最近では《ゼノゼミツ》のように相手クリーチャーを破壊するトリガーも増えてはいるので、普通に破壊するのとマナ送りの違いについては軽く覚えておくと良いでしょう。

 

ツインパクトとして

何度も言いますが、片面がS・トリガーのツインパクトというのはそれだけで魅力的です。

そしてこちらは両面とも心強い能力を秘めており、かなり優秀な部類のカードだと言えるでしょう。

さらに、パワー12000以上のトリガーカードという事で、《ゼノゼミツ》や《タマタンゴ・パンツァー》と共に《ボント・プラントボ》等のパワーを参照するカードを邪魔する事がありません。

 

クリーチャー面で「サイクル中でも強力なスペック」と書きましたが、ツインパクトカードとして見た時でも、サイクル中強力な部類に入るスペックだと言えるでしょう。

 

 

まとめ

 全体的に見て、とにかくカードパワーの高さがうかがえるSRらしいカードですね。

 

もうこのカードが採用されたデッキが入賞を果たしているらしく、将来が楽しみなカードですね。

 

以上。この子が手に入ったらまたグランセクト使いたい。ポフルでした。