ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ドンドド・ドラ息子》考察―久しぶりな火ジョーカーズのサポート【デュエル・マスターズ】

有色ジョーカーズってどこまで出るんだろう……ポフルです。

火文明に関しては切り札家の宿命として、勝負くんや勝太くん、そしてるるちゃんと考えるとすべての文明を使う事も考えられるわけで。

 

ひとまず今は火文明。

火文明ジョーカーズのサポートである《ドンドド・ドラ息子》を考察しましょう。

 

 

 

カード情報

 


ドンドド・ドラ息子

火文明 ジョーカーズ

コスト4 パワー2000

■自分の手札にある火のジョーカーズすべてに、「J・O・E 2」を与える。(「J・O・E 2」を持つクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、それを山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中からジョーカーズを1枚、自分の手札に加えてもよい。その後、残りを山札の一番下に置く。


 

考察

自分の手札の火文明ジョーカーズクリーチャーに「J・O・E 2」を与える能力と、出た時にジョーカーズ1枚を手札に加える能力を持ちますね。

 

目玉である前半の能力よりも先に後半の効果に注目しましょう。

地味ながら強力で、要は「呪文もサーチ対象となった《ジョジョジョ・ジョーカーズ》効果」になっていますね。

出ただけで1枚手札補充できる能力は、《ゼロの裏技 ニヤリー・ゲット》を失うジョーカーズにとって、もう少し捕捉するならニヤリーゲットが元々使いにくかった火文明ジョーカーズにとっては、手札を減らさずにクリーチャーを展開できる貴重な能力です。しかも加えるカードはある程度融通が利くといたせりつくせり。

1コスト上には《ガヨウ神》や《ヘルコプ太》と言った優良ドローソースも存在していますが、むしろそれらを手札に加える目的で採用するのも悪くはないでしょう。

何より本命は前半の効果。その効果のおまけとしてこのサーチ能力は中々贅沢なクリーチャーだと言えますね。

 

前半の効果について

言ってしまえば、ジョーカーズ版《"真友"チュリス》とでも言うべきでしょうか。

 スピードアタッカーの付与が無い事と火文明ジョーカーズの特性を考えると、こちらの方がコンボ向きと言えそうですね。

 

このJ・O・E能力付与は、既に「J・O・E」を持っているクリーチャーにも有効との事で、すなわち《王盟合体サンダイオー》がコスト5で出てくるという事ですね。……まじかよ。

ヤッタレマンや総長のコスト軽減も合わせると、手札さえあればサンダイオーの大量展開なんていう夢の展開も実現可能かもしれませんね。

 

また、《メラビート・ザ・ジョニー》にもJ・O・E 2を付与する事が可能になりました。

マスター・W・メラビートは召喚時限定なので、さすがにメラビートを連鎖させる事は不可能ですが、単純にメラビートの召喚を早める事ができる点はうれしい所ですね。

 

その他、本来J・O・Eを持たないジョーカーズ達をメラビートで出す事ができるようになる点もうれしい所ですね。

メラビートで踏み倒したい、本来J・O・Eを持たないクリーチャーとしては

  • 癖はあるものの、出た時にクリーチャーを更に踏み倒してメラビートの全体除去の準備ができる《カツラデランス》
  • 相手を仕留めきらなかったターンの終わりに大量ドローを狙う事が可能な《ヤッタレ総長》
  • トリガー対策にも繋がる《おしゃかなクン》
  • サンダイオーの攻撃回数を増やす事が可能な《チョクシン・ゴー》
  • 超絶ロマンカード《伝説の決闘者》

あたりが挙げられますね。

 

 

単純に「全ての火文明ジョーカーズクリーチャーの召喚コストを2減らす」という使い方としてもかなり強力な部類ですね。スピードアタッカー持ちの火文明ジョーカーズクリーチャーをドンドン連打し、J・O・Eの能力によって手札を補充し……と、正統派ビートダウンのような動きが出きそうですね。この使い方の場合は《ヤッタレ総長》とも併用したいところですね。

 

 

まとめ

メラビートを使ったコンボ、単純な展開補助……と、色々な扱い方が考えられるクリーチャーです。

ニヤリーゲットに規制がかかる今、無色で統一する意味が薄れている現状、火文明のジョーカーズにも注目が高まっています。そんな中でこの優良サポートという事で、火文明ジョーカーズにさらに注目が高まりそうですね。

 

 

以上。光文明ジョーカーズとかでないかな……。ポフルでした。