ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《陀修羅コブラ》考察―コブラじゃねーか!【デュエル・マスターズ】

 一時期、腕が3本欲しいと思った事があるポフルです。いやほんとうに。指揮者やる時に2本じゃ足りないと思った事が何度もあったんですよ。

 

さて、今回は、《阿修羅ムカデ》の派生と言えそうなクリーチャーがまたクエストパックに収録されるという事で、そちらの考察をしていこうかと思います。

 

 アニメにて登場しましたね。いったいどんなムカデなのでしょうか。

 

 

 

カード情報

 


蛇修羅コブラ

闇文明 マフィ・ギャング

コスト8 パワー9000

■ブロッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。

■W・ブレイカー

■自分のターンのはじめに、このクリーチャーが墓地にあれば、自分の他のクリーチャーを3体、墓地から山札の一番下に置き、自分のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。


 

 

考察

 

コブラじゃねーか!

 

墓地から自身を場に出す効果に、相手のクリーチャーを破壊する能力がありますね。内容固定パックとはいえ、SRとしては少し物足りない気もしてきます。

 

特筆すべきはその速さとコンボ性です。

バトルゾーンと墓地にカードが揃えば何ターン目だろうと場に出す事ができる速さ、そして自身のクリーチャーを破壊する能力によって破壊時効果を使用する等、様々なコンボが考えられそうです。

 

速さに関して言えば、1ターン目に《ブラッディ・クロス》で、2ターン目にアツトやノロン↑あたりを出してコブラ含むクリーチャーを計4体墓地に送ってあげれば3ターン目にバトルゾーンに出す事が可能です。……とはいえこの方法はそこまで現実的でないので、4ターン目に出すのが妥当な所でしょうか。

パワー9000のクリーチャーがここまで早期に出てきてくれるのは中々嬉しい所です。

 

コンボ性としては、マフィ・ギャングではお馴染み《魔薬医 ヘモグロ》を始め、強力なハンデス効果を持つ《キラードン》、破壊効果を持つ事で後述のコブラの破壊効果をサポートできる《凶鬼56号 ゴロン》や《阿修羅ムカデ》、コンボ向きの《凶鬼34号 バッシュ》等様々なクリーチャーとのシナジーが期待できます。スーサイド戦術が得意なマフィ・ギャングらしいと言えますね。

 

また、コンボ性に関してもう少し捕捉するならば、早期にコスト8のクリーチャーをバトルゾーンに出せる点に注目したいところですね。《蝕王の晩餐》との相性はそこそこと言ったところで、コスト9のクリーチャーで優秀な《FORBIDDEN~禁断の星~》や《奈落の葬儀人デス・シュテロン》、《偽りの王 ヴィルヘルム》等を早期にバトルゾーンに出す事が可能です。ただし、コブラの自己再生能力で墓地のカードを減らす事になるのでそれなりに多く墓地を肥やす事ができる構築が求められるでしょう。

殿堂カードですが蝕王と同じような踏み倒し効果の《ヒラメキ・プログラム》との相性も挙げておくべきでしょう。

2ターン目にノロンを出し、3ターン目に《シモーヌ・ペトル》や《貝獣アホヤ》で墓地にコブラとクリーチャー3体を送り、4ターン目に蘇生。そのターン中に何か蘇生させたいコスト9クリーチャーを墓地に送って次のターンに《蝕王の晩餐》を撃つのか、墓地肥やしを考えずに《ヒラメキ・プログラム》を撃つのか。

墓地退化と比べると安定性と速さで劣りそうですが、こちらはコブラさえ出してしまえばそのままコブラで攻めるか守るかすることができるという点で優っていますね。オーリリア1枚で止まらないのはうれしい所でしょう。

 

ついでのように付いているブロッカーですが、大型クリーチャーの攻撃を受けて墓地に送られつつ、次のターンには復活してまた相手の攻撃を防ぐことができる……と、自己再生効果との組み合わせが嬉しいですね。この使い方の場合は、自己再生のためのコスト無し即座に蘇生してパワー低下を放ってくれる《阿修羅ムカデ》の方が強く見えますが、前述の通りコンボ向きのクリーチャーが対ビートダウン性能も一緒に持っているという点が《阿修羅ムカデ》に勝る点ですね。

 

そして忘れてはいけない相手クリーチャーの破壊効果ですね。

相手に選ばせる除去なので小回りの利かない部分はありますが、アンタッチャブルも破壊できる点はうれしい所です。踏み倒し前提のクリーチャーなので、現在アンタッチャブル代表となっている《異端流しオニカマス》を狙い撃ちしにくい点は気になりますが、何度も自己再生を繰り返すという性質上、「何度も能力を使ってアンタッチャブルを破壊する」という使い方をしやすい点は評価点です。

《堕魔 ドゥポイズ》でコブラを破壊して更なる破壊をねらうなり、先に《キラードン》である程度掃除して置くなりしておけば、この破壊効果も有効活用しやすくなるでしょう。

 

自己再生ばかりに注目しましたが、闇文明、コスト8、マフィ・ギャングという点から蘇生手段が豊富という点も忘れてはいけませんね。《戒王の封》をはじめ、《阿修羅サソリムカデ》や《七王の円卓》あたりから蘇生できるので、自己再生能力を使わずにこれら効果で蘇生させる事も視野に入れていいでしょう。

 

まとめ

総じて地味な印象を受けるカードですが、コンボ性とビートダウン耐性の両方を獲得しているクリーチャーというのは心強い点ですね。

闇文明らしく使い辛い故に、ぜひとも使いこなしたいカードと言えそうです。

 

 

以上。あんまりコブラって知らない。ぽふるでした。