ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》考察―色々未知数【デュエル・マスターズ】

グランセクト久しぶりに使いたい。ポフルです。

シルキードとかマスティンとか使いたくて使いたくて。

 

さて、今回はそんな私の欲求を満たしてくれそうな《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》の考察です。明日発売のクエストパックに収録されていますね。

 

 

 

 

カード情報

 


カブトリアル・クーガ

自然文明 グランセクト

コスト8 パワー13000

■マッハファイター

■このクリーチャーがバトルに勝った時、自分の山札から3枚を表向きにする。その中からクリーチャーを1体、自分の手札に加えてもよい。残りをマナゾーンに置く。

■T・ブレイカー


ミステリー・ディザスター

自然文明 コスト5 呪文

■自分の山札をシャッフルする。その後、上から1枚目を表向きにする。それがクリーチャーなら、バトルゾーンに出す。それ以外なら、自分のマナゾーンに置く。


 

 

考察

 

クリーチャーとして

8コストのマッハファイターで、バトルに勝てばデッキトップ3枚の内クリーチャー1体を手札に加えても良く、加えなかった残りをマナゾーンに置くという、ビッグマナに相応しいクリーチャーですね。

2コスト下には同じ条件で大量のマナブーストができる《ドルツヴァイ・アステリオ》が存在していますが、パワーが変動しない点と手札を1枚増やせる関係からより安定した運用が可能になっていますね。この効果を適用して《轟破天九十九語》を手札に加えつつ、それを唱えることができる10マナに到達することが可能です。

ただ、マナブーストを加味しても8コストという重さは無視できないです。ドルツヴァイはもちろん、6コストの《コレンココ・タンク》や《トテントンタン》の方が使いやすいという場面の方が多いかもしれません。

 

どちらかといえば、強力な呪文面をメインとして採用しつつ、こちらは使えればラッキー程度の考えで使うのが良さそうですね。

 

呪文として

悪名高き《ミステリー・キューブ》からS・トリガーが無くなった物ですね。

S・トリガーが無くなった点は大きく、キーカードでありながら最悪の場合のトリガー枠としての活躍が出来なくなっているのはやや致命的です。

ただし、能力自体が強力なのは間違いありません。運任せのカードではありますが、高コストのクリーチャーを多く採用したデッキに入れて活躍させたいところですね。

 

踏み倒すクリーチャーについては特に説明する必要もないでしょう。文明やコスト、進化かどうかなどの条件は一切ないので、めっちゃ名前長いやつからジ・アンサーまでなんでも出せます。墓地の呪文を再利用できるようなカードを使えばさらに展開できますね。

ただ、最近増えてきた召喚時にのみ能力を使えるクリーチャーをデッキに採用している場合は注意が必要です。

 

 

ツインパクトとして

全体的にみて、「とにかく未知数なカード」ですね。

どちらの面も能力自体は強力なので、デッキ構築の時点でどれだけスムーズな使用ができるようになるのかが課題になるでしょう。

 

とはいえ《ミステリー・キューブ》の弱点だった……のかもしれない点として、

「デッキのコンセプトとしようとした場合には自身が捲れた時にマナブーストにしかならない為、4枚積んだ時には踏み倒し失敗の可能性が上がる」という点がありました。ミステリー・ディザスターはツインパクトである点がしっかりカバーしている点が嬉しいですね。

 

「ミステリーキューブを早期に撃てるような構築にした場合に《ミステリー・キューブ》で大型クリーチャーを踏み倒せる可能性」というのは、《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》や《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》あたりの「《大型クリーチャー/小型ブースト呪文》のツインパクトカード」の存在のおかげで大幅に上昇させる事ができるので、以前よりも安定性自体は高くなってそうです。《ルツパーフェ・パンツァー》とも相性が良いですね。

 

ディザスターでカブトリアルを踏み倒した場合、マッハファイターで自身の能力を起動できた場合には次のターンに8マナ帯に届くという嬉しさもあり、高レアリティツインパクトカード特有の「同名カード2枚でシナジーを形成する」というところも見受けられますね。次のターンにバードリアントに進化して殴って更なる展開を……というデッキも面白そうです。

 

グランセクト的には、パワー12000以上でありながら中盤に大型クリーチャーの踏み倒しができる……と考えると中々嬉しいクリーチャーですね。

 

まとめ

実力そのものはしっかりしているので、あとは5コストというコスト帯、そして不確定である点をどうとらえるのかがカギでしょうか。

上手く扱う事ができれば強力である事は間違いないので、試行錯誤してみるのも面白いでしょう。

 

 

以上。マスティンで使いたい。ポフルでした。