ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《暴走機 "F-亞"》考察―ビートジョッキー強化というよりむしろ……【デュエル・マスターズ】

夏真っ盛り。暑いのはちょっと困る。ポフルです。

とはいえ夏と言えばクロニクルデッキがあったり全国大会予選がある……んだよね?……だったりとデュエリストとしては忙しい時期に分類されますね。

 

 

さて、今回はそんな夏にぴったりかもしれない火文明クリーチャー《暴走機 "F-亞"》の考察です。

昨日の記事で予告した通りです。ええ。

 

 

 

 

カード情報

 


暴走機 "F-亞"

火文明 ビートジョッキー/ソニック・コマンド

コスト5 パワー5000

■G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、このクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚選んでもよい。そうしたら、残りをすべて捨て、そのターンの終わりにカードを2枚引く。


 

考察

G・G・Gによってスピードアタッカーを得る、コスト5のコマンドですね。

単純にそれだけであれば他のコスト5スピードアタッカーで良いという話になるのですが、この子の真価は特殊な手札交換効果にありますね。

 

手札を1枚残して一度すべての手札を捨てる事になるので、手札がどれだけ溜まっていたとしても強引にG・G・Gの条件を達成する事が可能になりますね。

中盤以降に"轟轟轟"ブランドの条件を強引に満たす使い方も可能になります。

 

 


"轟轟轟"ブランド

火文明 ビートジョッキー

コスト7 パワー9000

■マスターG・G・G(ゴゴゴ・ガンガン・ギャラクシー):自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火文明のカードがあれば、カードを1枚引いてもよい。その後、自分の手札を好きな数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。


 

www.dmasters-pohu.com

 

そしてターンの終わりの2枚ドローによって強引に減らした手札を回復し、次のターンに備える……と、G・G・Gとの併用によって中々トリッキーな使い方もできますね。

G・G・Gの使用を前提とする場合、《ボワー汽艦ゴリンゴリ》や《バング"BNG"ボンゴ》よりも扱いやすい手札交換になりそうです。ゴリンゴリともう一つ違う点としては、ターンの終わりまでに除去されたとしてもドローできる点でしょう。

 

明確な欠点としては、手札がこの子1枚の時に出した場合にはドローできないという点ですね。G・G・G状態を維持するのに拘らない場合にはゴリンゴリやボンゴを優先しても良いのかもしれません。

 

コマンドである点

何より注目したいのは、コマンドであるという点ですね。

レッドゾーン関連への侵略が可能です。

 


轟く侵略 レッドゾーン

火文明 ソニック・コマンド/侵略者

コスト6 パワー12000

進化クリーチャー

■進化―自分の火のクリーチャー1体の上に置く。

■侵略―火のコマンド

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、一番パワーが大きい相手のクリーチャーをすべて破壊する。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

手札を1枚以下にしなければスピードアタッカーを得ることができないため、一度に何枚もの侵略ができないという明確な欠点こそありますが、ターボ3に頼ることなく後続のカードを手札に持ってくることができる点はそれを補って余りある点ですね。前述の通り、除去を受けても手札補充はできるという点も素晴らしいです。

 

一度の複数侵略ができない欠点はレッドゾーンXとの併用で回避が可能です。その辺りを考えると赤黒での活躍が主になるでしょうか。

 


禁断の轟速 レッドゾーンX

闇/火文明 ソニック・コマンド/S級侵略者/イニシャルズ

コスト6 パワー8000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■進化―自分の闇または火のクリーチャー1対の上に置く。

■S級侵略[轟速]—闇または火のコマンド(自分の闇または火のコマンドが攻撃する時、自分の手札か墓地、またはバトルゾーンにあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1対選び、相手はそれに封印を1つ付ける。


 

 

ターボ3に頼ることなく……とは言いましたが、併用することでターンの終わりに手札が5枚になるというおかしなアドバンテージを生み出すことも可能です。手札を大幅に増やせるバイク。怖くない??

 


超音速 ターボ3

火文明 ソニック・コマンド/侵略者

コスト5 パワー7000

■進化―自分の火のクリーチャー1体の上に置く。

■侵略―火のコマンド

■W・ブレイカー

■このクリーチャーの攻撃の終わりに、自分の手札をすべて捨ててもよい。そうしたら、カードを3枚引く。


 

これだけ手札を増やす事ができるのであれば、《伝説の禁断 ドキンダムX》を使わない赤黒レッドゾーンも使う事ができるのかもしれません。テック団等で無理やり封印を外されてそのまま除去されてゲームエンドの危機を回避する事ができますね。

オールデリートに対して何も対抗手段が無いという事でもあるので何とも言えませんが。

 

 

ただし、コスト5のスピードアタッカーコマンドとしては他に《轟速 ザ・マッハ》が存在している事を忘れてはいけません。

 


轟速ザ・マッハ

火文明 ソニック・コマンド/侵略者

コスト5 パワー5000

■スピードアタッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から進化クリーチャーを1体、自分の手札に加えてもよい。残りを好きな順番で山札の一番下に置く。


 

スピードアタッカーの条件が無い点や、より確実に侵略先を確保できる点が、マッハの明確な利点になっています。

前述のレッドゾーンXやターボ3との併用を主として考えるのが良いでしょうか。

 

まとめ

G・G・Gと相性の良い形での手札補充能力と、レッドゾーンとの相性が良いスペックで、この先のデッキ構築の幅が広がりそうなスペックだと言えますね。

 

以上。友達のレッドゾーンが強化されるのでは……?ポフルでした。