ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《グッド"MSL"バウンサー》考察―G・G・Gだけじゃないと思わせてくれるジョッキー【デュエル・マスターズ】

デュエマの全国大会の詳細ポスターが貼ってあったので、もしかしたらまた今年も色々頑張るかもしれないポフルです。

去年はジョッキーでしたが、今年はどのデッキで出る事になるのか。

 

 

さて、今回はそんなビートジョッキーより《グッド"MSL"バウンサー》の考察ですね。

 

 

 

 

カード情報

 


グッド"MSL"バウンサー

火文明 ビートジョッキー

コスト8 パワー11000

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■自分のターン中、自分のクリーチャーは破壊されず、自分はゲームに負けず、相手は勝てない。


 

考察

ビートジョッキーの大型としては珍しく、B・A・Dを持っていないクリーチャーになります。そして更に珍しい能力として、敗北回避効果を持っていますね。

 

B・A・Dを持たないという事で、基本的には《"末法"チュリス》や《"必駆"蛮触礼亞》での踏み倒しを考えたいですね。

 


"必駆"蛮触礼亞

火文明 コスト5 呪文

■B・A・D・S 2(この呪文を、コストを2少なくして唱えてもよい。そうしたら、自分の手札を1枚捨てる)

■ビートジョッキーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選ぶ。その2体をバトルさせる。そのターンの終わりに、その出したビートジョッキーを破壊する。



"末法"チュリス

火文明 ビートジョッキー

コスト6 パワー3000

■B・A・D 1 (このクリーチャーを、コストを1少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。その中からビートジョッキーを1体バトルゾーンに出してもよい。残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。このターンの終わりに、そのビートジョッキーを破壊する。


 

能力としては、自分のターン中に自軍全体を破壊されなくする効果、そして自ターン中のみ敗北を回避する能力ですね。

この子が存在している限り、例え自分フィールドのドキンダムXが場を離れようと負ける事は無いという事です。ターン渡せば負けますが。

 

破壊耐性

破壊耐性に関しては、《"必駆"蛮触礼亞》等で早期に出す事に成功すれば後続のB・A・D持ちクリーチャーがノーリスクでコスト軽減ができるようになるという事になりますね。B・A・Dを多用する《"罰怒"ブランド》軸のビートジョッキーではかなり嬉しい効果です。B・A・Dの弱点だった「アドバンテージを犠牲にするために、通常の速攻よりも後半に弱い」という欠点を盤面維持によって克服してくれますね。

 


"罰怒"ブランド 

火文明 ビートジョッキー

コスト7 パワー9000

■マスターB・A・D(このクリーチャーのコストを2少なくし、さらにこのターンに召喚した自分の他の火のクリーチャー1体につき追加で2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、このクリーチャーのコストは0以下にならない)

■W・ブレイカー

■自分の火のクリーチャー全てに「スピードアタッカー」を与える。


 

 

B・A・D持ちの大半と相性の良い効果になるので、この先《"必駆"蛮触礼亞》と共にB・A・D持ち大型クリーチャーをどんどん展開するデッキが組めますね。特にイチオシは味方も自分も破壊される事無く相手のすべてを壊す《"滅砲"戦車ヘビーベビィ》ですね。自軍が破壊されない11999の全体火力を放つT・ブレイカーが最短4ターン目に降臨すると。悪夢か。やってみたいわ。

 


"滅砲"戦車 ヘビーベビィ

火文明 ビートジョッキー

コスト9 パワー12000

■B・A・D 2(このクリーチャーをコストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)

■スピードアタッカー

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーよりもパワーの低いクリーチャーをすべて破壊する。


 

www.dmasters-pohu.com

 

また、《"血煙"マキシマム》の身代わりとなるビートジョッキーを減らす事無くB・A・Dを適用させる事も可能になったというのも大きい気がします。

 

 


"血煙"マキシマム

火文明 ビートジョッキー

コスト8 パワー8000

■B・A・D 3

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが破壊されるとき、代わりに自分のビートジョッキーを1体破壊してもよい。

■自分がゲームに負ける時、または相手がゲームに勝つ時、かわりにこのクリーチャーを自分の山札に加えてシャッフルしてもよい。そうしたら、このターン、自分はゲームに負けず、相手はゲームに勝てない。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

ただし、唯一《勝利龍装 クラッシュ"覇道"》との噛み合わせは悪いです。

殴り返し耐性を持つファッティとして扱えば良い話ではあるので、決して100%噛み合わないという事もないのですが。

 


勝利龍装 クラッシュ"覇道"

火文明 ドラゴンギルド/ビートジョッキー

コスト10 パワー9000+

■B・A・D 2

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが破壊された時、タップしていたら、このターンの後で自分のターンをもう一度行う。

■バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

単純に、破壊系のトリガーを回避する事にも繋がりますね。

破壊系以外のトリガーを持たない相手の場合は見た目以上の活躍をしてくれるでしょう。火文明や闇文明あたりに強いですね。

 

 

敗北回避効果

自身の敗北、及び相手の勝利を回避する能力も持っていますが、自分のターン限定なので、対ビートダウンよりも対コンボデッキ系に強い効果になりますね。

 

サソリムカデを使うループデッキが相手の場合、シールドブレイクしたら「《戒王の封》を踏んだらそのターン中に負けていた」という展開もあり得るので、その回避に繋がりますね。……とはいえループを止める事自体はできないので、「シャコガイル登場までループさせられてクロックで一旦そのターンを強制終了させられ、そのまま次のターン中にシャコフィニッシュ」という展開は目に見えているので、この対策としては微妙な所ですね。何も対策しないよりはマシくらいでしょうか。

通常環境においてはマグナムと一緒に採用しておけば、一応ループ回避はできますね。

 

全体的に見て

破壊効果も敗北回避効果もビートジョッキーの縛りは無いので、マナ加速ができるようなデッキでの採用も考えられます。

相手ターンでの特殊勝利を狙うデッキ対策や、破壊系トリガーが大流行りしている環境では採用できるかもしれません。ただし、直接呪文やクリーチャーの効果を防いだ方が有効な場面も多いので、その辺りは考えるべきでしょう。自分のクリーチャーを破壊するのがデメリットとなっているようなカードとの組み合わせを考えたいですね。

 

まとめ

B・A・Dを持たない大型ビートジョッキーです。

早期に踏み倒す事ができれば、B・A・Dとの組み合わせや特殊勝利耐性によって今までのジョッキー以上に持久力と対応性のあるジョッキーが楽しめそうですね。

 

 

以上、……グランセクトで出てしまおうか……ポフルでした。