ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ゼンメツー・スクラッパー》考察―これが現代の全体火力だ【デュエル・マスターズ】

2ブロックのS・トリガー事情が気になる。ポフルです。

個人的に、S・トリガーの選択はデッキ構築のセンスが一番問われる部分かなと思います。

 

ということで今回はクエストパック収録の新規S・トリガー《ゼンメツー・スクラッパー》を考察していきましょう。

 

 

 

カード情報

 


ゼンメツー・スクラッパー

火文明 コスト3 呪文

■S・トリガー

■相手のパワー2000以下のクリーチャーをすべて破壊する。


 

考察

新規スクラッパー呪文であり、更に《スーパー・バースト・ショット》、そして《ハンマー・ストライク》の完全上位互換と言って良い呪文になりますね。この先はガチロボのようなコストでの差別化ができない限り、ゼンメツーが使われる事になるでしょう。

 

3コストで2000の全体火力は強力の一言です。

特に新章デュエル・マスターズの種族たちは大抵「一番隊を軸にして軽量級を横に並べる」という戦術を軸とし、低パワーのクリーチャーを並べる事が多く、この呪文が刺さる相手も多いと言えるでしょう。

 

 

《チョコっとハウス》《洗脳センノー》「そう(でざんす)ね」

《ニクジール・ブッシャー》《"轟轟轟"ブランド》「そうだな」

《"龍装"チュリス》《蒼き団長 ドギラゴン剣》「うむ」

 

 

……逆に言えば、

こいつらがメジャー過ぎるからこそ、この軽さが許されるという事でしょう。

これが《腐敗聖者ベガ》とかの低パワークリーチャーが最強の時代であったならばヤバかっただろうなと思わせてくれますね。

 

なんとなく、「ガンバトラージョーカーズが幅を利かせていたからこそ開発された呪文」的な背景がありそうで、私も情報が解禁された時にはそのメタとしての使用を考えていたのですが、大問題としては「そのガンバトラーがニヤゲ規制によってメジャーでは無くなりそう」という点ですかね。

 

上記の通りパワー2001以上で早期ターンから展開できるカードというのは増えてきており、そういったカードを使うデッキがメジャーになっている現状、この全体火力が役に立つ場面は少なくなりそうではありますね。

ただし、ガンバトラージョーカーズのように「横に小型を並べて勝負を決めるデッキ」がまた出てきた時には有効なトリガー枠兼序盤の盤面崩しとして採用率を上げそうです。

 

……なんというかこれを見ていると

5年後くらいには同コストで3000の全体火力とか出そう

 

とか思ってしまいますね。

 

 

スクラッパー呪文としては恐らく最軽量でしょう。かなり優秀です。

今後のスクラッパーサポートの研究によっては「序盤の盤面崩し&速攻対策&コンボパーツ」という3つの役割を持つ重要カードとして扱えるでしょう。

 

まとめ

とにかくコストパフォーマンスがすさまじい1枚ですね。

全体火力自体が相手のデッキを選ぶので、その時の環境をしっかり踏まえて選択していきたいところですね。

 

以上。全国大会のデッキ分布も気になってくるポフルでした。