ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《堕魔 ジグス★ガルビ》考察―実用的なムーゲッツ、派手な魔道具。【デュエル・マスターズ】

実用的なムーゲッツの登場は彼女が喜びそうなのでもっとしてほしい。ポフルです。

あのイラストはなんだか女性うけしそうな。

 

今回は《堕魔 ジグス★ガルビ》の考察です。クエストパックのSRですね。

 

 

 

カード情報

 


堕魔 ジグス★ガルビ

闇文明 マフィ・ギャング/魔道具/ムーゲッツ

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■自分の「無月の門」能力を使った時、このクリーチャーを自分の墓地からバトルゾーンにタップして出してもよい。


 

考察

初の「ムーゲッツ」と「魔道具」の2つの種族を持つクリーチャーですね。

ムーゲッツ特有の自己再生効果もしっかり持っています。

 

全体的に淡泊です。

自己再生効果はタップインを強制され、他に持っている能力もW・ブレイカーのみ。パワーも6000と最低限はありますが、最低限しかないともとらえられてしまいますね。

 

ただ、「自己再生する2打点持ちの魔道具」という点は中々無視できない利点ですね。

魔導具だけでは揃えにくい打点の補強、以前ムーゲッツである《ハク★ヨン》の考察を行った際に少し語った殴り返しによる制圧や、無月の門を連続で開く為の補助等、様々な役割を持つ事ができますね。

ターン終了時に無月の門・絶を使って《卍月 ガ・リュザーク 卍》を降臨させ、それをトリガーにしてガルビを蘇生、この時にフィールドと墓地に2体ずつ魔道具を揃えることができていれば《卍 デ・スザーク 卍》等の通常門を開くことが可能になります。このコンボは、墓地にガルビ2体含む魔道具が10枚あれば何もせずとも成立しますね。冷静に考えればやばい話ですよね。

 


卍月 ガ・リュザーク 卍

闇文明 マスター・ドルスザク/マフィ・ギャング

コスト9 パワー11000

■無月の門・絶:各ターンの終わりに、自分の魔道具をバトルゾーンまたは墓地から合計6つ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら6枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■相手のターンのはじめに、相手は自身のマナゾーンのカードを3枚までしかアンタップできない。


卍・獄・殺

闇文明 コスト9 呪文

■クリーチャーをすべて破壊する。

■すべての墓地にあるカードが合計13枚以上であり、この呪文が自分のシールドゾーンにあれば、この呪文は「S・トリガー」を得る。



卍デ・スザーク卍

闇文明 マスター・ドルスザク/マフィ・ギャング

コスト8 パワー9000

■無月の門:自分の魔道具をバトルゾーンに出した時、自分の魔道具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚以上の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体破壊する。

■このクリーチャーの下に4枚以上カードがあれば、相手のクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。


 

 

基本的に手出しするメリットが薄く、コストも魔道具にしては高めなので、他の便利な魔道具よりも優先して採用するメリットは薄いのかもしれません。しかし、独自のメリットはしっかり持っており、特に連続で門を開くことができる様子は流石はSR魔導具と言ったところでしょう。他の魔導具よりも派手なコンボが期待できますね。

 

まとめ

 全体的に地味な印象ですが、実際に動かしてみると、ムーゲッツにしては珍しい実用性と、魔道具にしては派手なコンボを実現できる中々面白いカードと言えそうです。

 

特に「魔道具デッキにドラグナーやサイキックなんて邪道だ」と考える方にはお勧めしたいクリーチャーですね。

 

以上。この調子でカッコいいサバキストも……ポフルでした。