ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《インパラスカス》考察―すごく色々考えたい【デュエル・マスターズ】

勝利至上主義を否定はしませんが、どうせならカッコいい勝利を目指したいポフルです。

なんだろう、100回の勝利よりも記憶に残る1回の勝利みたいなのを目指したいです。

 

 ……と、そんなロマンチスト染みた私が今回考察するのは、クエストパック収録の《インパラスカス》ですね。

 

 

 

 

カード情報

 


インパラスカス

自然文明 グランセクト

コスト2 パワー2000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■このクリーチャーの上に、どの文明のNEOクリーチャーまたは進化クリーチャーを置いてもよい。


 

考察

ついに出ました《無垢の宝剣》の文明指定バージョンですね。

ピンとこない方の為に言い変えるなら、文明指定となった《レオパルド・グローリーソード》《メガ・イノセントソード》を内蔵したクリーチャー、《式神イノセント》が文明指定になってメタモーフの条件が消えたものと言えば伝わるでしょうか。

 

上記カードの裁定から考えるに、「どんな進化クリーチャー及びNEO進化クリーチャーの進化元にもなる」というものではなく、「他の文明から進化する進化クリーチャー及びNEOクリーチャーの進化元として扱える」という事になるでしょうね。

また、フィールド上にて適用される能力になるので、文明を指定するマナ進化や手札進化等の素材にはなれないという事も留意して置くべきでしょう。

 

強さという面ではともかく、「ダーウィン」という、《式神イノセント》が強力な種族指定進化クリーチャーの進化元になれる点に注目したデッキが作られている現状を考えると、この子を使う理由というのも色々出てくるでしょう。

 

また、コスト2のNEOクリーチャーという事から、進化状態で場に出せば究極進化クリーチャーの種にする事も考えられるでしょうか。この場合、盤面にクリーチャーが必要という点でマナ進化や墓地進化に劣りますが、進化元がどんなクリーチャーでも良いという点が嬉しい点でしょう。

 

色々考えられる使い方を羅列していきましょうか。

 

異文明から進化するクリーチャーのお供として

《大宇宙ジオ・リバース》と《大神砕シンリョク・ガリバー》のように、自然文明でありながら他の文明から進化するクリーチャーを、その他文明無しで運用する事ができるようになります。

結局他文明のカードが必要になる後者はともかく、前者に関しては中々面白い事ができるかもしれません。

グレート・グラスパー等のNEO進化クリーチャーをしたに重ねれば、中々除去し辛いクリーチャーとして場に残ってくれるかもしれませんね。

 

「ダーウィン」デッキのように、様々な文明進化クリーチャーを使い分けるデッキを組む

ダーウィンで使われる進化クリーチャーというのは、基本的に「出せば9割がた勝利確定」と言えるようなクリーチャーばかりです。その事を視野に入れた上で考えると、挙げられるのは以下の通りです。

 

  • 出た時に相手クリーチャーの全フリーズを行い、革命0で相手のあらゆる召喚を封じる《時の革命 ミラダンテ》
  • 出た時に全ハンデスを放ち、革命0適用時に攻撃すればシールドを全てブレイクしながらトドメを刺せる《魔の革命 デス・ザ・ロスト》
  • 革命2で出したターンから次の自分のターンのはじめまで、自身の敗北と相手の勝利を防ぎ、革命0で無限攻撃を可能とする《燃える革命 ドギラゴン》

 

……あんまりいませんね!!!!

というより、革命0前提のクリーチャーが多い気もします。

 

基本的には、2ターン目に適当なクリーチャー、3ターン目に《神秘の宝箱》で相手のデッキや状況に合わせたクリーチャーをマナに出しておき、5ターン目に《逆転のオーロラ》でマナブースト。5マナでインパラスカスを出して《母なる星域》でインパラスカスの上に上記のどれかを重ねて出すという戦術を基盤として、速攻相手に《オーロラピカンチ》やホーリー等を入れて対応させるなりするデッキというのが面白いですかね。インパラスカスのおかげでトリガー枠と進化クリーチャー以外のカードをすべて自然文明にできるので、デッキの安定性が上がりそうです。

 

強さ的には少々あれですが、「革命編ストーリーにおいて、革命軍のリーダー格だった革命0クリーチャー達が1つのデッキで共存できる」という点はうれしい所でしょう。

 

キズナデッキのお供として

当ブログが割と推しているキズナデッキにとってもうれしいかもしれません。

 

キズナデッキは一部例外を除いて「キズナコンプクリーチャーで自軍のキズナ能力を大連鎖させて圧倒的なアドバンテージを獲得しながら殴り続ける」「キズナコンプやキズナプラスで何かしらのコンボを構築して即死を狙う」というデッキになります。この時、単色で組む事も考えられることは考えられるのですが、2色以上で組み合わせた方が面白いコンボが構築できる事がほとんどでした。ただし、デッキのバランスに留意しなければ、肝心な時にキズナコンプ持ちやキズナプラス持ちの進化元が場にいないという状態が出てくるようにもなります。

 

インパラスカスの登場によって、自然文明のキズナ持ちを軸にしたデッキの場合、他の文明のバランスを考える負担が減る事が期待できるかもしれません。

 

ただし、デッキ全体のパワーは間違いなく下がります。

この子がいないと実現できないようなコンボを考えたいところでしょうか。

 

いっそNEOクリーチャーだらけのデッキで扱う。

NEOクリーチャーの中には、同パック収録の《潜水兎 ウミラビット》のように「NEOクリーチャーで殴る事でアドバンテージを得るカード」が各文明に存在しています。

具体的には、

  • 相手のデッキトップを墓地に送り、呪文なら唱える事ができる《潜水兎 ウミラビット》
  • シールドを増やす《気高き魂 不動》
  • コスト5以下の呪文を手札か墓地から唱える《魔法特区 クジルマギカ》
  • ランダムハンデス《マキャベリ・シュバルツ》
  • 単体3000火力《ランド覇車 ガンブルマン》
  • 殴るNEOクリーチャーよりもパワーの小さいクリーチャーをマナから踏み倒す《グレート・グラスパー》

ですね。

 

これらクリーチャーを2種類以上並べて、他のNEOクリーチャーで殴るというデッキを作る際、確実に混色デッキとなってしまい、文明進化が基本のNEOクリーチャーの進化元に困るという場面も多々ある筈です。

《インパラスカス》は、自身がNEOクリーチャーという点もあって、NEOクリーチャーの進化元、攻撃するNEOクリーチャーの2種の役割が期待できるでしょう。

汎用性の高いNEOクリーチャーも増えてきているので、いつかこういうデッキが実現できるかもしれませんね。

 

まとめ

はっきりと言ってしまえば、強くはないです。

積極的にアドバンテージを取りに行くカードではなく、ましてどんなデッキにも入るような便利な効果でもありません。

ただし、使えないかと言われればそうでもなく、この先進化クリーチャーやNEOクリーチャーの使い方で何かユニークなことができるような可能性は感じるカードと言えるでしょう。

 

使いやすいカードというより、使いこなしたいカードですかね。使いこなしている人を尊敬したくなりそうです。

 

以上。……使いこなしたい!!!!!ポフルでした。