ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《光サス奇跡ノ裁徒》考察―スパークサポート……もそうだけどやっぱり【デュエル・マスターズ】

スパーク呪文が割と好き。ポフルです。

なんだかんだでスパーク呪文のプッシュはうれしいんです。

 

今回はそんなスパークサポート《光サス奇跡ノ裁徒》の考察です。

 

 

カード考察

 


光サス奇跡ノ裁徒

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト10 パワー10500

■このクリーチャーを召喚するコストは、自分の墓地にある《スパーク》とある呪文1枚につき、1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない。

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、呪文を3枚まで、自分の墓地から手札に戻してもよい。


 

 

考察

墓地のスパーク呪文の数だけ自身のコストを下げる大型ブロッカーですね。

 

スパーク呪文には、序盤から撃つ事ができる《ロジック・スパーク》と《レインボー・スパーク》があるので、序盤の手札を整えつつこの子のコストを減らす事ができそうです。

特に対ビートダウンの場合、確実に1ターン稼ぐことができるスパーク呪文の性質も相まって見た目以上に素早く場に降臨させる事も出来るでしょう。手札に来てしまったトリガー前提のスパーク呪文を《エマージェンシー・タイフーン》で墓地に落とす等、更に素早く出す方法も色々考えられますね。

 

とはいえ、やはり基本的には《ヘブンズ・ゲート》での降臨が考えられるでしょう。

 

単純に《ヘブンズ・ゲート》+何枚かの呪文を回収できる大型ブロッカーという性能の強さは《真実の名 バウライオン》や《時の秘術師 ミラクルスター》が証明してくれています。この子はコマンドでもドラゴンでもありませんが、パワーは2体よりも上だったり、スパーク呪文さえ墓地に溜まっていれば2体よりも低コストで出す事ができたり、そこまでデッキ構築を尖らせずとも安定して3枚の呪文を回収できたり……と、独自の利点は多いですね。

 

また、同じくヘブンズゲートに対応しつつ、スパーク呪文のサポートも行う《龍聖霊ウィズダムフェウス》との相性の良さも挙げられますね。

 

 


龍聖霊ウィズダムフェウス

光文明 エンジェル・コマンド/アポロニア・ドラゴン

コスト7 パワー7500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を見る。その中から呪文を1枚、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、名前に《スパーク》とある呪文を1枚、自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。


 

こちらでスパーク呪文を連打して相手の盤面を処理しつつ、この子の召喚に繋げるというのが、同パックのデザイナーズコンボと言ったところでしょうか。ただし、この場合はウィズダムと同じくドラゴンズ・サインに対応する《時の秘術師 ミラクルスター》の存在が気になってきます。両方採用するのもいいかもですが。

 

 

まとめ

総じて、天門系統の新たな可能性をなんとなく感じる1枚でしょう。

さらにスパーク系統と合わせてまた独自の使い方が期待できるかもしれませんね。

 

 

以上、またスパークの乱れ撃ちがしたい。ポフルでした。