ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《救世主ウマシカ》考察―地味でも優秀な救世主【デュエル・マスターズ】

小学1年生の劇で演じたのが馬の役。ポフルです。

 

それ以外に馬との関連性が見つからないですが、今回は《救世主ウマシカ》の考察をしていきましょう。

 

 

 

カード情報

 


救世主ウマシカ

火文明 ジョーカーズ

コスト7 パワー4000

■S・トリガー

■J・O・E 3

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分と相手のクリーチャーを1体ずつ選び、その2体をバトルさせる。


 

考察

ジョーカーズ初、J・O・E 3を持ちながらS・トリガー持ちという、火文明ジョーカーズを軸としたデッキにはうれしい能力を持ち合わせていますね。

 

J・O・EとS・トリガーを同時に持ち合わせているという事は、《メラビート・ザ・ジョニー》のマスター・W・メラビートによる踏み倒しに対応する事で、デッキ単位で全体破壊の条件を満たしやすくしつつ、さらにS・トリガーによる防御力を増やす事ができる……と、かなり汎用性の高い効果の組み合わせだと言えますね。

 


メラビート・ザ・ジョニー

火文明 ジョーカーズ

コスト7 パワー10000

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■マスター・W・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。そのターンの終わりに、それらを好きな順序で自分の山札の一番下に置き、その後、こうして下に置いたクリーチャー1体につきカードを1枚引く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のジョーカーズが5体以上あれば、相手のクリーチャーをすべて破壊する。


 

www.dmasters-pohu.com

 

さらに、J・O・E 3によってコスト4で召喚できるという点も見逃せません。単体でも実質4000火力。それをS・トリガー付きで4コスト、しかも生き残ればターン終わりに1ドローと、中々のハイスペックですね。「《洗脳センノー》等のパワー4000のクリーチャーを単体で破壊した場合、終盤の1ドローができない」という点が少し気になる方もいるかもしれませんが、S・トリガーである事での使いやすさを考えると今後は《カメライフ》よりもこちらが広く使われる事になるでしょう。

 


カメライフ

火文明 ジョーカーズ

コスト5 パワー2000

■J・O・E 1(このクリーチャーを、コストを1少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこれを山札の一番下に置く。下に置いたらカードを1枚引く)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊する。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

序盤のメタカード対策としても使えるという点も踏まえると、1枚で3つの役割を持つ事ができるという事でもありますね。かなり心強いです。

 

もう一つ嬉しい点として、強制バトルの対象は「このクリーチャーと相手のクリーチャー」ではなく、「自分と相手のクリーチャー1体ずつ」という点ですね。自分の場にパワーの高いクリーチャーが存在しているなら、そちらにバトルを任せる事も可能という事です。

 

同じジョーカーズの中では《ムシ無視のんのん》とのシナジーが見られますね。

 


ムシ無視のんのん

火文明 ジョーカーズ

コスト6 パワー4000+

■バトル中、このクリーチャーのパワーを+4000する。

■このクリーチャーがバトルに勝った時、コスト5以下のジョーカーズ・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。


灰になるほどヒート

火文明 コスト5 呪文

■S・トリガー

■コスト6以下のジョーカーズ・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。


 (このクリーチャーの考察については明日しようかと思います)

 

また、コスト7という事で《ヤッタレ総長》のコスト軽減に対応するという点も見逃せませんね。

総じて腐る場面が少なく、安定性の低かった火文明ジョーカーズにとっては中々の救世主かもしれません。

 

欠点

万能感あるカードですが、見方によっては器用貧乏感があるという点も見ておくべきでしょうか。

 

まずトリガーとして見た場合、パワー4000での強制バトルという点はやや頼りなく感じます。

前述の通り他のクリーチャーに強制バトルを任せる事も出来るのですが、ジョーカーズでパワーの高いクリーチャーというのは基本的に「出たターンにそのデュエマを終わらせる事ができる」というタイプのクリーチャーが多いです。

遅いビートダウン相手の場合、そういったクリーチャーで仕留めそこなった場合の保険としては十分な活躍ができそうですが、早いデッキの場合にはウィニーを1体破壊する程度の役割しか持たせられない場合が多いでしょう。

 

J・O・E持ちとして見た場合、「《メラビート・ザ・ジョニー》の全体除去と能力が被る上にスピードアタッカーを持たない」という点が不満点でしょうか。一応「なにかしらのコストが必要になる破壊耐性持ちのクリーチャーに負担をかける事ができる」という事も考えられるのですが。

 

 

どちらかと言えば、「相手の序盤のメタカード、特に《ポクチンちん》や《洗脳センノー》、《奇石ミクセル》あたりのクリーチャーを焼く目的で採用しつつ、トリガー及びメラビート要員としても使う事ができる」という目的で採用するのが良いですかね。それらが怖くないという場合、トリガーとしてより優秀な《バイナラドア》や《SMAPON》、トリガーがいらないなら他の優秀なJ・O・E持ちを多く入れる等した方が良いのかもしれません。

 

まとめ

地味ではありますが、全体として見てみると中々万能なクリーチャーです。

器用貧乏感もありますが、そこはプレイヤーの環境を読む力とデッキ構築力でカバーしたいところですね。

 

 

以上。馬刺しが好き。ポフルでした。