ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》考察―ジョーカーズ強力サポートの1枚【デュエル・マスターズ】

毎年虫刺されがひどい。ポフルです。

汗かきだと刺されやすいらしいので、そのせいでしょうか。

 

さて、今回は先日お伝えした通り《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》の考察ですね。

 

 

 

カード情報

 


ムシ無視のんのん

火文明 ジョーカーズ

コスト6 パワー4000+

■バトル中、このクリーチャーのパワーを+4000する。

■このクリーチャーがバトルに勝った時、コスト5以下のジョーカーズ・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。


灰になるほどヒート

火文明 コスト5 呪文

■S・トリガー

■コスト6以下のジョーカーズ・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。


 

考察

火文明ジョーカーズにおけるS・トリガー付きツインパクトカードですね。

 

クリーチャーとして

コスト6と高めのクリーチャーですね。バトル中のパンプアップ、そしておそらく目玉でしょうバトルに勝った時に手札からコスト5以下ジョーカーズを踏み倒す能力を持ちますね。

 

発動条件に関しては、後述の呪文面の効果や《救世主ウマシカ》、《ゲラッチョ男爵》等によるタップキルが扱えますね。

この子で踏み倒す事の出来るクリーチャーの中で主なものは、

  • 疑似オリオティス・ジャッジ《サイコロプス》
  • 除去能力持ちの《ハクション・マスク》
  • ウルトラセイバーによって制圧力を高める《おしゃかなクン》
  • お馴染みのドローソース《ガヨウ神》《ヘルコプ太》
  • 相互に踏み倒す事の出来る関係にある《ビックラボックス》
  • 上記《ゲラッチョ男爵》

あたりが挙げられそうですね。

お馴染みとなっている《パーリ騎士》や《ヤッタレマン》、新規の《ポクチンちん》《ドンドド・ドラ息子》あたりを踏み倒すだけでも、良い活躍ができそうですね。

 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

呪文として

S・トリガーを持ち、コスト6以下のジョーカーズを踏み倒す能力を持ちますね。

踏み倒す事の出来るジョーカーズについては《ビックラボックス》も参考にしておきたいところです。

 

 

www.dmasters-pohu.com

 

S・トリガーという点が一番の利点で、ジョーカーズ版《ドラゴンズ・サイン》と考えてもいいかもしれません。

踏み倒しのできるクリーチャーのコストの範囲はあちらよりも狭いですが、後半の任意の強制バトル能力で能動的にアドバンテージを稼ぐことができる点がそれを補っていますね。トリガーとして発動した時でも防御札として扱う事ができますね。

 

《ジョットガン・ジョラゴン》や《ガンバトラーG7》等のエース級の一部を踏み倒せないのは残念ですが、《あたりポンの助》や《サイコロプス》等この範囲で踏み倒したいクリーチャーも増えてきているという点嬉しい所です。

自身のクリーチャー面がこの踏み倒しに対応している点も利点と言えるでしょう。

 

とはいえ、使いやすい軽量のジョーカーズ達は基本的にパワーが低めである事がほとんどです。トリガーで出た時に強制バトルで対処できないクリーチャーもそれなりに多いので、そこは「ビートダウン相手の場合に序盤からコスト6のクリーチャーをキープしておく」「《サイコロプス》は必ずマナに置かないようにする」等プレイング面での工夫は必要になりそうです。

 

ツインパクトとして

呪文面がS・トリガーを持つ事、そしてクリーチャー面が呪文面とシナジーを形成している事もあり、かなり完成されたカードだと言えますね。

《ムシ無視のんのん》を《灰になるヒート》で踏み倒し、強制バトルによってのんのんの能力を起動する事ができれば、合計2体のクリーチャーを踏み倒す事ができます。

 

クリーチャー面に関しては、相手が積極的に殴ってくるデッキでもない限り単体では扱いにくい効果になるので、基本的にはS・トリガー枠として採用し、クリーチャー面は「トリガー面が発動した時に、手札にいた時に使う」くらいの使い方が良いのかもしれません。

 

J・O・Eを持っていない以上《メラビート・ザ・ジョニー》のデッキで使うには中々抵抗がありますが、この呪文面を軸にしたカウンター気味のジョーカーズデッキを新たに作成するのも面白いかもしれませんね。そのくらい使ってみたい効果です。

 

まとめ

書いてみると特に色々書くことは無かったのですが、しかしこれから先のジョーカーズの新たな形を予感させてくれる面白いカードである事は間違いないでしょう。

 

 

以上。……蚊取り線香とかの準備もした方が良いのだろうか。ポフルでした。