ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ザンジェットM7》考察―強力なことには間違いないカード【デュエル・マスターズ】

クエストパックのカードをすべて考察し尽くす勢い。ポフルです。

 

本当にすべて考察するのかどうかは置いておいて、今回は《ザンジェットM7》の考察です。

 

 

 

カード情報

 


ザンジェットM7

無色 ジョーカーズ

コスト7 パワー9000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、または攻撃する時、ジョーカーズを1枚、手札から捨ててもよい。そうしたら、それよりコストが小さい相手のカードを1枚バトルゾーンから選び、持ち主の山札の一番下に置く。


 

考察

ジョーカーズ特有の、相手プレイヤーへの攻撃限定のスピードアタッカーを持ち、さらに出た時と攻撃する時にジョーカーズのディスカードと引き換えに相手のカードを除去する能力を持っていますね。

 

手札は必要になりますが、出た時と攻撃する時の合計2回分相手のカードを除去する事ができる点は中々強力です。

D2フィールドを採用し辛いジョーカーズにとってはカード指定除去である点もうれしい所でしょう。

 

ディスカードについては、ニヤリー・ゲットに規制がかかった現状手札を揃えるのに苦労はしますが、《ジョット・ガン・ジョラゴン》のジョラゴンビッグ1の弾とする事ができる点は評価点ですね。

 


ジョット・ガン・ジョラゴン

無色 マスター・ドラゴン/ジョーカーズ

コスト7 パワー11000

■このクリーチャーを召喚する時、ジョーカーズを好きな数バトルゾーンから自分の手札に戻し、その数だけ、召喚コストを1少なくしてもよい。

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引き、その後、手札を1枚捨てる。

■ジョラゴン・ビッグ1:ジョーカーズを自分の手札から捨てた時、その「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

また、ジョラゴン存在時にザンジェットM7を手札から捨ててザンジェットの能力を起動する事も可能です。今までに、ジョラゴンビッグ1に対応しながらディスカードと除去を同時に行うクリーチャーは存在していなかった事もあり、この子の存在はジョラゴン軸ジョーカーズの対応力を上げる事に繋がりそうです。

「ジョット・ガン・ジョラゴン」を宣言した《あたりポンの助》をコスト7とそこそこ現実的なコストで処理できる点もうれしい所です。

 

《ジョット・ガン・ジョラゴン》存在時に捨てたいカードとしては、ジョラゴンビッグ1を連鎖できる《アイアン・マンハッタン》《ガヨウ神》ですね。前者はコスト9と除去範囲が広く、後者はコスト5と《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》や軽量ブロッカー等のような、最低限処理したいラインに届いている点が嬉しい上に、消費した手札を回復してくれます。

ジョットガンを起こす為に《ジョバート・デルーノ》や《ゲラッチョ男爵》を捨てるのも良いですね。

 

 

ディスカードをうまく扱えない場合、攻撃時のみとはいえディスカードいらずでかつコスト制限もなく、呪文規制まで持つ《ゴールデン・ザ・ジョニー》や、シールドブレイク時前提とはいえアンブロッカブルでかつクリーチャー2体破壊の《ジョリー・ザ・ジョニー》、出た時のみとはいえ除去範囲の広さがすさまじい《ジョット・ガン・ジョラゴンjoe》あたりの方を採用した方が上手く使えそうですね。やはり《ジョット・ガン・ジョラゴン》との併用が前提となるでしょう。

 

最大の問題点としては、やはり最初に書いた通り「ニヤリーゲットが規制されている現状、この子を有効活用する為の手札を維持する事ができるのか否か」という点でしょう。

 

まとめ

同弾収録の《ポクチンちん》が中々すさまじい能力を持っていたおかげで話題には上がりにくいのですが、《ジョット・ガン・ジョラゴン》とのシナジーは中々の物です。

上手く使いこなしてあげれば、《ジョット・ガン・ジョラゴン》のポテンシャルを更に引き上げてくれそうですね。

 

以上。……兎だけはちょっと色々考えてから書きたい。ポフルでした。