ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ゴールデン・トラップ》考察―地味過ぎるが弱いとも言い難い【デュエル・マスターズ】

自然のS・トリガーカードの選択って難しい。ポフルです。

私が自然を使うのが苦手な理由の一つです。

 

今回の考察は、そんな自然のS・トリガーの1枚である《ゴールデン・トラップ》を考察しましょう。

 

 

 

カード情報

 


ゴールデン・トラップ

自然文明 コスト7 呪文

■S・トリガー

■相手のアンタップしているクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。

■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。


 

考察

アンタップしているクリーチャーをマナに送りつつ、ブースト効果が付いていますね。

 

1マナブーストというのが地味&地味とはいえ、今までに「トリガーで《フェアリー・ライフ》があったからこそ勝てた」という経験がある方にとっては中々良いなと思わせてくれるカードではないでしょうか。

「トリガーで相手の攻撃を何とかできたは良いが、その先マナが足りずに負けた」という状況を回避してくれる、中々馬鹿にもできないカードですね。「序盤から殴られたものの、マナが1枚増えたおかげでニンジャストライクの条件を達成してくれて足止めができた」という場面が出る事も考えられるので、シノビに防御を任せているデッキに入れておくのもいいかもしれません。

 

ただし、大型のカードを連打するデッキにとっては、1マナだけの差よりも《オーロラ・ピカンチ》のボーナスにワンチャンス賭けた方が良い場合や、《コクーン・マニューバ》でマナから大型を直接引っ張ってきた方が良い場合も考えられますね。その辺りは好き好きかもしれません。

上記2枚と比べると癖が無い分、アンタップしているクリーチャーしか選べない点、重い点、ボーナスの必要が無いとはいえ1枚しかブーストできない点といった中途半端さが目立ってしまいますね。

デッキとも相談したうえでどのカードを採用するのか決めるのが良いと思います。

 

 

トラップサポートとの組み合わせとして

トラップサポートとの組み合わせとしては中々です。

《ナ・チュラルゴ・デンジャー》でマナから踏み倒した時のマナ消費を軽減できる他、踏み倒したいクリーチャーがまだデッキに眠っている状態でも確率次第でデッキから引っ張り出す事も考えられます。

 


ナ・チュラルゴ・デンジャー

自然文明 グランセクト/ジャイアント

コスト7 パワー12000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《トラップ》とある呪文を唱えた時、自然のコスト6以下のクリーチャーを1体、自分の手札またはマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。

■T・ブレイカー


ナチュラル・トラップ

自然文明 コスト6 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを1体、持ち主のマナゾーンに置く。


 

www.dmasters-pohu.com

 

そもそも、相手のクリーチャーをマナ送りしながらこちらは1マナブースト、さらにクリーチャーの踏み倒しができる……と、文字に書いてみるとかなり強力なことをやってのけるデザイナーズコンボですね。

 

まとめ

地味なカードではありますが、局所的に効果的な場面というのはそれなりにありそうです。

トラップ呪文として、少し大きめのカードを使う際のトリガー枠として、あたりの採用が主になってくるでしょう。

 

以上。……やはり自然のトリガーの選択って難しい。ポフルでした。