ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《龍装者 シャイニー/エッジ・スパーク》考察―プレイバリューの高さに震える【デュエル・マスターズ】

この先、色々忙しくなるので、毎日更新できるかが少し怪しくなってきました。ポフルです。

万が一の時にはお知らせしますね。

 

今回は《龍装者 シャイニー/エッジ・スパーク》の考察ですね。

 

 

 

カード情報

 


龍装者 シャイニー

光文明 ドラゴンギルド/メタリカ

コスト5 パワー5000

■ブロッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のタップしているクリーチャー1体につき1枚カードを引く。


シャイニー・スパーク

光文明 コスト2 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを1体選び、タップする。次の相手のターンのはじめに、そのクリーチャーはアンタップしない。


 

考察

メタリカのツインパクトですね。

 

クリーチャーとして

出た時に相手のタップしているクリーチャーの数だけドローする能力を持っていますね。ついでのようにブロッカーを持っており、ドラゴンギルドでもあるので、光の優良踏み倒しカードである《ヘブンズ・ゲート》及び《ドラゴンズ・サイン》に対応している点は明らかな利点と言えますね。

 

光文明としては珍しく、他の自分のクリーチャーを必要としないドロー能力です。それだけで、ドローに関して色々思うところがあった光使いの方達にとってはうれしい物だと言えますね。

 

厳しく見えるドローの条件も、相手次第ではと言ったところです。

受動的にはなりますが、相手がシールドを攻撃した時に《閃光の守護者 ホーリー》等のスパーク系統の能力がトリガーした場合、返しのターンに出す事ができれば大量のドローが実現します。

能動的に使うのであれば、《龍装の調べ 初不》とスパーク呪文、《ジャッジメント・タイム》や《テッケニア・スパーク》で相手をフリーズし続けながら出すという事が考えられるでしょうか。必要な手札数は多いですが、《ジャッジメント・タイム》で相手をフリーズし、《アイ・オブ・ザ・タイガー》を唱えてシャイニーを出して流れるようにドローしてみたり、《ヘブンズ・ゲート》で《龍聖霊ウィズダムフェウス》と共に出し、ウィズダムフェウスで《ホーリー・スパーク》等を唱えて全部タップ、そのままシャイニーの効果を解決して大量ドローといった流れが美しいですね。

 


龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク

光文明 ドラゴンギルド/メタリカ

コスト6 パワー7500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《スパーク》とある呪文を唱えた時、相手のクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップしない。


ホーリー・スパーク

光文明 コスト6 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーをすべてタップする。



龍聖霊ウィズダムフェウス

光文明 エンジェル・コマンド/アポロニア・ドラゴン

コスト7 パワー7500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を見る。その中から呪文を1枚、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、名前に《スパーク》とある呪文を1枚、自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。


 

とにかく光文明の得意技としっかりシナジーした、中々優能なクリーチャーと言えそうですね。

 

さりげなくドラゴンなので、《時の法皇 ミラダンテⅫ》にチェンジする事も可能です。

 

呪文として

相手のクリーチャーを1体フリーズする能力を持つS・トリガー呪文ですね。

 

能力自体は地味ではありますが、相手ターンにトリガーすれば、そのターンだけでなく次のターンの攻撃も止めてくれる、中々堅実な能力です。

コスト2という軽さもうれしく、速攻相手には手打ちして良し、クリーチャーコントロールに対してタップキルを目指して良し、トリガーして良しの中々良いカードですね。

スパーク呪文という事で、序盤に撃っておけば後々《光サス奇跡ノ裁徒》の降臨に役だったり、もしくはキープしておいて《龍装の調べ 初不》のトリガーとしたりと、後述のツインパクトである点も考えれば、かなりプレイングの幅が広いカードと言えそうです。

 


光サス奇跡ノ裁徒

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト10 パワー10500

■このクリーチャーを召喚するコストは、自分の墓地にある《スパーク》とある呪文1枚につき、1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない。

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、呪文を3枚まで、自分の墓地から手札に戻してもよい。


 

www.dmasters-pohu.com

 

 

ツインパクトカードとして

最低限のトリガー要員として、ドロー補助として、スパーク呪文として、速攻対策として、ドラゴンとして、ブロッカーとして……と、とにかく役割が多いツインパクトカードですね。

 

クリーチャー面は、スパーク系統のタップ系呪文とのシナジーが見受けられ、そもそも呪文自体がスパーク呪文……と、スパーク系統のデッキに入れろと言わんばかりの性能と言えますね。ハマるデッキに入れてあげれば、上記の役割の多さを活かした縦横無尽の活躍ができるでしょう。

 

ただ、そのプレイバリューの高さ故に、使う側のプレイング能力が問われるカードにはなりそうです。

どのカードにも言える事ですが、このカードは特に、状況を見極め、常に最良のプレイングができるように努力したいですね。

 

まとめ

とにかく全体的に色々なことが出来そうな能力ですね。

プレイヤーのプレイング能力が問われるカードになるので、使う場合は努力する必要がありそうです。

 

 

以上。ひとまず色々頑張ります。ポフルでした。