ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《「創世」の頂 セーブ・ザ・デイト》 考察―新規軸を考えたいゼニス【デュエル・マスターズ】

新規ゼニスデッキの内容を見て、少なくとも今の《「無情」の極 シャングリラ》 を直接強化するカードは無さそうで、嬉しいような悲しいような。ポフルです。

 

ひとまず今回は《「創世」の頂 セーブ・ザ・デイト》を考察しましょう。

クロニクルデッキ「至高のゼニス頂神殿」の新規ゼニスですね。コロコロチャンネルで公開されました。

 


【デュエ速】最速ッ対決!8月10日発売のクロニクルレガシーデッキ2018でデュエマ!!バルガVSゼニス!!【究極VS至高】

 

 

 

 

カード情報

 


「創世」の頂 セーブ・ザ・デイト

光文明 エンジェル・コマンド/アンノウン/ゼニス

コスト10 パワー10500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「ブロッカー」を持つ進化でないクリーチャーを好きな数、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

■このクリーチャーまたは自分の他の「ブロッカー」を持つクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。


 

 

考察

ゼニス2体目の有色クリーチャーですね。……いえ、3体目でした。有色であるためか、エターナルΩを持っていません。大型ブロッカーであり、召喚時に手札の非進化ブロッカーを好きなだけ踏み倒す能力、そして《知識の精霊ロードリエス》を彷彿とさせる置きドロー能力を持っていますね。

単体で見た時には、エターナルΩが無い点や自身のスペックを活かす為に手札を何枚も必要とする性質、W・ブレイカーである等、単体で活躍できる《「祝」の頂ウェディング》や《「智」の頂 レディオ・ローゼス》といった無色ゼニスに大きく見劣りしている印象です。

 

光で大型ブロッカーなので、当然《ヘブンズ・ゲート》での踏み倒しが視野に入ることでしょう。ただし、こうして出した場合は召喚時の効果である踏み倒し能力は使えません。

同コスト、もしくはそれ以下のコストでもっとパワーの高いクリーチャーや優秀な能力を持つクリーチャーが、そしてロードリエスの存在も考えるのであれば、単純な天門での活躍は厳しいかもしれません。《星門の精霊 アケルナル/スターゲイズ・ゲート》の存在も気になるところですね。

この子を使うのであれば、召喚による能力の発動も視野に入れたデッキで使いたいです。

 

 


星門の精霊アケルナル

光文明 エンジェル・コマンド

コスト9 パワー10500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■自分のターンの終わりに、光の「ブロッカー」を持つ進化でないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。


スターゲイズ・ゲート

光文明 コスト5 呪文

■光の「ブロッカー」を持つ進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

自身の踏み倒し能力と置きドローのシナジーは凄まじく、このタイプの能力によくある大量の踏み倒しによって手札が無くなることはまず無いです。

また、この手の効果にしては珍しく、光文明以外のブロッカーも踏み倒すことができます。具体的には《「破滅」の頂 ユートピア・エヴァー》すら踏み倒すことができるということですね。ユートピア・エヴァ―とは、召喚時の能力こそ使えないものの、高いとは言えないセーブ・ザ・デイトのパワーをある程度補ってくれますね。また、《「俺」の頂 ライオネル》を出してシールドをトリガー化する等、今までのブロッカー展開カードにはできなかったコンボができるようになるかもしれません。

 

出す際にはなるべく手札を貯めて、なるべく多くのクリーチャーを踏み倒しておきたいところです。そうする事によってやっとこの子の真価を発揮できるようになるのではないでしょうか。

 

また、この際召喚時能力を無視して「《ヘブンズ・ゲート》で出す事の出来る初のアンノウン/ゼニス」と考えれば中々面白いのかもしれません。

轟轟轟の速攻に対してヘブンズゲートをトリガーさせ、次のターンにアタックチャンスで《極頂秘伝ゼニス・シンフォニー》を唱えてあげれば、そこからもう一枚のセーブ・ザ・デイトを出して大量のブロッカーを並べるデッキというのもあり得るかもしれませんね。今までに「光文明でアンノウン/ゼニスのクリーチャー」というのは存在していなかった筈で、デッキ構築の際には「ヘブンズゲートから出すアンノウン」の役と「ゼニス・シンフォニーから出すアンノウン/ゼニス」の役を同時にこなすクリーチャーとして活躍してくれそうです。

 

まとめ

全体的に見て、ゼニスにしては珍しい他のカードありきの効果であり、「とりあえず出すだけで勝ちが見える」というカードではなさそうです。他のカードとの兼ね合いが重要になってきそうですね。

その分、専用デッキを組んだ際の爆発力は他のゼニスに劣らない物となってそうです。デッキビルダーの腕によって強さの評価が変わりそうなカードだと言えそうです。

 

以上。……シャングリラの強化になりそうなカードも何枚かありそうなので、その辺を使ってまた考えようと思ったポフルでした。