ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《懐疑の虎狼 ミラーズホロウ/「汝は偽名なりや?」》考察―堅実に堅実に【デュエル・マスターズ】

私の人狼ゲームのピークは、てるてるで吊られた時。ポフルです。

それまでにセオリー外の事をして場を荒らしたかいがあったというもの。

 

今回はそんな人狼ゲーム的な名前をにおわせる新規カード《懐疑の虎狼 ミラーズホロウ/「汝は偽名なりや?」》の考察です。

コロコロチャンネルにて公開されましたね。

 


【デュエ速】最速ッ対決!8月10日発売のクロニクルレガシーデッキ2018でデュエマ!!バルガVSゼニス!!【究極VS至高】

 

 

カード情報

 


懐疑の虎狼 ミラーズホロウ

光文明 デーモン・コマンド/アンノウン

コスト7 パワー7000

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から、アンノウン1体と呪文を1枚、手札に加える。その後、残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。


「汝は偽名なりや?」

光文明 コスト3 呪文

■自分の山札の上から2枚を表向きにする。その中から、アンノウン1体と呪文を1枚、手札に加える。その後、残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。


 

考察

クロニクルデッキにもツインパクトカードが収録されるというのは意外でしたね。

 

クリーチャー面

久し振りに収録となりました光文明のデーモン・コマンドですね。

ストーリーの関係から新規の登場が絶望的だったので、嬉しい方も多いのではないでしょうか。クロニクルデッキならではですね。

 

能力としては、出た時にデッキトップ4枚からアンノウンと呪文を1枚ずつ手札に加える、手札補充兼サーチになりますね。さらにブロッカーも持ち合わせています。

 

エンジェル・コマンドではないものの、手札補充ができるブロッカーということで、やはり考えられるのは天門系デッキでの採用となるでしょう。実際、今回のクロニクルデッキも天門系のデッキになっているようです。

また、光のデーモンコマンドなので《クリスティ・ゲート》に対応している点も忘れてはいけませんね。

 


クリスティ・ゲート

光文明 コスト3 呪文

■自分のシールドを1つ見る。その中から、進化でない光のデーモン・コマンドを1体バトルゾーンに出してもよい。

■カードを1枚引く。


 

どちらで踏み倒すにしても、消費した手札を即座に回復できる事、そして後続の踏み倒し呪文を呼び込むことができる事は嬉しいところですね。

安定して2枚のカードを呼び込めるように、デッキ内のカードはなるべくアンノウンおよび呪文カードで固めたいところですね。ツインパクトカードを呪文として採用しておくのもいいでしょう。

 

踏み倒し候補には困らない分、出た後はちょっと大きい程度のブロッカーなので、種族サポートをうまく使いたいところですね。

 

呪文面

クリーチャーの効果をそのまま小型化したものになりますね。

捲る枚数が少なくなりましたが、うまくいけば2枚のカードを補充できます。とはいえ《エンジェル・フェザー》よりも2枚回収する確率は低いでしょう。

 

ツインパクトとして

先に性能以外の話を。

光のデーモン・コマンド関連のカードには必ず「ミステリー関係のワードが入る」という特徴があります。このカードについてはどうやら「人狼ゲーム」関係のワードで固められているようですね。

「ミラーズホロウの人狼」は人狼カードの開祖らしく、「汝は人狼なりや?」も人狼ゲームの元々の名前だそうで。

人狼ゲームをミステリーに分類するのはもしかしたら賛否あるのかもしれませんが、推理するという点ではミステリーとそう変わらないですし個人的にはアリですかね。

 

 

性能についてですが、どちらの効果も前半から中盤まで活躍できる手札補充能力ですね。

 

序盤は呪文面を主に使うとして、2枚の手札補充ができる確率、及びキーカードを手札に加えることのできる確率はクリーチャー面の方が高いので、中盤はマナさえ足りていればクリーチャー面で出しておきたいところですね。

 

序盤に呪文面を唱えた場合は、後々《虚構の支配者メタフィクション》など、光が得意とする呪文回収で手札に戻すことも考えられます。《真実の名バウライオン》を扱う天門系のデッキでは積極的に使っても良さそうですね。

 

光のデーモンコマンドデッキ、所謂クリスティ・ゲートデッキの場合、アンノウンを持つ光のデーモン・コマンド、及び《クリスティ・ゲート》を回収できるため、新たな戦力として活躍できそうですね。

クリスティゲートで失ったシールドを、自身のブロッカー能力で補うことができる点も嬉しいところでしょう。

 

また、新規ゼニスである《「創世」の頂 セーブ・ザ・デイト》とはシナジーを形成していますね。

 


「創世」の頂 セーブ・ザ・デイト

光文明 エンジェル・コマンド/アンノウン/ゼニス

コスト10 パワー10500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「ブロッカー」を持つ進化でないクリーチャーを好きな数、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

■このクリーチャーまたは自分の他の「ブロッカー」を持つクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

セーブ・ザ・デイトの能力を使うために手札を補充する役割としては十二分な性能と言って良いでしょう。

さらに、セーブ・ザ・デイトの効果で出す事によって、セーブ・ザ・デイトの効果にと合わせて最大3枚の手札補充ができますね。

 

少しだけ個人的な不満点を挙げるのであれば、アンノウンのサポート種族であるアンノイズが対象に挙がっていない点でしょうか。

 

まとめ

全体的に見て、アンノウンで固めたデッキにとってはかなり堅実なスペックと言えそうです。

クリスティ・ゲート、アンノウン軸天門、ゼニスデッキ、これらのデッキの安定性を高める中々嬉しいカードである事は間違いないでしょう。

 

以上。ワンナイト人狼じゃなくてもっと長くやれる人狼もやりたい。ポフルでした。