ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ハヤブサノ裁徒Z/ヒーリン・マスカラス》考察―クエストパック新規で一番反応に困る【デュエル・マスターズ】

メタリカのデッキばかり弄りたくなる。ポフルです。

 

今回はクエストパック収録の《ハヤブサノ裁徒Z/ヒーリン・マスカラス》の考察です。

 

 

カード情報

 


ハヤブサノ裁徒

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト3 パワー3000

■サバキZ(裁きの紋章が自分のシールドゾーンから手札に加えられた時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚する)

■ブロッカー


ヒーリン・マスカラス

光文明 コスト5 呪文

■カードを1枚引く。その後、自分の手札を1枚裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。


 

 

考察

サバキスト初……だった筈のツインパクトカードですね。

 

クリーチャーとして

サバキZを持つ軽量ブロッカーですね。

その役割はとにかく地味です。とはいえ速攻対策として考えるとシールドに張り付けやすい裁きの紋章との相性はかなり良いと言えますね。特に2ターン目に張り付ける事ができる上に手札が減らない《憤怒スル破面ノ裁キ》は、良い相性だと言えますね。

サバキZに拘らずともコスト3と軽量なので、手出しも考えられるという点はうれしい所ですね。

 

ただし、他に能力を持ち合わせていない以上、積極的に使われるクリーチャーというわけでもなさそうです。速攻相手出ない限り、及びよっぽど打点が欲しい状況でもない限りは呪文の効果を優先させる事になりそうです。

 

呪文として

カードを1枚引いた後、手札からシールドを追加する能力ですね。

手札からシールド―ゾーンに置く能力を持った呪文としては、よりコストの低い《プロテクション・サークル》の方が速攻対策、さらに《ラッキー・ダーツ》等によるコンボ準備には向いていると言えますね。

ただし、シールドにカードを置く前にドローできる事は明確な利点と言えます。上記よりもより確実に狙ったカードをシールドに置くことができます。

 

安定性よりも速攻性の《プロテクション・サークル》か、それともコストが重い分安定性とツインパクトである点が光る《ヒーリン・マスカラス》か。

敢えて私から言及するとすれば、何か特別なカードをシールドゾーンに仕込んでコンボがしたい場合、さらにそのコンボの起点となるカードがやや重い場合にはマスカラスが優先される事になるのでしょうか。

 

ツインパクトとして

クリーチャー面はやや地味といったところで、速攻対策にはうれしいもののそれ以外の魅力に乏しい部分があります。呪文の効果も、ライバルとなるカードが存在している以上中々採用が難しいものになっていますね。

 

決して悪くはないのですが、いかんせん中々中途半端なカードです。

 

この先サバキZがどれだけ強化されるのか、また種族であるサバキストやメタリカがどこまで強化されるのかによって評価が変わる一枚となりそうですね。

 

まとめ

どちらの効果も、中々使い辛いものになってしまっています。今後のメタリカやサバキスト、そしてサバキZの動きに注目したいところでしょうか。

 

 

以上。4つめのメタリカができたらどれだけメタリカ好きなのかって話になりそう。ポフルでした。