ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《トライガード・チャージャー》考察―光文明待望のチャージャーでは【デュエル・マスターズ】

この記事を書くために光文明のチャージャー呪文を見ていたのですが、あんまり良い物無いなと思ってしまったポフルです。……うん。

 

今回はそんな光文明に新たに加わる事となるチャージャー呪文《トライガード・チャージャー》を考察していきましょう。


【デュエ速】最速ッ対決!8月10日発売のクロニクルレガシーデッキ2018でデュエマ!!バルガVSゼニス!!【究極VS至高】

 

 

 

カード情報

 


トライガード・チャージャー

光文明 コスト4 呪文

■自分のシールドを1つ、手札に戻してもよい。ただし、その「S・トリガー」は使えない。

■自分の手札を1枚、裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置いてもよい。

■チャージャー


 

 

考察

新たな光文明のチャージャー呪文ですね。

 

能力としては、任意のシールド回収の後に、任意で手札からシールドを仕込む事ができる能力になりますね。

 

シールドを回収して、あえてシールドを追加せずに手札を減らさないチャージャー呪文として活用して良し、シールド交換によってシールドにあるキーカードを狙いながら手札のトリガーを仕込んで防御を固めて良し、シールドを増やして次のターンに備えるも良しの、かなり小回りの利くチャージャー呪文になりますね。

 

シールドを操作しながら6マナ帯に繋げる事ができるので、考えられる相性の良いデッキは、《音感の精霊龍 エメラルーダ》によってシールド暴発をねらう天門系、《DG ~ヒトノ造リシモノ~》での暴発をねらうメタリカ系のデッキ、さらに《黒神龍ブライゼナーガ》によるスーパーボーナスを狙うブライゼシュート系と、多岐にわたりますね。

 

また、シールドの数を容易に操作できる事から革命を使うデッキとの相性も良好ですし、さらに《ヴァリアブル・ポーカー》を使うデッキであれば、3ターン目にシールドを確認した後、シールドゾーンにある好きなカードを回収する事も可能になりますね。

 

4ターン目でのマナブーストカードでシールドにカードを仕込む事ができるものとしては、《フェニックス・ライフ》が挙げられます。

 


フェニックス・ライフ

光/自然文明 コスト4 呪文

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■自分の山札の上から2枚を見る。そのうちの1枚を裏向きにして、新しいシールドとしてシールドゾーンに置き、もう一枚をマナゾーンに置く。


 

墳墓に強い、多色である事から序盤のマナ基盤になる、再利用しやすいといった利点がありますが、上記のような小回りの利く活躍はできない事から差別化はしっかりできていると言えるでしょう。

 

また、今までの光のコスト4のチャージャー呪文は、相手のクリーチャーをタップしたりフリーズしたりと言ったものが多かったので、対ビートダウン以外、また、自身が小型クリーチャーを使わないデッキでは基本的に空撃ちが前提となってしまう点が欠点でした。

 


ストップ・チャージャー

光文明 コスト4 呪文

■相手のクリーチャーを1体選び、タップする。そのクリーチャーは、次の相手のターンのはじめにアンタップしない。

■チャージャー


 

こちらはビートダウン相手にはシールド追加が、コントロール相手にはシールド回収が上手く働いてくれそうです。

 

また、サバキZの能力を誘発する事にも繋がりますね。

この呪文のシールド追加のタイミング的に《煌メク聖戦 絶十》の軽減効果を2回適用してどうのこうのという使い方は不可能だと思われますが、ひとまずチャージャーで1マナ増やしつつ絶十のコスト軽減でコスト4以下のカードを使う事はできますね。もう一枚のトライガード・チャージャーを使ってさらにマナブースト+軽減という事も考えられますね。コスト4以下のカード今後のサバキZの追加によってはまた面白い事ができそうです。

 


煌メク聖戦 絶十

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト5 パワー4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を、自分のシールド1つの上に表向きにして置く。(そのシールドの束は1つと数える)

■自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、このターン、次に使う光のカードのコストを、最大3少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

■サバキZ(裁きの紋章が自分のシールドゾーンから手札に加えられた時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚する)


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

まとめ

光のチャージャー呪文の中ではかなり汎用性の高いカードになっていますね。

光でチャージャー呪文を検討したい時には必ず挙がる一枚として、しっかりと働いてくれそうです。

 

以上。2ブロックで使えない事が悔やまれる。ポフルでした。