ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《タイク・タイソンズ》考察―新能力「Jチェンジ」から感じるアレルギー【デュエル・マスターズ】

ジョーカーズばっかりずるい!!!!!ポフルです。

 いやもうほんとに。そういう種族ですから仕方のない事ですけれども。

 

今回は、そんなジョーカーズに突如登場した自然文明ジョーカーズであり、新能力持ちの《タイク・タイソンズ》を考察していきましょう。

 

 コロコロオンラインにてその全貌が明らかになっています。この記事自体も面白い内容になっているので、今後の連載が楽しみです。

 

 

 

 

カード情報

 


タイク・タイソンズ

自然文明 ジョーカーズ

コスト2 パワー1000

■Jチェンジ4(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト4以下のジョーカーズ1体と入れ替えてもよい)

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。


 

考察

まず考えるべきは、新能力「Jチェンジ」ですね。

 

Jチェンジ

チェンジと聴くと謎のアレルギーが出てくる私たちですが、その反応はあながち間違いでもなさそうです。このJチェンジを持つクリーチャーをチェンジ元とし、マナからJチェンジによって記されたクリーチャーを出すと言うものです。

革命チェンジはその能力を持つクリーチャー自身を踏み倒す能力でしたが、Jチェンジはその能力を持つクリーチャーが他のクリーチャーを踏み倒す能力となっていますね。

 

自然文明特有のマナブーストとはまた別の形で相手よりも素早くより強いクリーチャーを出す能力となっていますね。

 

タイソンズの持つJチェンジは4コストまでのジョーカーズが対象となっていますが、もっとコストの高いクリーチャーの持つJチェンジはさらに高いコストの踏み倒しが期待できますね。

 

革命チェンジのように、4コストのJチェンジ持ちを出して、またそれよりも高いJチェンジ持ちを出す……と行った戦術も考えられるでしょう。

 

また、革命チェンジとの明確な違いとしては「マナゾーンからの踏み倒し」という点でしょう。

手札に事故要因になりがちな高コストクリーチャーをマナ要因に回しながらチェンジができるので、想像以上に使いやすそうです。

 

タイク・タイソンズ自身の考察として

 

自身の持つJチェンジと、場から離れた時のマナブーストはしっかりとシナジーしていますね。

使用感としては、情報元のライターさんの通りチョコっとハウスのようなものといったものとなりそうですね。

あちらとの違いとしては、手札からのブーストではない分手札消費が少ない点、攻撃時ではなく正確には場から離れた時のマナブーストなので、火力で焼かれたとしても最低限の仕事はできる点、そしてJチェンジによって出したクリーチャーの出た時能力を使うことができるという点ですね。

今後出てくるであろう4コストのJチェンジ持ちを呼び出したり、色は多くなりますが、《ドンドド・ドラ息子》を出しながらマナブーストすることによって火文明ジョーカーズをさらに素早く出す事を狙って見たり、といったプレイも考えられます。チョコっと以上にコンボ性を意識したプレイができそうです。

 

ひとまず、まだJチェンジの全貌が明らかになっていない以上考察できるところはここまでですかね。

 

まとめ

新能力「Jチェンジ」の考察が主になりましたが、革命チェンジのようにビートダウンにとっては中々使いやすい能力として活躍してくれそうですね。

 

今後の自然文明ジョーカーズの動きに注目しましょう。

 

以上。これは全文明ジョーカーズでますね……ポフルでした。