ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《めっちゃ!デンヂャラスG3/ケッシング・ゼロ》考察―インパクトが強すぎる【デュエル・マスターズ】

 以前、別ブログでじーさんデッキを組んだことがあるポフルです。

……検索したら出てくるかもね。そろそろ消去方法考えなきゃ。

 

さて、今回は、コロコロコミック9月号にて付録として付いてくる《めっちゃ!デンヂャラスG3/ケッシング・ゼロ》を考察していきましょう。コロコロチャンネルでも登場しましたね。

 

 


【デュエ速】じーさんとケシカスくんのツインパクトカード登場!コロコロ9月号付録がヤバババイ!!【シールドいらねぇー!】

 

 

 

カード情報

 


めっちゃ!デンヂャラスG3/ケッシング・ゼロ

無色 ジョーカーズ

コスト10 パワー21300

■G・ブレイカー(このクリーチャーは、相手のシールドを全てブレイクし、その攻撃の後、自分のシールドを全てブレイクする)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、「シールドいらねぇー!」と言ってもよい。そうしたら、そのターン、自分のクリーチャー3体に「G・ブレイカー」を与える。


ケッシング・ゼロ

無色 コスト5 呪文

■S・トリガー

■「気に入らねえやつは消す」と言ってもよい。そうしたら、このターン、相手のクリーチャーの能力をすべて無視する。


 

 

考察

コロコロコミックが誇る大人気ギャグマンガとのコラボカードですね。

能力もなかなかぶっ飛んでいます。

 

クリーチャーとして

超獣世界のクリーチャーの中でも、《THE FINAL カイザー》しか持っておらず、《超銀河剣 THE FINAL》でしか付与できないトンデモ能力「G・ブレイカー」を持ち、特定条件で自分のクリーチャー3体にも付与してくるトンデモクリーチャー……もといマシンですね。

コラボカードだからこその能力と言えるでしょう。そしてでんじーだからこそでしょう。

 

その上記2枚とは、文明の有無、カードの種類の違い、種族の違い等、差別点はたくさん存在しているので、このカードが出たおかげで上記カードがお役御免になる事はまずないでしょうね。そもそも使われているのかどうかという話は置いておくものとして。

 

コストは10と膨大ではありますが、それに見合う派手なパワーと派手な能力はしっかり持ち合わせていますね。スピードアタッカーを持っていないところが残念ではありますが、その辺りを自身の能力で補うという事なのでしょう。

 

正直な所を言えば、3体への「G・ブレイカー」の付与はかなりのオーバーキルです。相手がブロッカーを並べるデッキであれば有効活用できそうですが。

さらに、他のブレイク数増加系能力と違ってパンプアップも持ち合わせていないので、大型ブロッカーが3体以上並ぶようなデッキに対してはほぼ無力です。どのクリーチャーに「G・ブレイカー」を付与したいのかは、デッキ構築の時点で考えておく必要があるでしょう。

 

「G・ブレイカー」の肝である自分のシールドを全てブレイクする能力は、ジョーカーズのトリガー獣との相性がかなり良いですね。《ジョバート・デ・ルーノ》や《ゲラッチョ男爵》を踏み倒すことによって、まるで《ジョット・ガン・ジョラゴン》のような動きができるようになりますね。

このカードの呪文面との相性も良いのですが、その辺りは後述しましょう。

 

また、ジョーカーズにおける切り札の内、《ジョリー・ザ・ジョニー》、《ジョット・ガン・ジョラゴン》、《王盟合体 サンダイオー》との相性はかなりいいですね。

 

ジョニーはアンブロッカブル持ちなので、相手のブロッカーの影響を受ける事無く、ブレイクするシールド分の除去を飛ばす事が可能です。

 

www.dmasters-pohu.com

 

《ジョット・ガン・ジョラゴン》は言わずもがな。攻撃時の能力でG3を捨ててあげれば、《ジョット・ガン・ジョラゴン》自身に「G・ブレイカー」を付与できます。

前述の通り、自分のシールドからアンタップ能力持ちS・トリガー獣が出た場合には、さらなる連続攻撃も可能となりますね。

 

www.dmasters-pohu.com

サンダイオーは、「攻撃先を変更されない」というアンブロッカブルの上位能力を持っており、さらに相手のシールドを焼却してくれます。

 


王盟合体 サンダイオー

火文明 ジョーカーズ

コスト10 パワー9000

■J・O・E 3

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーの攻撃先は変更できない。

■このクリーチャーがシールドをブレイクする時、バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが10枚以上あれば、相手はかわりにそのシールドを墓地に置く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

自分のシールドを焼却する事は無い……筈ですので、安心して自分のシールドをブレイクできますね。安心して自分のシールドをブレイクするってなんだ

 

欠点としてはそのコストの大きさにはなりますが、逆に言えば《ジョット・ガン・ジョラゴンjoe》での除去範囲の増加に繋がりますし、《キング・ザ・スロットン》や《バレット・ザ・シルバー》のような踏み倒し手段が豊富になってきている点、そもそもマナブーストにそれなりに長けているジョーカーズであり、コスト軽減も《ヤッタレマン》等で可能ですし、そもそも腐りにくいツインパクトカードですし……と、単なるネタカードでは終わらなさそうなポテンシャルも秘めていると言えそうです。

 

呪文面

ケシカスくんらしい、相手のクリーチャーの能力を消す能力になっていますね。

この能力については、《あたりポンの助》も参照して欲しいですね。

 

 

www.dmasters-pohu.com

 

トリガーが付いている事は中々嬉しい所です。ただし、相手が「スピードアタッカー」等を用いて出たターンに殴るようなデッキでない限り、この効果だけで相手の攻撃を止める事はできません。それどころか、「攻撃できない」能力持ちのクリーチャーを攻撃可能にさせてしまう恐れすらあります。T・ブレイカー等の複数ブレイク能力を無力化する事によって自分の被害を減らす事はできますが、焼け石に水な場面も多いでしょう。

 

《あたりポンの助》のように相手のループの軸になるカードの妨害として考えても、継続時間が唱えたターンのみとそれ目的では使いにくいですね。

 

どちらかと言えば、天門系等の厄介なブロッカー達を手打ちによって無力化し、そのまま自軍で攻撃するような目的で使い、トリガーで相手の攻撃を捌くことができれば御の字……と言った使い方が良さそうです。

 

1ターン目から殴ってくる《"轟轟轟"ブランド》が複数並んだ時には、このトリガーでしっかり止めつつ、《バレット・ザ・シルバー》でカウンター……という動きも出来そうではありますね。

 

ツインパクトとして

S・トリガーが防御札としてはイマイチな印象を受けますが、それでもやはり、序盤~中盤に使う事のできる呪文面と終盤で活躍するフィニッシャーとしての使い道ができる点はうれしいものです。

 

地味に同名カードでシナジーしている点もうれしい所です。

クリーチャー面を使ってG・ブレイクを行った際、このカードがシールドから出てきた場合には、相手の残っているブロッカー等の厄介なクリーチャーをすべて無力化して直接攻撃に繋げる事も可能です。

 

ネタカードとは思えない、かなりの魅力を持ったカードと言えるでしょう。

 

 

まとめ

付録としてはかなり嬉しいスペックを秘めた魅力的なカードですね。

そのド派手なあれこれで活躍できれば、かなり楽しいデュエマになりそうですね。……ただし、能力発動の為の台詞は、公共の場では適切な大きさで。

 

……私が以前考えていたでんじゃらすじーさんデッキも、これで完成度が高くなりそうな気が……そうでもないかもしれない。ポフルでした。