ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《天体かんそ君》考察―地味だからこそ、他のカードとの組み合わせを考えたい。【デュエル・マスターズ】

自然文明ジョーカーズの登場によって、色々ジョーカーズ界は盛り上がっているのでしょうか。ポフルです。

有色ジョーカーズにとって、ニヤゲが制限になった事も追い風ではありますね。

 

さて、今回はその自然文明ジョーカーズより《天体かんそ君》を考察しましょう。

 

 

 

 

カード考察

 


天体かんそ君

自然文明 ジョーカーズ

コスト4 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を自分のマナゾーンに、1枚を山札の一番下に、1枚を山札の一番上に置く。


 

考察

出た時に、デッキトップ操作とマナブーストを行いますね。

 

4コストのマナブーストとしては、《フェアリー・シャワー》や《怒流牙 佐助の超人》あたり、そして特定デッキでは《ボントボ》や《獅子王の遺跡》等の1マナブースト以上の能力を持つカードが優先されそうですね。

この子の場合は、ある程度デッキトップに好きなカードを仕込む事ができる点をうまく使いたいところですね。

 

例えば《キング・ザ・スロットン7》や《バレット・ザ・シルバー》での踏み倒しを行う際、この子を先に出しておいてある程度狙ったジョーカーズを出せるようにする事、あえて高コストのクリーチャーをデッキトップに置く事で《ジョット・ガン・ジョラゴンjoe》の除去範囲を広げる事といった使い方ができそうですね。

また、デッキボトムに置く事を活かして《カツラデランス》の踏み倒しの準備を考えるといった事も考えられるでしょう。ジョーカーズとして考えた場合には、トップに置く能力もボトムに置く能力も中々魅力的に映りますね。

 


カツラデランス

火文明 ジョーカーズ

コスト7 パワー7000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の一番下のカードを墓地に置く。それがコスト6以下のジョーカーズクリーチャーならバトルゾーンに出す。


「アフロ行きま~す!!」

火文明 コスト2 呪文

■自分の手札を1枚捨て、その後カードを2枚引く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

元の記事では《タイク・タイソンズ》のJチェンジで出す事を推奨されていますね。

実際の所、先に《天体かんそ君》を使う事によって、タイソンズの効果でマナに置くカードをある程度操作する事ができ、さらなるJチェンジの助けになるかもしれませんね。今後Jチェンジ能力で大型クリーチャーを出せるようになれば、この自由にマナゾーンにカードを置くことができる能力が活かせるようになるかもしれませんね。

 

まとめ

カードアドバンテージを稼ぐのが難しい分、他のカードとの組み合わせは中々面白いものです。

今後の自然文明ジョーカーズの動きにも注目したいですね。

 

以上。光文明ジョーカーズのキーワード能力が楽しみ。ポフルでした。