ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《シューズッキュン》考察―【デュエル・マスターズ】

 某謎解きアクションゲームのホバーブーツに憧れた事があるポフルです。

 浮くっていいよね。

 

さて今回は、そんな私の個人的願望をかなえてくれそうなイラストの《シューズッキュン》を考察しましょう。

コロコロオンラインにて情報が出てきましたね。

 

 

 

 

 

カード情報

 


シューズッキュン

自然文明 ジョーカーズ

コスト3 パワー2000

■マッハファイター

■Jチェンジ4(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト4以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい)


 

考察

なんとなく来るだろうという予感はしていましたが、マッハファイター持ちかつJチェンジを持ったクリーチャーですね。そのぶん出せるクリーチャーは1コスト上までと狭い範囲に調整されています。

 

3コストでパワー2000のマッハファイターは《ワ・タンポーポ・タンク》がすでに存在しています。Jチェンジを使わない限りは《ワ・タンポーポ・タンク》に劣るという結論になってしまいます。Jチェンジの活用は必須と言って良いでしょう。

 


ワ・タンポーポ・タンク

自然文明 グランセクト

コスト3 パワー2000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

相手の一番隊などのシステムクリーチャーを倒す際には、 ワタンポーポよりも優秀だと言えそうです。あちらは相打ちすれば自身のマナは増えますが、自分のクリーチャーは減ってしまいます。シューズッキュンは、一番隊等に攻撃しながら一番隊よりもパワーの高い別のクリーチャーへとチェンジする事によって、クリーチャーを残しつつ、出したクリーチャーが出た時の効果を持っているのであればさらにアドバンテージを広げる事が可能になりますね。

 

元の記事では、踏み倒しメタとしての性能を期待されていますが、パワー的に《異端オニカマス》《マタドール・マルクーゼ》《奇石 ミクセル》あたりにしか役割を持つ事ができない点には注意が必要ですね。マルクーゼ以外の2体は相打ちにもっていかれる事も向かい風です。

そういった役割よりも相手の小型クリーチャーを倒す事に専念した方が良さそうです。

 

現状のJチェンジ4持ちすべてに言えますが、今後コスト4のJチェンジ持ちが出てくる事で、色々と評価が変わりそうなクリーチャーと言えそうです。

 

まとめ

マッハファイターとJチェンジの組み合わせは魅力的です。

対応するジョーカーズの中で相性の良いものを見つけることができれば、かなり素晴らしい活躍を見せてくれる事でしょう。

 

以上。久々にやるのもアリかもしれないと思うポフルでした。