ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《龍幻のトラップ・スパーク》考察―ドラゴンに拘らなくても良さげ【デュエル・マスターズ】

今回考察するカードの為だけにバルガを買おうか考えてしまうポフルです。

 

今回はそんな魅力を持った《龍幻のトラップ・スパーク》の考察です。

「究極のバルガ龍幻郷」にて収録されています。

 

欲しい

 

 

 

カード情報

 


龍幻のトラップ・スパーク

光/自然文明 コスト8 呪文

■マナゾーンに置く時、このカードをタップして置く。

■S・トリガー

■次のうちいずれか1つを選ぶ。バトルゾーンに自分のドラゴンがいれば、両方を選んでもよい。

 →相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。

 →相手のクリーチャーをすべてタップする。


 

考察

《ナチュラル・トラップ》と《ホーリー・スパーク》を選択する事ができるシールドトリガーですね。

さらに、自分のドラゴンが場に存在していれば両方を選択する事が可能です。

 

除去効果とタップする効果のどちらかを選択する事ができるというのは強力ですね。ドラゴンがいれば両方選択できるという事からできればドラゴンがいる状態で使いたいところですが、S・トリガー目当てで使う場合はどちらか1つだけでも十分な事も多いかと。

自然文明入りであれば、コスト8という重さもそこまで気になる事は無いでしょう。

 

そもそもの話ですが、自然と光の組み合わせで「相手のクリーチャーをすべてタップする」という能力を持ったS・トリガーは存在していませんでした。

光と水には既に何種類も存在しており、光と火には《ボルメテウス・ホワイト・フレア》が、光と闇には《支配のオラクルジュエル》が存在していたのにも関わらず今まで出ていなかったというのは中々に衝撃です。光と自然には《調和と繁栄の罠》がある以上スルーされていたのでしょうか。

その《調和と繁栄の罠》とは、無色デッキ相手、及び多色デッキ相手にでもしっかりと攻撃を受けとめる事ができるという点、そして場合によっては除去効果を放つ事ができるという点で差別化できますね。タップキルに使うことができる点も利点の一つです。

 

そういった背景を考えるとやはり、例えドラゴンが1体も入っていないデッキだったとしても採用する利点はありそうですね。

ただ、光自然と共に闇も入っている場合には、除去とタップを同時に使う事ができる《支配のオラクルジュエル》の方が使いやすいかもしれません。

 

どちらも使う事を考える場合、オススメのドラゴンはやはり《龍聖霊ウィズダムフェウス》でしょう。

 


龍聖霊ウィズダムフェウス

光文明 エンジェル・コマンド/アポロニア・ドラゴン

コスト7 パワー7500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を見る。その中から呪文を1枚、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、名前に《スパーク》とある呪文を1枚、自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。


 

スパーク呪文なのでこの呪文をタダで唱える事ができる上に、ウィズダムフェウス自身が「アポロニア・ドラゴン」なので、両方の効果を一度に発動できます。《アルカディア・スパーク》のように扱う事ができますね。

 

トラップサポートにも対応しています。ただ、現状目立ったシナジーは無いので、今後のサポートの増加に注目したいところでしょうか。

 

 

まとめ

光の自然の多色カードにてようやく出てきたかと思えるスパーク効果を持った呪文です。

除去効果と選択できるという点がうれしく、さらにドラゴンがいればどちらも発動できると、色さえ合えば中々幅広い活躍ができそうです。

今後の多色S・トリガーの選択に影響を与えてくれそうです。

 

 

以上。欲しい。ポフルでした。