ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《第六戦街 ラヴ・ガトラー/漆黒の裏六戦街》考察―新能力「ラスト・バースト」に衝撃を受けた【デュエル・マスターズ】

最近のyoutube界、タイトルに「○○がヤバ過ぎた」というタイトルばかりでして、なんかうんざりするポフルです。いやその、そろそろワンパターンすぎるわけで、もう少し別の言葉使っても良いんじゃないの?って思ったりします。

今回のタイトルを「新能力「ラスト・バースト」がヤバ過ぎた」にしようと思ってふと浮かんだ事なので、ある意味同じ穴のムジナってやつでしょうか。

 

そんな「ラスト・バースト」という新能力。アニメにて新しく存在が確認された《第六戦街 ラヴ・ガトラー》が持っていますね。早速考察したいと思います。

 

 

 

カード情報

 


第六戦街 ラヴ・ガトラー

水文明 ムートピア/サイバー・コマンド

コスト6 パワー7000

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■呪文の効果によって相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選ばれない。

■ラスト・バースト(このクリーチャーが破壊された時、このカードの呪文側をコストを支払わずに唱えてもよい)


漆黒の裏六戦街

水文明 コスト9 呪文

■相手のクリーチャーをすべて持ち主の手札に戻す。


 

 

 

考察

いつもはクリーチャー面と呪文面をそれぞれ考察してから全体の考察に入るのですが、この子に関してはまずクリーチャー面の「ラスト・バースト」について考えなければなりません。

 

新能力「ラスト・バースト」について

おそらくツインパクトカードのクリーチャー面が持つようになるキーワード能力ですね。その能力は「このクリーチャーが破壊された時に、呪文面をコストを支払わずに唱える」というものです。

 

破壊時という事から基本的に受け身の能力ではありますが、今回のように呪文面がコストの高い強力な呪文であった際にはかなり強力な効果になりますね。

受け身の能力ではありますが、自分のカード効果や自爆特攻で破壊したとしても有効な能力なので、能動的な発動を積極的に狙っていきたいところでもありますね。

例えば今回のカードについては水文明なので、同じ文明のカードの中では《ヒラメキ・プログラム》や《Dの機関 オール・フォー・ワン》《フォース・アゲイン》での発動が……後者についてはどういう扱いになるのかわかんないですね。

発売次第事務局に確認する事になるでしょうか。

 

今回のカードについてもそうですが、最近のツインパクトカードの傾向を見ていると「クリーチャー面と呪文面がシナジーしており、同名カード2枚の組み合わせで手軽なコンボが可能」というものが多いです。そういったカードが「ラスト・バースト」を持っていると考えると……と、ちょっと想像してしまいますよね。

個人的にはそういうわかりやすすぎる強さのカードを乱発するのは、デュエマをやらされている感があって嫌な気分なんですけれど。

 

なんか私のやけに反響があったツイートも載せときますね。

 

……と、ちょっと本音を漏らしてしまいましたが、強力無比な効果である事には変わりないですね。

 

とはいえ、欠点もしっかり存在していて、特に「《ジャミング・チャフ》等の手軽な呪文メタに対策されやすい」という点や、デッキ全体の話をするならば前々から増えてきている《潜水兎ウミラビット》等の相手の呪文を利用するカードに弱くなりがちという点が挙げられるでしょうか。

ツインパクトの弱点に関しても確認しておきたいですかね。

 

www.dmasters-pohu.com

 

ひとまず「ラスト・バースト」の現時点での評価としては、

「単体で見た時には受動的なものの、強力な事は間違いない能力。能動的に使ってみたい」

 という感じですかね。

 

そういった点を踏まえた上で、今回のカードを考察していきましょう。

 

クリーチャー面

最近増えてきたサイバー・コマンド持ちのムートピアですね。

ブロッカー能力に呪文へのアンタッチャブル。そして目玉であるラスト・バーストを持っていますね。

ブロッカーとラスト・バーストがしっかりシナジーしており、相手がビートダウン系統であれば比較的容易にラスト・バーストを決める事ができるようになっています。

 

さらに、呪文限定のアンタッチャブルを持っている事によって破壊以外の除去にもある程度対応する事ができています。

 

単体性能としてはビートダウンに多少強いのかどうか位なので、やはりラスト・バーストをうまく使えるかにかかっています。

 

呪文面

コスト9で相手のクリーチャーをすべて手札に戻すという、マナ武装達成時の《英雄奥義スパイラル・ハリケーン》を思い出させる性能をしていますね。

青単の場合はあちらの方が使いやすい筈なので、こちらはクリーチャー面のラスト・バーストで唱える事を考えたいところですね。

 

ツインパクトとして

全体的なスペックを見てみると、「コスト6で呪文限定のアンタッチャブル持ちブロッカー、破壊された時に全バウンスを放ち、9コストで全バウンスを能動的に発動可能」と言ったものでしょうか。

 

この性能は大型クリーチャーでのビートダウンが主体のデッキ相手の場合に心強いですね。相手が高いパワーを持つクリーチャーで殴りかかってきた時にこの子でブロックしてバトルに負ける事によって、相手のクリーチャーを一気に減らす事が可能になります。

ただ、相手がパワーの低いクリーチャーで殴れば良いだけの話ではあるので、やはり能動的な発動も視野に入れておきたいところでしょうか。

 

能動的な発動を視野に入れる場合、闇文明の力を借りて《堕魔 ドゥポイズ》や《ルドルフ・カルナック》での発動はもちろん、《蝕王の晩餐》によって墓地からコスト7のクリーチャーを出しつつ相手のテンポを大幅に崩しに行ってみる、《卍月の流星群》で破壊してハンデス能力持ちのマフィ・ギャングを出したり《キラードン》を上記スーサイドクリーチャーで破壊してバウンスしたクリーチャーもろとも手札をズタボロしたり……など、様々なコンボが考えられます。

 

できる限り水文明のみで考える場合は《Dの機関オール・フォー・ワン》で《ニコル・ボーラス》を出してバウンス→ハンデスを流れるように行う……と言った流れも考えられます。

 


ニコル・ボーラス

水/闇/火文明 エルダー・ドラゴン/プレインズ・ウォーカー

コスト8 パワー7000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身の手札から7枚選び、捨てる。

■このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選び、破壊する。


 

強力な性能である事には間違いないのですが、《英雄奥義スパイラル・ハリケーン》との差別化は考えるべきでしょう。水単でマナブーストを行う事ができるデッキの場合は4コストで自分も含む単体バウンスと全バウンスを同時に行う事ができる上に《Dの博才サイバーダイス・ベガス》にも対応……といたせりつくせりです。

《第六戦街 ラヴ・ガトラー/漆黒の裏六戦街》を使う場合は《Dの機関オール・フォー・ワン》を使った時のコンボのように、バウンス+ハンデス+何かのメリットのようなコンボを生み出すなり、他の文明とのコンボを積極的に考えてみたりと言った使い方が必要となりそうですね。

 

まとめ

新能力「ラスト・バースト」は中々衝撃的な能力です。この能力を持つカードの情報解禁が待たれますね。

 

このカード自身に関しても、対ビートダウン性能は中々の物です。ぜひともラスト・バーストを能動的に発動できるようなコンボを考えてあげたいですね。

 

 

以上。マンネリ嫌い。ポフルでした。