ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《メガブースト・チュリス/「ぶっ飛び特攻ッス!」》考察―ジョッキー専用……にはとどまらない【デュエル・マスターズ】

最近本当にビートジョッキー触っていない。ポフルです。

 

今回はコロコロオンラインにて公開された《メガブースト・チュリス/「ぶっ飛び特攻ッス!」》を考察します。

 

 

 

カード情報

 


メガブースト・チュリス

火文明 ビートジョッキー

コスト6 パワー6000

W・ブレイカー

自分の火のクリーチャー全てに「スピードアタッカー」を与える。

このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を見る。それがコスト5以下のビートジョッキーならバトルゾーンに出しても良い。


「ぶっ飛び特攻ッス!」

火文明 コスト2呪文

自分の手札を1枚選び、残りを捨てる。このターンの終わりに、このターン中に攻撃したクリーチャー1体につき1枚、カードを引く。


 

考察

 新規ツインパクトのビートジョッキーですね。

 

クリーチャーとして

自分の火のクリーチャー全てにスピードアタッカーを与えるという"罰怒"ブランドのような能力を持ち、さらに攻撃時にコスト5以下のビートジョッキーをデッキトップからバトルゾーンに出す能力を持っていますね。

 

火文明のクリーチャーにスピードアタッカーを与える能力は、"罰怒"やドギラゴン剣を見ればわかる通り強力なものです。

これを2ターン目《一番隊チュチュリス》、3ターン目《ダチッコ・チュリス》をする事が出来れば3ターン目に出す事ができるわけです。

 

これだけでは"罰怒"の方が…….となってしまいますが、注目すべきは後半の踏み倒し効果ですね。前半のスピードアタッカー化は自身も恩恵を受ける事が出来るので、この子の踏み倒し効果も即座に発動する事ができます。

"罰怒"は手札にダチッコや火文明の小型クリーチャーがいなければそのポテンシャルを発揮し辛いという欠点がありましたが、メガブーストはマナさえあれば手札1枚からでも展開できる点が嬉しいですね。

 


"罰怒"ブランド 

火文明 ビートジョッキー

コスト7 パワー9000

■マスターB・A・D(このクリーチャーのコストを2少なくし、さらにこのターンに召喚した自分の他の火のクリーチャー1体につき追加で2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、このクリーチャーのコストは0以下にならない)

■W・ブレイカー

■自分の火のクリーチャー全てに「スピードアタッカー」を与える。


 

コスト5以下のビートジョッキーと範囲はやや狭いですが、幸いな事にビートジョッキーには優秀な速攻要員が揃っており、スピードアタッカー化と合わせて相手のシールドを一気に割る事が出来そうです。

踏み倒したいクリーチャーに関しては以下の通りですね。

 

  • 2回攻撃が可能な《ラッシュ"ATK"ワイルド》
  • シールド回収によって手札消費を回復する上にW・ブレイカーを持つ《ラウド"NYZ"ノイジー》
  • 条件次第でデメリット一切無しのW・ブレイカーの《"GoGo"ブランド》
  • 踏み倒す分にはデメリット無しのW・ブレイカー《"BC" ヒット》
  • G・G・GでWブレイカーを持つ《轟車"G-突"》
  • アンブロッカブルの《ど真ん中太郎》
  • パワーの低い相手には実質アンブロッカブル《ドープ"DBL"ボーダー》

 

ドロー補助のできるボンゴなどのクリーチャーも含めるならばもっとたくさんのクリーチャーが候補に入ります。多いですね。

 

 G・G・Gを使うデッキの場合、速攻に失敗した中盤以降に手札が枯渇しやすいので、この子を《"罰怒"ブランド》よりも優先して入れる理由も出てくるでしょう。呪文面の事も踏まえれば、G・G・Gを使うデッキで使う事を想定して作られたのかもしれません。

 

呪文として

《ミラクル・サーチャー》を思い出させるような呪文ですね。

 


ミラクル・サーチャー

水文明 コスト3 呪文

■このターン、自分のクリーチャーがシールドをブレイクする度に、カードを2枚引いてもよい。


 

単純にドロー能力が欲しいのであれば、《トツゲキ戦車バクゲットー》等を採用した方が良さそうではあります。

特筆すべきは手札を1枚残してすべて捨てる点、そして手札補充にタイムラグがある点でしょう。

G・G・Gの条件を無理やり達成しながら、次のターンの為の準備ができますね。

 

《"轟轟轟"ブランド》との相性は言わずもがな。3ターン目以降にこのカードを使う事でいつでもタダで召喚ができるようになります。さらにドロー能力のおかげで盤面をひっくり返された時のリカバリーも可能です。

 

 


"轟轟轟"ブランド

火文明 ビートジョッキー

コスト7 パワー9000

■マスターG・G・G(ゴゴゴ・ガンガン・ギャラクシー):自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火文明のカードがあれば、カードを1枚引いてもよい。その後、自分の手札を好きな数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

最近増えている赤黒墓地ソースでのリソース回復要員及び墓地肥やし要員としても扱えそうですね。コスト3で自身の手札を一気に落とし、手札に残った轟轟轟やクロスファイアあたりを出して殴り、殴った分だけドローして次のターンに備える……と、墓地ソースの理想的な動きが実現できるのではないでしょうか。

捨て身の覚悟でどんどん殴っていく事を推奨される墓地ソースの特性とも噛み合ったドローソースですね。

 

ツインパクトとして

両方ともビートダウンの特性に合った性能をしています。

 

クリーチャー面の事を考えると基本的にはビートジョッキーのデッキに採用されそうではありますが、使うだけで墓地にクリーチャーを溜める事ができるというツインパクトの特性を活かして墓地ソースに入れる事も視野に入りますね。

 

呪文面がビートダウンデッキにとって優秀な事もあり、《トツゲキ戦車バクゲットー》あたりの火文明ドローソースと枠を争う事になりそうです。

 

まとめ

基本的にはビートジョッキーの専用サポートですが、呪文面がビートダウンにとってうれしい能力なので、今後火文明が絡むデッキで採用を検討されそうなカードとして使われる事になるでしょうか。

 

 

以上。轟轟轟が手に入らない。ポフルでした。