ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》考察【デュエルマスターズ】

そういえば、そろそろ店舗予選ですね。ポフルです。

ちゃんと2ブロック用のデッキは考えてありますが、本当にこれで出るのかどうかはまた考えたいところです。

 

さて、今回の考察は《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》ですね。

 

 

 

 


ゴリガン砕車 ゴルドーザ

火文明 ビートジョッキー

コスト4 パワー4000

■スピードアタッカー

■このクリーチャーは、各ターンはじめて攻撃する時、アンタップする。

■ラスト・バースト(このクリーチャーが破壊された時、このカードの呪文側をコストを支払わずに唱えてもよい)


ダイナマウス・スクラッパー

火文明 コスト5 呪文

■相手のクリーチャーを、パワーの合計が6000以下になるように好きな数選び、破壊する。


 

考察

 昨日に引き続き、新規ツインパクトビートジョッキーです。

クリーチャーとして

4コストのスピードアタッカーで2回攻撃が可能ですね。

 

4コストのスピードアタッカーとしては他にも様々なクリーチャーが存在しています。その中でもスピードアタッカーかつ2回攻撃というのは中々に強力ですし、ラスト・バーストのおかげである程度の殴り返し耐性を持っている点は魅力です。

 

ただし単体性能だけで見るならば、パワーの低いブロッカーに対してのアンブロッカブル、スパーク呪文との組み合わせでクリーチャーを殲滅しながらシールドを破っていく《ドープ"DBL"ボーダー》や、2回攻撃を自身だけでなく他のクリーチャーにも付与できる《ラッシュ"ATK"ワイルド》、2回攻撃こそ無いものの、実質コスト4で2体のクリーチャーを能動的に除去できる《"乱振"舞神 G・W・D》等、同コストの比較対象はそこそこ存在しているので、その辺りとの差別化は意識しておくべきでしょうか。

 

……一番の差別化要員は《龍装者 バルチュリス》ですかね。

 

 


龍装者 バルチュリス

火文明 ドラゴンギルド/ビートジョッキー

コスト5 パワー4000

■自分のクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーが自分の手札にあり、その攻撃がこのターン2度目のクリーチャーによる攻撃で、このターン、自分の《龍装者 バルチュリス》をバトルゾーンに出していなければ、攻撃の後、このクリーチャーをバトルゾーンに出してもよい。

■スピードアタッカー


 

 

www.dmasters-pohu.com

( ……バルチュリス、ちょっと考察し直す必要が出てきたのかもしれないと思い始めているのはここだけの話)

呪文として

《破壊者シュトルム》の割り振り火力をそのまま搭載した呪文ですね。

コストは低いものの、S・トリガーを持っていません。

 

とはいえ、相手が軽量クリーチャーを並べるデッキであれば5コストで撃てる点はうれしい所です。

ただし、《奇石ミクセル》等のパワー2000のメタクリーチャーを意識して搭載する場合は《ゼンメツー・スクラッパー》の存在が出てくるので、それらに加えて《ポクチンちん》等のパワー2001以上のクリーチャーを除去したい時や、クリーチャー面のラスト・バーストをうまく使えるようなデッキでの採用を考えるべきですね。

 

ツインパクトとして

4コストで2回攻撃を持つスピードアタッカーというだけで、3~4ターン目に勝負を決めたい速攻デッキ的には及第点でしょう。

 

さらに、破壊されれば呪文面の割り振り火力が飛んでくるので、序盤から小型クリーチャーを並べたいデッキにとっては中々厄介な存在になってきそうです。ただし、クリーチャー面で書いた通り、他のコスト4クリーチャーよりも優先して入れれるかどうかは考えたいところです。

 

《バンバン戦車バンチュー》《"真友"チュリス》及び《"末法"チュリス》のような、ターンの終わりに破壊されるデメリットを持つ踏み倒しカードとも合わせて使いたいところですね。

 

 

 


バンバン戦車 バンチュー

火文明 ビートジョッキー

コスト5 パワー2000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札からコストの合計が5以下になるようにクリーチャーを2体まで選び、バトルゾーンに出す。そのターンの終わりに、それらを破壊する。



"真友"チュリス

火文明 ビートジョッキー

コスト6 パワー4000

■B・A・D3

■自分のビートジョッキーを召喚するコストを最大2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

■自分の他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与えてもよい。そうしたら、そのターンの終わりにそのクリーチャーを破壊する。



"末法"チュリス

火文明 ビートジョッキー

コスト6 パワー3000

■B・A・D 1 (このクリーチャーを、コストを1少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。その中からビートジョッキーを1体バトルゾーンに出してもよい。残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。このターンの終わりに、そのビートジョッキーを破壊する。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

www.dmasters-pohu.com

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

まとめ

正直な所、他のコスト4の火文明クリーチャーと比べた時には微妙な性能です。

バルチュリスとの相性、他のカードとの組み合わせ、ラストバーストの活かし方によってこの先どう評価されてく事になるのか、注目してみたいカードではありますね。

 

 

以上。不安がいっぱい。ポフルでした。