ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》考察【デュエル・マスターズ】

 新パックも気になるところですが、新スタートデッキの存在も気になる。ポフルです。……まだ公式からネット上での情報って出て無いですよね……?

 

今回はコロコロオンラインにて解禁されました《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》を考察していきましょう。

 

 

 

 

カード考察

 


龍罠 エスカルデン

自然文明 ドラゴンギルド/グランセクト

コスト5 パワー5000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を表向きにする。その中からクリーチャーを1体、自分の手札に加えてもよい。残りをマナゾーンに置く。


マクスカルゴ・トラップ

自然文明 コスト7 呪文

■相手のクリーチャーを1体選び、マナゾーンに置く。

■コスト6以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。


 

考察

 昨日に引き続き、グランセクトのツインパクトカードですね。

 

クリーチャー面

ドラゴンギルドですね……アニメを見る限り、自然文明はドラゴンに対して思うところがあるらしいのですが。ドラゴンの化石の力を借りるだけなら良いという事でしょうか?それとも単に他の文明がドラゴンを手に入れる事によって侵略してくる事を恐れているのでしょうか?それともガイアハザード意外にも派閥があるのか、単に一般市民が身に付けただけか。

 

謎は深まるばかりですね。

 

肝心の能力ですが、小型《剛撃古龍 テラネスク》といったところですかね。捲るカードの数は1枚減り、手札に加えるクリーチャーも1枚までになりましたが、その分コストが1減っています。マナを増やす量は減ったものの、《メンデルスゾーン》や《ストンピング・ウィード》から繋がるコスト帯というのはうれしい所でしょう。メンデルスゾーンの能力を阻害しないドラゴンである点も良いですね。バルガ的思考ですが。

 

5コストから8コストに繋げる事ができるという点を考えた場合、《トップ・オブ・ロマネスク》が比較対象に挙がってくるでしょうか。デッキ内の色構成を3色にしなくても良くなったという点はうれしい所ですね。逆に色構成を光/火/自然の3色にしたい場合は《トップ・オブ・ロマネスク》が優先されそうです。

 

また細かい点ですが、マナゾーンに置くカードはタップインしない点もうれしい点ですね。最近のマナブーストカードとしては珍しい点でもあります。この子でマナブーストを行った後に、残ったマナ+ブーストしたマナで別のカードをプレイできれば無駄がないですね。

 

マナが溜まった終盤では、単純にクリーチャーのサーチとしても使えそうですね。むしろロマネスクと比べた時の差別点はここになるでしょう。ツインパクトカードである点もロマネスクとの差別化になりますが。

終盤に切り札を引き込み、上記のように余ったマナとブーストしたマナで切り札を流れるように召喚する事を狙える点はうれしい所ですね。

 

マナカーブと主体とするカード次第では《剛撃古龍テラネスク》よりも優先して良い可能性もありますね。コスト8以上のカードを扱う場合や、2→4→6のマナカーブを意識する場合は断然テラネスクではありますが、コスト7あたりのカードを使う場合や、3→5→7or8のマナカーブを意識する場合はこの子が優先できそうです。

 

呪文として

相手のクリーチャーを除去しながら、自身のマナゾーンからコスト6以下のクリーチャーをバトルゾーンに出す効果を持っていますね。

 

トラップ呪文……という点から《超機動罠 デンジャデオン》との併用が想定できるでしょう。

 


超機動罠 デンジャデオン

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■自分のターンのはじめに、このカードを自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

■罠金乱舞:クリーチャーが攻撃する時、それがこのターン最初の攻撃なら自分の手札から《トラップ》と名前にある呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。


地獄極楽 トラップ黙示録

自然文明 コスト8 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャー1体、または相手のシールドを1つ選び、持ち主のマナゾーンに置く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

相手のクリーチャーを除去しつつ、マナからクリーチャーを踏み倒す……と、攻撃にも防御にも使える優秀なトラップ呪文です。しいて言うならS・トリガーが付いていない点が他のトラップ呪文と比べた時の欠点ではありますが、そこまで求めるのは贅沢というものでしょう。

 

《ナ・チュラルゴ・デンジャー》とはなかなか面白い関係性にありますね。

 


ナ・チュラルゴ・デンジャー

自然文明 グランセクト/ジャイアント

コスト7 パワー12000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《トラップ》とある呪文を唱えた時、自然のコスト6以下のクリーチャーを1体、自分の手札またはマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。

■T・ブレイカー


ナチュラル・トラップ

自然文明 コスト6 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを1体、持ち主のマナゾーンに置く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

クリーチャーを破壊しながら自身が場に残り、さらに自然のコスト6以下をバトルゾーンに出す事ができると、アドバンテージ面のみで言えばチュラルゴの方が上です。しかし、パワー12000以上のクリーチャーを除去できるという点ではマクスカルゴの方が上ですね。

このように比較対象として挙げられる事にはなるのですが、《マクスカルゴ・トラップ》がトラップ呪文という点からむしろ併用した方が面白い事になるのではないかとも考えられますね。

 

さりげなく、踏み倒し先のクリーチャーにコスト意外の指定が無い点にも注目したいですね。

コスト6以下であれば、《愛の無限オーケストラ》のような進化クリーチャーだろうと進化元さえ存在していればバトルゾーンに出せますし、《Mの悪魔龍 リンネビーナス》を出してマナ武装を達成していれば、墓地に送ったこの呪文のクリーチャー面をバトルゾーンに出す事も可能です。あ、これツインパクトとして考えるところで書けばよかったか

 

ツインパクトとして

クリーチャー面は序盤~中盤あたりのサーチ兼マナブースト要員。後半には手札補充要員としての活躍が見える汎用性の高い能力持ち。呪文面も、除去と展開を同時に行う強力な効果持ち……と、全体的に見てハイスペックですね。

さりげなく、5マナ溜まった時点でクリーチャー面を出し、能力で2枚目以降のこのカードを捲った場合、それを手札に加えて残りをマナに置けば次のターンに呪文面の発動ができる……というシナジーも存在していますね。

 

クリーチャー面、呪文面ともに《超機動罠 デンジャデオン》との相性が良いです。

呪文面は言わずもがな。クリーチャー面も、5コストでこの子を召喚し、能力でデンジャデオン+《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》のようなトラップ呪文持ちツインパクトカードを捲った場合に、トラップ呪文を手札に入れつつデンジャデオンをマナに置き、デンジャデオンは次の自分のターンに回収してしまえば、デンジャデオンとデンジャデオンの「罠金乱舞」用トラップ呪文を手札に確保できます。そのターン中にマナにカードを置けば6マナになるのでデンジャデオンを出し、場に存在している《龍罠 エスカルデン》で攻撃する事で「罠金乱舞」を発動……と言った綺麗な動きを実現してくれますね。

収録パックは違うものの、おそらくデザイナーズコンボなのではないでしょうか。

 

まとめ

クリーチャー面と呪文面ともに強力かつシナジーを持つカードではあるので、様々な使い方を考えてみたいところですね。

トラップ呪文である事を活かすのはもちろんの事、ドラゴンである事だったり、単純に3コストブーストから繋がるマナブーストだったり、ブーストする時にタップインする事が無かったり、踏み倒すクリーチャーの制限が少なかったり……というように、小細工できそうな要素はたくさん揃っているので、工夫して使いこなして、まわりの人を驚かせたくなるカードですね。

 

 

以上。……あ、ゼニス頂神殿のレビュー。ちょっと遅れそうです。ポフルでした。