ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《Vチャロン》考察―ユニークな能力から繰り出される即死コンボの威力は?【デュエル・マスターズ】

 今日は店舗予選当日です。ポフルです。

……不安MAX。

 

そんな今回ですが、《Vチャロン》を考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


Vチャロン

無色 ジョーカーズ

コスト7 パワー8000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、プレイヤーを1人選ぶ。そのプレイヤーは自身の手札をすべて、好きな順序で山札の一番下に置き、その後、その枚数と同じ数、カードを引く。その後、そのプレイヤーは自身のシールドゾーンにあるカードをすべて好きな順序で山札の一番下に置き、その枚数と同じ数のカードを、山札の上から裏向きのまま、それぞれ新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。


 

考察

自身が場に出た時にプレイヤーを1人選び、選ばれたプレイヤーのシールドと手札をすべて入れ替えさせる能力を持っています。この変則的な能力に関するコンボが色々話題になっていたりしますが、ひとまずは基本的な事を見ていきましょう。

 

手札を戻す能力に関しては、本当に何の変哲もない手札交換です。《ネクスト・チャージャー》の手札交換能力を、自分か相手に使用させる能力という事ですね。

 

元々持っていた手札は山札の一番下に置かれるので、少なくとも手札交換適用前に持っていたカードそのものが帰ってくる事は無いですね。そのため、現状の手札に打開策が無い場合の緊急用、もしくは相手がサーチカードによって手札に加えたキーカードをデッキに返してあげるのが基本の使い方でしょうか。

 

自分の手札が複数枚あるのであれば、《絶海の虎将 ティガウォック》のコスト軽減、及び《天災超邪 クロスファイア2nd》のG・ゼロ条件の達成、《龍波動空母 エビデゴラス》の龍解条件の達成といったテクニカルなコンボも考えたいですね。

 

シールド交換についても色々と書くべきでしょうね。

 

新しいシールドを置く数は、事前にシールドゾーンから山札の下に置いたカードの数なので、裁きの紋章等の表側で付いているシールドゾーンのカードも1枚として扱う事になります。

つまり、シールドの数が5つだとして、そのうちのひとつに紋章が1枚張り付いていた場合、新しく追加するシールドは6つという事になりますね。これをうまく利用して《光霊姫アレフティナ》でのエクストラウィンを狙おうとする方も一部出てくるかもしれませんね。

 

また、手札の時と同じように元々のシールドは山札の一番下に置かれるので、最初に置いてあったシールドカードと同じカードがシールドゾーンに置かれる事はありません。相手がシールドゾーンに何かを仕込んでいた場合は、それを妨害する手段としても扱う事ができるという事になりますね。

当然、何らかの方法で事前にシールドの中身を把握してあれば、逆に自分のS・トリガーをシールドに仕込む為に使う事も可能です。

 

このカードは本来、《煌龍 サッヴァーク》関連の能力で増えた表向きのカードを一旦裏向きにする事による対策、すなわちメタカードとしてデザインされたものなのでしょう。

 


煌龍 サッヴァーク

光文明 マスター・ドラゴン/メタリカ

コスト7 パワー11000

■ドラゴン・W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする。各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目を、裏向きのまま新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置くか、表向きにして自分のシールド1つの上に置く)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のカードを1枚選び、表向きにして持ち主のシールド1つの上に置く。

■自分のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにいずれかのシールドゾーンにある表向きのカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

実際サッヴァークを中心としたデッキでは、様々なカードの効果を起動する為の条件やコストとなる表向きのシールドカードをいきなり消し飛ばされると、立て直しがやや厳しくなります。

それだけでなく、シールドが大量に増えるのでビートダウンで押し切られる可能性は少なくなるものの、山札の数が変わらない点とドラゴン・W・ブレイカーの特性が裏目に出てライブラリアウトによる自滅の可能性が高まる事になります。

態勢の立て直しの為にぜひとも出したい《サッヴァークDG》のドロー能力が強制である点もまた、ライブラリアウトの可能性を高める要因になってしまいますね。

 

《断罪スル雷面ノ裁キ》や《煌龍 サッヴァーク》によるシールドへの除去能力を逆手にとって自身のシールドを増やす事ができる点も、サッヴァークメタとしてデザインされた事の根拠として挙げる事ができますね。

 

とはいえコスト7という重さを解消する方法は欲しい所です。6以下であれば様々なジョーカーズサポートを受ける事ができたのですが。しかしコスト7であれば、コスト軽減やマナブースト手段が豊富なジョーカーズに取っては現実的な数値でしょう。

ジョーカーズカードに拘らないのであれば、《戦慄のプレリュード》、《法と契約の秤》が一番現実的ですかね。変わったところでは《策士のイザナイ ゾロスター》も挙げられます。

 

と、基本的な事は考察し終えたので、今度は話題のコンボについて考察していきましょう。

 

Twitterで話題の即死コンボ

Twitterで話題の即死コンボというのは、

「《デュエマの鬼!キクチ師範代》と《アクア・パトロール》を使った通称「キクチパトロール」が殿堂環境で使用可能に。」

というものですね。

特に前者に関してはかなり話題に挙がっていますね。「売り上げが芳しくないから過去の即死コンボを使わせて売り上げ伸ばそうとしてる」みたいな意見というか想像も出てきています。仮にそういう方向性なのであればさっさとボルバルザーク作れば良いと思うんですが。

 

キクチVチャロンの即死コンボ。

 


デュエマの鬼!キクチ師範代

闇文明 ヒューマノイド

コスト3 パワー3000

■いずれかのプレイヤーの山札から、手札以外のゾーンにカードが置かれる時、かわりにそのプレイヤーはそのカードを山札に戻してシャッフルする。


 

わかりやすく赤文字にしましたがつまりは

  1. キクチ師範代をバトルゾーンに出す。
  2. 何らかの方法でVチャロンを早めに出す。
  3. 相手プレイヤーを選択する事により、相手のシールドがデッキボトムに戻るものの、シールドを置く事ができないので、ノーリスクでシールドを0にできる。

 

という事ですね。

 

このコンボですが、キクチ師範代と同じスペックを持つ《禁断のカルマ カレイコ》が存在している事から、キクチ師範代は8枚積む事も容易と言えますね。この事から、1つ目の手順であるキクチ師範代をバトルゾーンに出す事は容易に達成できます。

となれば、後はキクチ師範代を出してからVチャロンを出すまでのタイムラグをどこまで短縮できるかですね。

 

自分の山札からの踏み倒しも制限されてしまうので、基本的には墓地、手札、マナからの踏み倒しが主になるでしょう。

一番現実的なものとしては、2ターン目に2マナブーストでマナを増やし、3ターン目に師範代、4ターン目に《戦慄のプレリュード》ですかね。ただしこれ、手札がぎりぎり過ぎてミスドローが許されないという欠点も存在しています。

墓地肥やしからの《法と契約の秤》も、もう一工夫無ければ《アクア・パトロール》のように4ターン目にシールドを丸裸にする事は難しそうという感じです。

 

そもそも「キクチパトロール」の凶悪性というのは、「キクチから下準備無しに《アクア・パトロール》に繋げるだけで即死」という点にあります。

マナブーストすら必要としない程に安定した即死コンボこそがこのコンボの魅力であり、それなりの下準備を必要とする《Vチャロン》がそこまで凶悪かと言われると、ちょっと疑問ですね。

 

キクチを出した後に1ターンの猶予があるという点も少し困りものでしょうか。

ガンバトラージョーカーズが消えて以降数を減らすかと思われていたものの、ドギラゴン剣がウィニー主体のデッキへと移行しつつある点や、魔道具を展開する卍デ・スザーク卍の台頭によって未だ衰えない《"乱振"舞神 G・W・D》の存在や、今現在は《ポクチンちん》の登場で数を減らしたものの、万が一「キクチVチャロン」が環境トップを取った場合にわかりやすい対抗手段として真っ先に出てくるでしょう《洗脳センノー》、もしくは《獣軍隊ヤドック》あたりが採用されるようになれば自然と数を減らしそうです。

さらに言えば、「サザンルネッサンス」をメタリカ型から今までの軽量ブロッカーを使うタイプのサザンルネッサンスに戻せば、ある程度対応できそうすし、そもそもS・トリガーが少なくなりがちな「キクチパトロール」に、更にVチャロンの降臨を手伝うカードを入れなければならない為、速攻系のデッキにずいぶん弱くなってしまいがちです。

 

対策カードを入れなければ辛いとはいえ、キクチVチャロンは良くて一発屋で終わるんじゃないかなぁ……なんて思ってしましまいます。

 

とはいえ、強力になりつつある現代のS・トリガーの対抗策としてはかなり魅力的な即死コンボではありますね。特に最近私の地元で流行りのブライゼシュート系統は「速攻に弱い筈のコンボデッキが、その性質上むしろ強くなっている」という状態なので、S・トリガーを封じるコンボというのはうれしい限りです。

もう少し踏み込むなら、こうしたタイムラグや弱点をなんとかする方法さえ考えることができれば、その凶悪さで多くのデッキを葬ることもできそうです。

 

また、そもそも《アクア・パトロール》がプレミアム殿堂に登ったきっかけとなった《海王龍聖ラスト・アヴァタール》が好きという方にとっては、Vチャロンとの組み合わせによる明確な採用理由ができた事に喜んでいいのかもしれません。キクチVチャロンよりも遥かに遅くはなりそうですが。

 

 

他にも、Q.Q.QX.で仕込んだ横向きのカードを相手に引かせるコンボも考察されています。

《Vチャロン》自体が他のカードにない変わった能力のなので、こうしたコンボが考えられるのも必然ではありますね。これらコンボをどこまで実用レベルに持っていく事ができるのか、デッキビルダーの腕の見せ所と言ったところですね。

 

まとめ

ユニークな能力をもっているので、様々なコンボを考えてみたくなるカードですね。

 

今までの常識に縛られる事無く、色んなカードと組み合わせてみたいです。

 

 

以上。……明日の更新はちょっと未定です。ポフルでした。

Twitterの方で報告しますね。