ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《エイトビートルズ/R.C.4.》考察―【デュエル・マスターズ】

……最近また誤字が多くなってきているポフルです。

いやもう本当に、毎回指摘してくださる方々には頭が上がりません。

 

 今回は《エイトビートルズ/R.C.4.》を考察していきましょう。

 コロコロチャンネルにて公開されました。


【デュエ速】無の世界へご招待!終葬5.S.Dが炸裂!!新マスターQ.Q.QX.で、最速デュエル!!【ファイブセンスダウン】

 

 

 

カード情報

 


エイトビートルズ

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚、自分の墓地からマナゾーンに置く。

■ラスト・バースト


R.C.4.

自然文明 コスト4 呪文

■自然のコスト4以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。


 

考察

2018/08/27追記……一部、呪文面のコストを4としていました。修正済みです。

 

クリーチャー面

出た時に、自分の墓地から2枚のマナブーストができるクリーチャーですね。

さらに「ラスト・バースト」を持っています。

 

ラスト・バーストと自身のスペックに特別なシナジーは無いです。ラストバーストを能動的に使いたい場合には何かしら工夫が必要でしょうか。マナブーストがある分《堕魔ドゥポイズ》あたりの低コストスーサイドカードとの組み合わせやすい事は魅力ですね。呪文面を即座に使う利点がある場合には考えたいところですね。

 

 

特別なシナジーが無いとはいえ、呪文面の効果を考えれば単純に「殴る返しにある程度の耐性を持つクリーチャー」として考えてもいいかもしれませんね。

 

全体的には淡泊な性能です。ラスト・バーストをどう使うか、そして呪文面がどれだけ有用かで採用するかが決まりそうです。

 

呪文面

マナゾーンからコスト4以下のクリーチャーをバトルゾーンに出す能力です。

 

4コスト使ってまでコスト4以下のクリーチャーを出したいかは微妙な所ですね。《マツぽっくん》のような召喚不可能なクリーチャーを出したり、この呪文を踏み倒す事によるコンボを狙いたいです。踏み倒し手段が豊富な5というコスト、そしてラスト・バースト持ちのクリーチャー面のおかげで踏み倒し手段自体は豊富ですね。

 


マツぽっくん

自然文明 グランセクト

コスト4 パワー13000

■このクリーチャーは召喚できない。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

■相手がクリーチャーを選ぶ時、自分のコスト2以下のクリーチャーは選べない。(ただし、そのクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

ツインパクトとして

コンボ等を考えない場合、基本的には破壊時にコスト4のクリーチャーを出す事によって、フィールドのカード消費を減らすというものになりますね。

その時に、上記の《マツぽっくん》を出してみたり、序盤のマナブーストに使った《ルツパーフェ・パンツァー》を出してみたりと言ったプレイングが考えられますね。また、マナにコスト3のクリーチャーとサンマッドが存在していた場合、相手はうかつにエイトビートルズを除去できなくなるでしょう。

例によって例のごとく破壊以外の除去には無力ですが。

 

これ以上除去が飛んでこないと予想した場合には《最強虫 ナゾまる》を出し、次のターンに他の強力なクリーチャーを出す事も考えられますね。エイトビートルズのマナブーストとはしっかりシナジーしてますね。

 


最強虫 ナゾまる

自然文明 グランセクト

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

■ミノまじかる:自分のターンのはじめに、このクリーチャーをタップしてマナゾーンに置いてもよい。そうしたら、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ、進化でないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンから選び、バトルゾーンに出す。


 

www.dmasters-pohu.com

 

もしくは、単純に2ブーストクリーチャーとして使う事も考えられますかね。他の同コストマナブーストカードにはブースト量の面で劣ってしまいますが、墓地のカードを再利用できるのはうれしいデッキもあるかもしれませんね。

 

他のコスト踏み倒し能力によって唱える事も考えたいところです。前回の考察でも書きましたが、コスト4には踏み倒し方法がある程度存在しています。……禁術の復元でも復元できますね。

個人的にですが、《記憶の紡ぎ 重音》で唱えて《夜のコッツナ》を出し、場のキズナ能力を起動するような使い方もしてみたいです。

 

デザインとしては、「このクリーチャー倒したら《Q.Q.QX.》出して貴様の首を狩ってやるぞ」というものですかね。直接的なシナジーは感じませんが、首狩り族が報復に来るとわかっていて考えなしに倒すわけがない……と考えればシナジーしてるんですかね。

 


Q.Q.QX.

自然文明 グランセクト

コスト4 パワー4000

■5.S.D:このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドのカードを手札に加えるかわりに、自身の山札の上から4枚目の位置に、横向きに刺す。

■相手は自身の山札の横向きのカードを手札に加えた時、ゲームに負ける。

■相手は自身の山札を見たり、順番を入れ替えたりできない。

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、相手は自身の山札をシャッフルする。


終葬 5.S.D

自然文明 コスト8 呪文

■相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそれを自身の山札の上から4枚目の位置に、横向きに刺す。

■このカードをバトルゾーンに出す。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

まとめ

全体的に見ると、どうしても地味な印象があります。

呪文面をうまく使えるようにする事は必須と見て良いでしょう。出す自然のクリーチャーを考えておきたいところですね。

 

 

以上。誤字見つけるの苦手。ポフルでした。