ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《次元の嵐 スコーラー》考察―何度目の正直かわからないムートピア強化【デュエル・マスターズ】

 

去年の権利戦よりも今年の権利戦の方が好きなデュエマをしてる感。ポフルです。

それは当時の種族デッキをすべて否定していたジョッキー使った私が悪いんですけれど。

 

……多分、デッキの紹介というよりは権利戦の記録のような読み物になります。

 

ひとまず今回は、《次元の嵐 スコーラー》を考察していきましょう。

アニメにて登場しましたね。

 

 

 

カード情報

 


次元の嵐 スコーラー

水文明 ムートピア/スペシャルズ

コスト11 パワー11000

■G・ゼロ:このターン中に自分の呪文を5枚以上連続で唱えていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、それがこのゲーム中にバトルゾーンに出した最初の《次元の嵐 スコーラー》なら、このターンの後で自分のターンをもう一度行う。


 

考察

《超宮殿 コーラリアン》あたりのG・ゼロ持ちと同じような条件のG・ゼロを持ち、さらに召喚によって自身をバトルゾーンに出した際にはエクストラターンを得る事ができますね。

G・ゼロは召喚扱いなので、しっかりエクストラターンを得る事ができます。11マナのクリーチャーがなんの前触れもなく出てきて、なんの前触れもなくエクストラターンを得て殴りかかってくる……と、その姿はまさにスコールと言うべきでしょうか。

 

おそらくこのカードを見て考える事は皆同じでしょう。《超宮兵 マノミ》を中心とした《I am》デッキの強化です。スペシャルズがスペシャルズを強化するところはなんだか良いですね。

 


超宮兵 マノミ

水文明 ムートピア

コスト5 パワー4000

■G・ゼロ:このターン、自分が呪文を3枚以上唱えていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。


 

 


I am

水文明 ムートピア/スペシャルズ

コスト9 パワー15000+

NEOクリーチャー

■バトルゾーンに自分のムートピアが5体以上あれば、このクリーチャーのコストを支払わずに召喚してもよい。そうしたら、自分の進化でないクリーチャーをすべて手札に戻す。

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■T・ブレイカー

■これがNEO進化クリーチャーなら、パワーを+10000し、「ワールド・ブレイカー」を与える。(「ワールド・ブレイカー」を持つクリーチャーはシールドを全てブレイクする)


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

《I am》デッキの唯一の弱点として、相手のスーパー・S・トリガーにかなり弱いというものがありました。スコーラーは直接トリガーを封じるわけでは無いものの、トリガーによって足止めされた場合でも次のターンにもう一度トドメを刺すチャンスを得る事ができますね。

この子の存在を考えると、《I am》を複数並べてワンショットを狙うよりも《I am》1体を出してシールドを一度丸裸にしつつ、エクストラターンで本格的に直接攻撃を狙う……という戦い方も出来そうですね。

相手が除去系のトリガーしかない場合はエクストラターンで止めを刺すプランが、シールド追加や革命0トリガーの存在がある場合は《I am》複数体でとどめを狙うプランが考えられますね。

 

これによって《I am》デッキが強化されるというのは個人的に嬉しいです。やりすぎな気もしますけれど。

 

エクストラターンを得る事ができるのは基本的にゲーム中1度のみです。《Dの機関 オール・フォー・ワン》あたりの「自分のクリーチャーが出た時の能力を2度使う」的な能力を使わない限り、何度も使う事はできないでしょうね。

 

 

G・ゼロを無視して単純なファッティとして扱うのも悪くないかもしれないですね。

11コストと重いとはいえ、スペック自体は「エクストラターンに2打点出す事ができる《無双と竜騎の伝説》」と言ったところです。相手の行動を規制する事によって疑似的なエクストラターンのようなものを得ることができる《完全不明》も存在してはいますが、スコーラーは1度のみとはいえ相手の攻撃すら封じてしまいます。

 

スコーラーの効果でエクストラターンを得る事ができるのは1度のみなので、手出しを考える場合は1枚積んでおけばいいでしょうね。G・ゼロを狙うのであれば2~3枚積んでおいてもいいかもしれません。

 

……というか、この記事書いて投稿予約した後に思いついたんですが、

パチンカス☆ネオンクスにこのカード突っ込んだら、パチンコのフィーバーチャンスの確率減る代わりに連コインできるんじゃ……。あとは、呪文をループさせるタイプのデッキで、盾落ち等のせいでエクストラウィンに失敗した時の保険としての採用とか……。

 

まとめ

エクストラターンの獲得装置です。呪文を何度も使う事ができるデッキであれば考慮に入れておきたいですかね。

 

今は主に《I am》デッキでの採用が主になるでしょう。ですが、この先呪文主体ムートピアのデッキが開発される度に、《超宮兵 マノミ》と共にこのカードが候補に挙がってくるのではないでしょうか。

 

 

以上。権利戦、また今週土日。ポフルでした。