ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《おテントさん》考察―好戦的なテントだ……【デュエル・マスターズ】

光文明のジョーカーズが生まれる事は容易に想像できるのですが、水と闇が想像できない。ポフルです。

……あ、でも意外と闇はゲジスキーがヘマしたりして。

 

……さて、今回は自然文明の新規ジョーカーズ《おテントさん》を考察していきましょう。

 アニメにて登場しました。

 

 

 

カード情報

 


おテントさん

自然文明 ジョーカーズ

コスト5 パワー5000

■Jチェンジ6(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト6以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる


 

考察

ついにアニメでも登場しました自然文明ジョーカーズ。そのうちの1体ですね。自然文明ジョーカズ専用のキーワード能力「Jチェンジ」を所有しています。

 

さらに、出た時に相手のクリーチャー1体と強制バトルを行います。

 

パワー5000の強制バトル。正直中々地味な能力です。後述のJチェンジ6に注目したいところですね。

 

Jチェンジ能力によって、コスト6のクリーチャーにチェンジする事ができます。コスト6のジョーカーズは中々粒揃いと言ったところです。コスト6以下のジョーカーズに関しては、《ビックラボックス》《ムシムシのんのん/灰になるほどヒート》を参考にしてもらいたいです。

 

基本的にはこの子を使って相手のブロッカー等の厄介なクリーチャーを破壊し、次のターンに生き残っていればJチェンジで《超特Qダンガンオー》あたりと入れ替える……という使い方になるのでしょうか。それを警戒して相手が除去札を使ってくれればそれはそれで儲けものですね。

この子を普通に出した場合、次のターンに使えるマナは6になっている筈なので、この子の「Jチェンジ」の有用性というのはやや微妙な所ですが、単にコスト6のクリーチャーを召喚するよりも、《ガヨウ神》等のクリーチャーを出してドローしてからコスト6にチェンジする……といった使い方もできますので、使い方次第と言えそうですね。

ダンガンオーを使う場合には、他のジョーカーズを並べる事を明確なメリットにする事ができるので、相性が良さそうです。強制バトルによって予め軽量ブロッカーを除去できる事も嬉しいですね。

 

Jチェンジについて気づいた事。

あくまで個人的な予想ですが、「Jチェンジ」で出せるクリーチャーというのは、「Jチェンジ」を持つクリーチャーのコストが偶数であれば+2、奇数であれば+1までの範囲のクリーチャーしか出せないように調整されている気がします。

(コスト3の《シューズッキュン》であれば+1の4コストまで、コスト2の《タイクタイソンズ》もコスト4までのジョーカーズにしかチェンジできません。コロコロコミック内にて紹介されているJチェンジ持ちクリーチャーも、コスト6で「Jチェンジ8」です)

 

すなわち、「革命チェンジ」では可能だった成長ギミックを行う場合、最短ルートは2→4→6→8という事になりますね。

だから何だという話ではありますが、今後の考察の参考になればと。……《超奇天烈 マスターG》を使う際には役に立ちますかね!!!!

 

 

まとめ

 やや微妙な見た目ではあります。ただ、ダンガンオーと合わせた速攻系のデッキを組む事はできそうな予感がしますね。

 

以上、淡泊なカードは考察し辛い。ポフルでした。