ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《幻墨社氏 メンダ》考察―【デュエル・マスターズ】

 そういえば、ももちゃんが水文明マスター説なんて事を言っていた時期もあったなぁ……ポフルです。

いや、今月のコロコロコミックを読んだらもうね?

 

今回はムートピアの新規クリーチャー《幻墨社氏 メンダ》を考察していきましょう。

アニメにて登場しました。

 

 

 

カード情報

 


幻墨社氏 メンダ

水文明 ムートピア

コスト4 パワー3000

■ブロッカー

■このクリーチャーは攻撃できない。

■自分の呪文を唱えるコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

■各ターン、自分が初めて呪文を唱えた時、カードを1枚引いてもよい。


 

考察

小型化して墓地から呪文を唱えられず、ドロー能力も1ターン制限が付いたメルカジークと言ったところでしょうか。

 

呪文のコストを軽減しながら、唱えた時に1回とはいえドローできる……と、二つの能力はしっかりシナジーしています。ただし、呪文と唱えた時にドローするのは1回のみです。何度もドローしたい場合には《歩く賄賂 コバンザ》あたりと併用するのが良いでしょう。

 

永続的に呪文のコストを軽減するムートピアの中では一番軽く、扱いやすいです。1コスト下には《氷河フランツⅠ世》が、2コスト以下には《ラブ・エルフィン》が存在していますが、種族や文明の違いで容易に差別化できますね。ムートピアなので《龍装艦 スペルエビート》《一番隊ザエッサ》の恩恵を受ける事ができる点は無視できない点でしょう。

ザエッサとこの子でムートピアと呪文のコストを下げ、小型呪文とスペルエビートとムートピアでアドバンテージを大量に稼いでいく……というデッキも組んでみたいところですかね。……スペルエビートの時も同じこと言ってたきがする。

 

ブロッカーという点は賛否両論。速攻対策で優れるものの、ブロッカー除去に弱いです。攻撃できないので単純な打点として活用できない事も問題でしょうか。

 

やはり欠点としては、自身単体でアドバンテージを稼ぐ事ができない点ですね。

軽量除去が蔓延する現状、出すタイミングを考えるなり、《シンクロ・スパイラル》で相手の足止めを狙いながらドローするなり……と言った工夫も必要になってくるでしょう。

 

呪文を唱えた時のドローは相手のターンでも使う事ができます。

特に新パックでは「ラスト・バースト」という新キーワード能力も登場しているので、今までよりも相手ターンでのドローを狙いやすくなっていますね。

 

まとめ

呪文の軽減、さらに呪文発動時のドローと、呪文主体のデッキでは有効活用したい能力を揃えたシステムクリーチャーです。

システムクリーチャーの維持が困難な現環境での活躍は難しいですが、それでも能力を有効活用できれば多くのアドバンテージを稼いでくれる筈です。

 

 

以上。……最近豊崎さんの事書いてない。ポフルでした。